【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:目からウロコのインターネット活用術

 

HOME » コラム(メルマガ) » 目からウロコのインターネット活用術 » 人は人で動く

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

人は人で動く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

イーナチュラルの事業内容を知ってか知らずか、イーナチュラルへも様々な企
業から「ITで企業や経営を変革させましょう」などと電話・郵便・ファックス
・メールといった様々な手段でセールスがあります。それは皆様方のお勤め先
であっても同様でしょう。SFAで営業力アップ、CRMで顧客と良好な関係を保ち、
グループウェアで社内の情報共有をはかり、ERPですべての情報を一元管理、な
どなど例を挙げればキリがありません。

ですが、それを利用するのは今目の前にいる人間達、システムを導入する前と
全く同じメンバーです。システムを入れた「だけ」では何の変化も訪れず、時
間とお金の浪費にしかなりません。システムをきっかけに人自体が変革をする
か、やりたかったことでも人だけでは成し得なかったためにシステムを導入す
る、などといった人が主役になったものでなければうまくいかないというのが
現実でしょう。要するに、システムの中身の問題ではなく、システム導入理由
の中身が肝心です。

「SFAシステムで管理されているから」「行動記録が社内で情報共有されている
から」という後ろ向きな理由で行く商談と、「あの人のために何かをしたい」
「顧客のためにこれをしてあげたい」という気持ちに後押しされた商談では、
まるで中身も違うでしょうし、おのずと結果も変わってくるはずです。人は人
で動くものでしょうから、情報技術云々よりも組織や人の体質や気持ち、動き
を変えることの方が先決です。それをうまくやるために情報技術の力を借りれ
ばいいのです。

インターネット、Webサイト、××システム、そのどれもが企業が利用するツー
ルでしかありません。ツールですから利用する人によってその効果が左右され
るのは当然です。システムのスペックを比較検討する前に、目の前にいる人た
ちをじっくりと観察、普段のコミュニケーションや人の行動に視点をおいた業
務プロセスなどを見直す必要があるのかもしれません。

2001年12月12日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。