【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:イーナチュラルな人々

 

HOME » コラム(メルマガ) » イーナチュラルな人々 » 不自由をください。

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

不自由をください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

                                               文/田中 秀史

はじめに言ってしまいますが、今回のコラムは内容が無いです。

といいますか、コラムをなかなか書き進めることが出来ない男の、
ほぼ愚痴です。寛容な心をお持ちで、少しばかりの時間は無駄にし
てもかまわないという方だけ、読んでください。

それ以外の方は、これにてさようならです。また来週。

さて、このメルマガには3つのコーナーがありますが、僕はこの
「イーナチュラルな人々」のコーナーが一番苦手です。なぜかとい
うと、基本的に何を書いてもいいからです。

いわゆるフリーコラムなので、公序良俗に反する内容でなければ、
何を書いても自由です。イーナチュラルという会社の雰囲気がコラ
ムを通して読者の方に伝われば、それでオッケーです。

この「自由」ってのが僕にはくせ者で、何を書いてもいいと言われ
ると、逆に何を書いたらいいか分からなくなってしまうのです。

一時期プライベートでブログをやっていたこともありましたが、世
間様に特に訴えかけたいことが自分には無いことに気がついたら、
何も書けなくなりました(笑) 自分のブログなんて、それこそ究
極の自由空間なので、たぶんこれからも自分のブログを持てなそう
な気がしてます。

たぶん、僕みたいなタイプの人は、何かの「切り口」をつけてしまっ
た方がよいのだろうと、薄々感じてます。例えば、毎回食べ物につ
いてのコラムにするとか。

ただですね、自己弁護になりますが、「自由だと何書いていいか分
からない」という人は、僕だけじゃないはずだと信じております。
ノートに罫線があったほうが文章が書きやすいように、適度な不自
由があると、物事がうまく運ぶケースはあると思うのです。

ということもあって、弊社のお客様からブログをやりたいという相
談を受けた時は、何かしらの切り口を用意しておいたほうがやりや
すいですよと、アドバイスしています。自由、辛いですよと。

ということで、毎回結構苦労してコラムを書いている雰囲気は、感
じとっていただけましたでしょうか(笑)

2010年06月23日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。