【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2016年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2016年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2016年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  12345|6|78910 Next≫

SEOとは何ですか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

「SEO」って、企業のWeb担当者であれば、
一般的によく知られている言葉になってきましたね。

逆に、「検索エンジン最適化」という言い方は
耳にする機会が減ったかもしれません。

「SEO」とは「Search Engine Optimization」の略で、
日本語にすると「検索エンジン最適化」です。

日本語だと、検索エンジン最適化と文字で書いてあるので、
検索エンジンに最適化するのかな?など何となく連想できますが、
アルファベットのみの「SEO」しか知らないと、
人によってはその意味もマチマチに理解されています。

SEOとは何ですか?という質問をしたら、
こんな答えが返ってきそうです。

「外部のサイトからリンクを張るサービスでしょ」
「検索エンジンにお金を払って上位表示される技術だよね」
「よく営業電話かかってくるやつじゃない?」

・・・色々誤解があるかも・・・

そんなSEOについて、検索エンジンそのもののGoogleさんが
↓こんなページを用意してくれています。

SEO が必要なケース - Search Console ヘルプ
https://support.google.com/webmasters/answer/35291

上記や上記のリンク先にけっこうな重要ポイントが
たくさん書いてありますので、是非ご一読をオススメします。


このSEOという言葉が日本に出まわる2002年よりだいぶ前から、
イーナチュラルではアクセスログとニラメッコしながら、
検索エンジンからの集客をしていました。

後から「これ、SEOって言うんだ」と思っていた頃が懐かしくも、
だいぶ前すぎて、おっさんを通り越して、
おじいちゃんかと思います。

それはさておき、Webマーケティングを進めていく上でも
何かモヤモヤして色々と見失いそうになったら、
言葉の意味や言葉の成り立ちを整理してみると、
意外にスッキリしたりします。

SEO意外にもよくわからない言葉などありましたら、
是非ルーツを辿ってみましょう。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年06月22日

運動会、1週間で足が速くなる方法

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

先日、息子の運動会がありました。

徒競走で5年間下位に甘んじていた息子、
何とか1位になりたいということで、
親子で徒競走の練習をしてみました。

練習期間はわずか1週間、
学校に行く前の朝の20分程を活用してのチャレンジです。

他より速く走れば1位になるわけですが、
速く走るにはどうしたら良いか、素人なりに考えました。

細かくは色々とあるかと思いますが、
速く走る方法は、基本下記の2つのみ。

・より速く脚を動かすこと
・より広く一歩を出すこと

この2つを実践できるようになるため、
Youtubeの為末大学ランニング部にお世話になりながら、
練習を開始しました。

脚の回転速度を上げるために階段ダッシュをしたり、
歩幅を広げるためにバウンディングをしたり、
自分の力以上に速く体を動かすために坂道を下ったり、
などなど。

Youtubeや実演で見本を見せ、それを実践してもらい、
その模様を撮影した動画を見せて見本との違いを実感してもらい、
とやっているうちに、ふにゃふにゃした走法が
みるみる変化していきました。

これらの他、スタートの仕方、ゴールの仕方も含めて、
短期間の徒競走練習は終了。

あっという間に、運動会当日を迎えました。

校庭を4分の3周する100メートルの徒競走、
第4コースに、スタートの構えが本格的になった息子がいました。

ピストルの号砲に合わせ、重心を低く保ちながら加速していきます。
今までに無い良い感じ、いけるか・・・

先行する5・6コースとの差を詰めつつコーナリングしていきます。

最後の直線、ダイナミックなフォームで脚をよく動かし、
5・6コースの選手と一団になってゴールに迫ってきました。

ゴールテープを颯爽と切ったのは・・・

内側の第1コースからスッと現れた、元リレー選抜選手でした。

よく頑張りましたが、残念ながら息子は2位。
ドラマのような勝利は難しかったです。

とはいえ、いつも下位に甘んじていた子供でも、
ツボを押さえて練習をすれば、
わずか1週間という短期間で
足が速くなるもんだなあと再確認しました。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年06月08日

マーケティングオートメーションってなんぞや?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

こんにちは、田中です。録画したままになっているブラタモリが
20時間を超えてしまい、絶望する今日この頃です。

さてブラタモリ未視聴問題はともかくとして、
去年辺りからマーケティングオートメーション(以下、MA)という
言葉を耳にするようになりました。

すでにご存知の方も多いでしょうか?

MAについて、この場で説明をしていると長い話になるので、
ここはウィキペディアさんの力を借りたいと思います。

マーケティングオートメーション - Wikipedia
https://goo.gl/be2kqa

うーん、分かったような分からないような、でしょうか。
ちょっと例をあげますと、例えば次のようなことがMAで出来ます。


↓Webサイトに情報案内メール登録フォームを用意
↓第1弾のメールを配信
↓メールを開封してくれた人には、3日後に第2弾を配信
↓7日経っても開封しない人には、お伺いメールを配信
↓第2弾では、商品Aと商品Bへのリンクを掲載
↓第3弾は、どちらの商品リンクをクリックしたかで配信内容分岐
↓第3弾を開封して、さらにWebサイトへの再訪があった顧客には
 無料サンプルキャンペーンメールを配信
↓開封しない人には、+αの特典案内メールを追加配信


つまり事前に設計されたシナリオを元に、顧客への興味付けを
徐々に行うことで、有望顧客へと育てていく一連のプロセスを、
人の手ではなくソフトウェアに任せることが可能になります。

またシナリオの各プロセスの達成・未達をスコアリングすることで、
有望顧客の選別をすることも出来ます。

メールを開封したら+1点、開封から3日以内にサイトへの訪問が
あったら3点という具合です。一連のシナリオを通して加点・減点
を行って、結果的に高スコアの顧客には、例えば営業マンが電話で
個別フォローといった活動を行います。

実際のところ、MA自体がまだ日本に入ってきて間もないこともあり、
どこも試行錯誤で取り組んでいるのが現状だと思います。

いずれにしても、MAは営業的発想がより求められる手法であり、
多くのWebマスターにとってチャレンジングな課題と言えそうです。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年06月08日

初恋をおぼえていますか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

田中です。数ヶ月前からヤ○ルトを飲み始めているのですが、
実感出来る効果としては、放屁のスメルがマイルドになりました。

さて、タイトルでちょっとドキドキした方、ごめんなさい。
ここでいう「初恋」は、歌手の村下孝蔵さんが作った「初恋」と
いう曲のことです。

村下孝蔵さんのことを知っているのは、昭和40年代以前の世代
ですかね。代表曲は言わずもがなの「初恋」で、多くの人に
カバーされているので、若い世代の人でも曲だけは耳にしたことが
あるという方も多いと思います。

何がきっかけかは忘れてしまったのですが、先日この「初恋」が
無性に聴きたくなって、某動画サイトで検索したところ、
ライブの模様の動画がヒットしたので視聴をしたのです。

びっくりしましたよ、歌とギターがうまくて。

おそらくアップされている動画は著作権的にNGなはずなので、
リンクすることは控えておきますが、多くのライブ動画が
アップされていて、どれも素晴らしいクオリティです。

正直なところ、村下さんの曲は「初恋」しか聴いたことが
なかったので、他にも良い曲をたくさん歌っていたことを
今回初めて知りました。もったいないことをしていた...

個人的には、スタジオ録音されたバージョンよりも、
ライブでの歌と演奏の方が圧倒的に良いと感じています。

村下孝蔵さんは、1999年に亡くなっているのですが、
本当に今更ながら惜しい人を亡くしたと感じずにはいられません。

ということで、ライブ版のCDを2枚ほど購入したのですが、
なんだか不思議な縁といいますが、今年の7月にライブDVDが
新たに発売になるんですよ。なんというグットタイミング。
多分買います。

最近は、昔の歌がなんだか恋しくなることが増えました。
懐メロ世代に片足を突っ込みつつあるようです。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年05月25日

WEBでも大事、人の記憶に残る方法

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

今年、高校の同窓会があるということで、
何度か同窓生と会う機会がありました。

だいたいは昔話や今何してるって話になるのですが、
その登場人物の顔と名前が一致したりしなかったりします。

当時目立っていた人はけっこう覚えていますが、
そう目立ってない人は・・・すいません。
卒業アルバムで再確認が必要です。

人間の記憶ってそんなものなんですね。


スポーツの世界でも、とんがっていると覚えられやすいものです。

・メダリスト
・日本一
・ホームラン王
・甲子園出場
などなど。

逆に何もとんがりが無いと、覚えるきっかけが難しいんですよね。


例えば地形でも、周囲の地面よりとんがっている山は、
どんなに低いとんがりでも、名付けられ、覚えられます。

ところが、地面から同じ高さの場所でも
周囲よりとんがっていなければ、名前すら付けられません。


これを自社の営業活動に応用すると、
何かしらとんがりをみつけて、称号をつけると良さそうです。

例えばこんな感じで

・ただの八百屋
・朝採れ野菜専門の八百屋

同じ八百屋なら、朝採れ野菜が気になります。


・カレーライス 500円

 100時間煮込んだ
・カレーライス 500円

両方食べてみないとわからないとは思いつつ、
やはり100時間煮込んだ方が気になります。


自社、自社商品・スタッフなど、とんがりを見つけてみましょう。
何の変哲もない会社・商品、と思っていても、
視点を変えて見てみたら、意外にとんがりがあるかもしれません。

世界一、日本一、業界一、地域一などがあればわかりやすく、
そうでなくとも、こだわりの■■、★★だけ、
▲▲専門、※※が認めた etc.

とんがりの切り取り方は色々ありますので、
範囲を絞りに絞って、とんがりの称号を!

» このコラムの個別ページを見る | 2016年05月25日

≪Back  12345|6|78910 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。