【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法 » 金無し、時間無し、コンテンツ無し。でも・・・

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

金無し、時間無し、コンテンツ無し。でも・・・

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

                                               文/齋藤 伸也

昨今の経済状況もあり、コラムタイトルのように予算はつかないけ
ど、早急に何かしらの対策をしなければならない。急に好転するよ
うな材料やホームページ内のコンテンツがあるかというと、かなり
怪しい。そんな状況だけど、獲得顧客数などの目標数字は減るどこ
ろか増える一方だ。そんな身動きのとりにくい会社もあるでしょう。

「年度内の広告予算が一律大幅にカットされた」
「定期的に活用していた新聞広告を打ち切った」
「長年広告出稿をしていた雑誌が休刊になった」
etc...といった声が、周囲でも聞こえるようになってきました。

では実際に「金無し、時間無し、コンテンツ無し。」の状態で成果
は出るのでしょうか・・・?  さすがに厳しいですよね。何も無い
のに成果が出るのなら、どこの会社も儲かって儲かってという状態
になるでしょう。こんな状態で成果が出るとすれば「超幸運」ぐら
いしか思いつきません。そんな奇跡を期待するよりも、やはりコツ
コツと何かを続けていくよりほかありません。

幸いにWebマーケティングは、リアルのマーケティングと比較すると
少ない予算から始められて、かつ短期に結果を出すことができその
効果検証もしやすい。それでいて、築きあげたコンテンツは将来的
にも改善を重ねて活用できるものとなりますから、言うことありま
せん。

では、何をすべきなのでしょうか。会社のおかれている状況や優先
順位にもよりますが、「金無し、時間無し、コンテンツ無し。」の
無い無いづくしからは、少しだけ譲歩していただく必要があります。


【Case 1】「金は適度、時間無し、コンテンツ少々。」の場合
 ┃
 ▼検索キーワード広告
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
時間が無い、もしくは自社商品の需要期が決まったタイミングであ
る、というような会社にオススメするのは検索キーワード広告です。
検索キーワードに応じて検索結果の上部や右側に広告を出稿すると
いうもので、リスティング広告や、1クリックあたりいくら(Pay Per
Click)の略でPPC広告とも言います。

広告をユーザーがクリックすればするほどお金はかかりますが、出
した分だけ即座に集客ができる、という大きなメリットがあります。
検索上位にいるキーワードならわざわざ広告出稿しなくても良いの
では?という質問をいただくこともありますが、いくら検索結果1位
に表示されていても他社の広告がたくさん表示されていれば機会損
失につながるため、投資対効果を見極めながら儲かるキーワードに
儲かる広告を出稿するというのが得策です。


【Case 2】「金は少々、時間は適度、コンテンツ少々。」の場合
 ┃
 ▼SEO(検索エンジン最適化)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今あるコンテンツを最大限に活かしつつ、サイトのSEOが施すのが良
いでしょう。もちろん、首尾良く検索結果上位になってユーザーが
来てくれたとしても、すぐに立ち去られては元も子もありません。
来訪者に適切にプレゼンテーションすることを忘れずに行いましょ
う。

SEOは広告と違い、うまく行けば持続的に効果を発揮できるため、サ
イトの基礎体力をつける意味でも非常に重要です。ある一定の集客
力を持ったサイトであれば、その後の戦略も立てやすくなるため、
将来の地盤固めのためにもまずは手をつけておきたいところです。


【Case 3】「金無し、時間はたくさん、コンテンツ無し。」の場合。
 ┃
 ▼コンテンツ拡充
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本当にお金が無いときはこれしかありません。外部の企業に依頼す
ればどうしてもコストがかかってしまうため、自社の人件費を勘案
しつつ社内でコンテンツの蓄積に努めるが良いでしょう。

コンテンツは意外と身近なところにあるものです。営業の現場、生
産の現場、目の前の顧客の声、業務にたずさわる人々、会社の歴史。
そのどれもが、重要かつ将来も有効なコンテンツとなりえることは
言うまでもありません。

 

代表的な例を3つほどあげましたが、このどれもが「投資」です。
あとで破綻する投資では困ってしまいますので、投資対効果を見極
めながら着実にホームページに力を注いでいきましょう。おそらく、
ホームページにかけるお金を「費用」だと思っているうちは、用を
費やしたらそれで終わりでしょう。

いかに効果の出る「投資」をするのか? それが肝要です。

2009年02月11日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。