【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:イーナチュラルな人々

 

HOME » コラム(メルマガ) » イーナチュラルな人々 » 「たまに」のことは忘れてしまう

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

「たまに」のことは忘れてしまう

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

                                               文/齋藤 伸也

習慣になっている行動や言動を忘れることはありませんが、
たまにしかしないことってよく忘れませんか?

・食器の片付け場所
・掃除機のフィルターがしまってある場所
・年に一度の浄水器フィルターの購入方法

などなど。自分だけでしょうか・・・
もう忘れない、って思っても、やっぱり忘れしまいます。

最近ではEvernoteなどにメモを残しておくことで、
記憶を呼び出したりできます。
が、いかんせん食器の片付け場所は、
写真で保存しておいたところで見るのも面倒なので、
毎度どれをどこにしまうべきか困っています。

話は飛びますが、大学進学で北海道から上京してきた時も、
「食器をうるかす」「ゴミを投げる」といった
よく使う言葉は早めに矯正できました。

でも、たまにしか使わない言葉はなかなか方言が抜けません。

その筆頭が「手袋をはく」です。
漢字で書くと「手袋を履く」ですかね。

冬にしか使わないこの言葉、
東京の冬は自分ではあまり寒く感じないので、
そもそも手袋をはくシチュエーションがありません。

家族ができてからでしょうか、
「手袋はいた?」「手袋はかせて」などと言う度に
方言矯正のチャンスが何度もありました。

「手袋をはく」、最近ようやく抜けてきたかもしれませんが、
「たまに」のことは、要注意です。

2016年03月09日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。