【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法 » Webマーケティングには、PDCAよりCAPDサイクル?

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

Webマーケティングには、PDCAよりCAPDサイクル?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

                                               文/齋藤 伸也

よく聞くマネジメント手法でPDCAサイクルってありますよね?

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)
というあれです。このサイクルを継続的にぐるぐるまわして、
業務活動を改善していこうとするものです。

このPDCAサイクルでWebのリニューアルに取り組もうとすると、
最初のPlanの段階であれもこれもと要望が出てきます。

SEO、リスティング広告、CMS、Facebook、Twitter、動画などなど、
あれもした方がいい、これもした方がいいとなり、
結果的になかなか焦点が絞り切れない、
という話をよく伺います。

そのまま突っ走ってしまうと・・・
華麗かつ壮大なPlanができるも、
予算や人手の関係でほどほどのDoとなってしまい、
Checkをしてもそこそこの結果にとどまり、
改善のActionをおこす前に次のPlanへ。。。

・・・以下、繰り返し。といったような、
悪循環のPDCAサイクルです。



そこで最近のイーナチュラルでは、始まりをPlanとせずに
Check(評価)から始めるケースが増えて来ました。

Check(評価)→Action(改善)→Plan(計画)→Do(実行)と、
PDCAとは始まりが変わって、CAPDサイクルとなります。

1、効果検証やサイト調査などで現在の状態をCheck(評価)
2、特定ページのLPO・SEOやリスティング広告でAction(改善)
3、成功した結果を元にして全体のPlan(計画)
4、本格的な改善活動としてサイトリニューアルをDo(実行)

といったような感じです。

サイトリニューアルなどの「大きな投資」をする前に
プチ改善などの「小さな投資」で成功をつかみ、
その成功体験をもとに計画と実行をします。

いきなりサイトリニューアルをするよりは時間がかかりますが、
失敗確率を下げ成功確率を上げるやり方になっています。



効果検証や改善活動がしやすいWebマーケティングでは、
このCAPDサイクルの順で行う方が、
安全かつ投資効率が良くなるようです。

よしこれだ!と思われた方は、
次回のサイトリニューアルなどで、お試し下さい。

2013年06月12日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。