【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法 » ホームページで「伝える」時の力の配分

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

ホームページで「伝える」時の力の配分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

何かを伝えたい時は、力の配分に気をつけないと、何も伝わらなくなってしま
います。ユーザーとして「A」という内容を求めていたとして、たまたま見つ
けた次の6つのようなホームページがあった場合、どれが「A」の内容を表して
いるページだと思いますか?

(1) (2) (3) (4) (5) (6)
┌───┐ ┌───┐ ┌───┐ ┌───┐ ┌───┐ ┌───┐
│AAA│ │ADA│ │ │ │ABC│ │AAA│ │BCD│
│AAA│ │BCB│ │ A │ │あいう│ │AAA│ │AAA│
│AAA│ │CBC│ │ │ │123│ │BCD│ │AAA│
│AAA│ │DAD│ │ │ │イロハ│ │EFG│ │AAA│
└───┘ └───┘ └───┘ └───┘ └───┘ └───┘

人によって多少の違いはあるかもしれませんが、おそらく
最もよく伝わるのは、(1) (3)
次に、(5) (6)
最後に、(2) (4)
という序列でないでしょうか?

ところが、実際にホームページを作ろうとすると、(2)や(4)のあれもこれも
というケースが多く見られます。「あれも伝えたい、これも伝えたい」と情報
の量や種類を増やすことによって、どんどん焦点がずれていきユーザーにとっ
てはさっぱりわかりにくいものとなってしまうのです。

このサイトは何のサイトなのか? このページは何のページなのか? 何気なく
サイトに訪れたユーザーが思ってくれる印象と、自社の伝えたい印象が合致し
ていなければ、サイトの成功が遠のいてしまいます。何かを「伝える」ために
は、「あれもこれも」ではなく「強弱、メリハリ」など力の配分に注意してみ
ましょう。すっきりシンプルに行くと意外にわかりやすくなるものです。

2004年01月28日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。