【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:イーナチュラルな人々

 

HOME » コラム(メルマガ) » イーナチュラルな人々 » プロは期待に「応えない」

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

プロは期待に「応えない」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

                                                 文/巽 太陽

暮れも押し迫り、弊社もご多分に漏れず忙しい年末を送らせていた
だいてます。猫の手も借りたいところですが、我が家の5匹の猫は
コタツでぬくぬくが好きなようで、役に立ちません。

そんな事情もあり、先週弊社に一時スタッフが手伝いに来てくれま
した。普段はフリーでWEBデザイナーとして活躍されている方です。

ある日、クライアントのサイトに使う画像を制作する仕事がありま
した。ちなみに私はWEBデザイナーではありませんが、デザインの真
似事ぐらいはします。今回も元素材もそろっているので自分で作る
つもりだったのですが、せっかくなのでその方にお願いしてみまし
た。

しばらくたって、「できましたよ」とその方。見させてもらって驚
きました。こちらで出した要望を満たすだけでなく、プロフェッショ
ナルならではのプラスα。細かい部分の完成度がやはり高いのです。
そして後日、クライアントからもお褒めの言葉をいただいたのでし
た。

ふと考えました。これがプロのあり方なのではないか、と。

読者の皆様は、その業界のプロの方たちだと思います。もちろん我
々もWEBマーケティングのプロとして仕事をしています。世間的には、
ある仕事でクライアントの要望に応え、その対価を得ることで生活
していれば、プロと呼ばれるはずです。

しかし、もしかするともはや「応える」だけでは足りないのではな
いかと思っています。世界的不況の中、企業は業界内で、社員は会
社内で淘汰されていく厳しい時代。それを乗り越えるには、クライ
アントの期待に対して100%以上の結果を出さないと、きっと足り
ないのです。

「応える」から「超える」へ――もちろん簡単なことではありませ
んが、我々のプロ意識も来年に向けてシフトチェンジしていかない
といけないな、と気を引き締めた2008年の師走でした。

2008年12月24日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。