【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:コレが気になる!

 

HOME » コラム(メルマガ) » コレが気になる! » MovableTypeで企業サイトを構築する場合の4つの弱点と解決手段

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

MovableTypeで企業サイトを構築する場合の4つの弱点と解決手段

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

今回の記事はブログツール(MovableType)のカスタマイズテクニックに関する
ものです。不要な方は読み飛ばしてください。

最近の弊社への新規引き合いはほとんどがブログがらみになってきています。
そのうち半分以上がいわゆるブログの体裁ではなく、企業サイトのCMS(更新ツー
ル)としてブログを利用することを希望してきます。もともとブログは時系列
情報を整理して表示する機能は優れていますが、カテゴリーにしたがって階層
的なつくりをした場合ににはいくつかの問題点があります。

また、既存のサイトからのリプレースの場合はさらに難しい点も出てきます。
ブログツールMovableType(以下MT)を使って企業サイトを構築した際、大き
く分けて4つの課題があげられました。

1.既存ページからのリプレースに伴うページ名の変更
2.カテゴリーページ内に掲載できるコンテンツの限界
3.問い合わせフォームなどエントリーページとは別のスクリプトで作った際
のメニュー表示などブログとの連携
4.エントリーページでのメニュー表示(兄弟ページのリンク表示)

まずは1番目のファイル名に関しての問題です。検索エンジン対策などを考え
ると今までそれなりに効果を発揮してきているページのファイルを他のURLにし
てしまうのは非常にもったいないことです。これに対応するため、カテゴリタ
イトルの欄にフォルダ名、エントリーのキーワード欄にファイル名を入れて、
ファイル名の書き出しルールを変更して対応しました。ただしこの方法は、エ
ントリーを追加する際、必ずキーワードを入力しなくてはならないという運用
負荷も発生します。

2番目のカテゴリーページに個別コンテンツを追加する課題ですが、通常は
「カテゴリーの説明」の欄に個別HTMLを入れるのですが、今回は1番目の課題
を解決するための「カテゴリーのタイトル」にフォルダ名、「カテゴリーの説
明」にカテゴリーのタイトルを使っています。そのため、すでにカテゴリー関
連のフィールドはすべて使ってしまいました。そこで「テンプレート・モジュー
ル」の機能を使ってカテゴリーのタイトルと同じ名前のモジュールを作ります。
その中にカテゴリ毎に個別のHTMLを記述します。呼び出しはカテゴリのテンプ
レートから行います。これでカテゴリーページに個別のコンテンツが入れられ
る様になりました。ただしこの方法はカテゴリを追加した際に、必ず同様の名
前の「テンプレート・モジュール」を作る必要があります。(なお、PHPから呼
び出す形式に変更すると上記作業は不要になります)

3番目と4番目に関してはMTの標準機能では実現は非常に難しいです。エント
リーを追加した際に、すべての関連するページをリビルドするという作業を行
えば可能にはなるのですが、現実的ではありません。そこでこの部分に関して
はPHPを利用します。どちらの課題もメニューを表示する為の仕組みが必要であ
るため、カテゴリー別メニューのHTMLを書き出すアーカイブテンプレートを作
ります。(MTの機能です)その後、ウェブログの設定-> アーカイブ画面で先ほ
ど作ったテンプレートとカテゴリー別アーカイブを結びつけたメニュー用アー
カイブを作ります。ファイル名は「cat_menu_<$MTArchiveCategory dirify="1"
$>.htm」の様にしてカテゴリータイトル毎のメニューHTMLが書き出される様に
します。あとはエントリーアーカイブや問い合わせページからPHPスクリプトで
<?php require "cat_menu_<MTEntryCategories><$MTCategoryLabel$>
</MTEntryCategories>.htm"; ?>と書けばエントリーを追加すると自動的に各
ページのメニューが追加されます。ただし、この方法はhtmという拡張子でもPH
Pが実行できるか、または拡張子をすべて.phpにする必要がありますので、注意
が必要です。

今のところ少し強引なやり方ですが、これで企業サイトの構築もブログで可能と
なりました。メニュー部をPHPにすることで、かなり自由にカスタマイズするこ
とも可能となりました(カテゴリーの表示順を制御したり、ブログメニューの間
に通常ページのリンクを追加するなど)。

高価なCMSを導入する経済的体力はないが、ページの更新は頻繁に行いたい、そ
んなニーズが増えてきている昨今、MTの弱点を補って簡易CMSとして企業サイト
を構築するのも一つの手かもしれません。ご検討の際は上記4つの課題を考慮
しましょう。

2005年07月27日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。