【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:コレが気になる!

 

HOME » コラム(メルマガ) » コレが気になる! » 楽天の顧客数が10,000を超える

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

楽天の顧客数が10,000を超える

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

日本におけるインターネット業界の勝ち組代表の一つである楽天。常に新たな
サービスを展開し、顧客を増やし続けている。企画力・財力・運用力にはいつ
も関心させられるのだが、この楽天の顧客数が10,000社を越えた。この数字の
うち、楽天でイメージするショッピングサイトのモールは約61%。続いて楽天
トラベルが約27%、最後に楽天ビジネスが約12%と続いている。

楽天は月次サービス提供会社である為、この10,000社から毎月サービス料金が
振り込まれ、売り上げとして経常される。通常、モノを販売するサイトは、一
度購入した人や会社に再度購入してもらう為、メルマガを発行したり、キャン
ペーンの告知をメールで行ったり、購入した時期に合わせ、そのモノが消費し
終わるころにメールを直接送ったりして、どうにかリピーターになってもらう
アクションを起こすことが多い。しかし、月次サービス提供の場合は機能に対
し料金を支払うので、新たなアクションを起こす必要性が少なく、毎月サービ
ス料金を支払う。

巡業員250人強で取引先数が10,000社ということは一人あたり平均40社を担当
していることとなる。担当を持たない社員もいるので、その数はさらに増加す
る。月次サービス提供会社であるからこそ可能な数であろう。

ただし、インターネットで提供されるサービスは競争が激しく、機能を上げて、
価格を下げなければならない。楽天の場合は、機能の使いこなし方や助言など
をして使いこなしを促進し、満足度を高めるとともに希望機能や質問などを受
け付けた。このような姿勢を続けて、他社が追随できないような機能を提供し
ていき10,000社という数を可能にしたのだろう。

月にいくら売り上げたかも重要だが、一ヶ月の顧客は何社(何人)か把握し、
自社の限界値と可能性を把握しなければと思わせる数字である。

楽天市場 http://www.rakuten.co.jp/

2002年12月11日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。