【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:コレが気になる!

 

HOME » コラム(メルマガ) » コレが気になる! » 同じ検索結果1位でも2~3倍のアクセス

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

同じ検索結果1位でも2~3倍のアクセス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

Yahooにおいて検索結果で1位で表示されるのと、Overtureのキーワード広告
を使って広告スペースで1位に表示されるのではどちらがクリックされるでしょ
うか?先日あるお客さんが「会社で製品を検討するときは検索エンジンで上位
表示されているものよりも、広告の方をクリックする。だって一生懸命売りた
い人から買った方が気持ちいいから」と言っていました。なるほどと思って、
そういう人も含めて、Yahooの1位と広告の1位ではどれぐらいアクセスが違
うか、確かめてみました。検索エンジン対策を行って1位になっているキーワー
ドでかつキーワード広告も掲載しているサイトのアクセスを解析してみました。

その結果、なんと広告の方が2~3倍もクリックされているのです。特定キー
ワードにおいて、広告掲載しつつ、1位を維持してきているページのアクセス
を6ヶ月調査した結果です。同じ条件のサイトがそれほどないので、信頼性が
どれほどあるかはわからないのですが、複数のサイトで同様の数値が導かれま
した。

当然キーワードや掲載している言葉によって差があるとは思うのですが、2倍
以上の開きはないだろうと勝手に想像していたのでショックを受けました。検
索エンジン対策は時間もコストもかかるサイトプロモーションです。一方キー
ワード広告は完全従量課金ながら、即座に効果が出るサイトプロモーションで
す。よく、SEOを補う為にキーワード広告も使うということで、検索エンジン
対策で上位に表示されたキーワードには広告は出さない場合がありますが、そ
の考えは改めなければならないかもしれません。

検索エンジン対策するほどの言葉であるなら、クリック単価が高くても積極的
に広告を出すべきかもしれないのです。ただし、そのキーワードによるアクセ
スからどれほど売り上げに貢献しているかを把握する必要があります。もし、
現在キーワード広告を行っているなら、他のキーワードとコンバージョン率や
コンバージョン単価を比較して、ほかのキーワードよりも良ければ、たとえそ
のキーワードで検索結果が1位であったとしても、広告を出す意味があるかも
しれません。

サイトへの集客はサイト運営の要。一度見直してみるといいかもしれません。

2005年02月23日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。