【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2015年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2015年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2015年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  2345678|9|1011 Next≫

スマホ対応が検索ランキングの要因になります

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

すでに耳にした方も多いかもしれませんが、
4月21日からモバイルフレンドリー、つまりスマホ対応しているか
否かを検索順位のランキング要素として利用すると、Googleが
発表しました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ:
検索結果をもっとモバイル フレンドリーに
http://goo.gl/G8CqUU

具体的には、スマホなどのモバイル端末からの検索に限って、
そのサイトがスマホ対応しているかどうかを、検索結果の
ランキング決定時にプラス要因と評価するというもののようです。

スマホからのアクセス状況はサイトによって異なりますが、
特にB to Cサイトではアクセスの半分以上がスマホというケースも
少なくないと思いますので、無視することは出来ない情報です。

Googleが検索ランキングに関わる情報を、公式に、しかも日付を
明確にして発表するのは珍しいことだと思います。

それだけ、今回の変更が及ぼす影響が広範囲にわたるという
証左でしょうか。

4月21日までもうあまり日がありませんが、スマホユーザーが多い
サイトは出来る限りの対応をしたほうが吉だと思われます。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年03月11日

我が家に届いた必殺ウイルス

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

3月某日

強力な感染力のあるウイルス性胃腸炎となってしまいました。
僕、妻、長男と、4人家族中3人がフラフラです。

週末に妻側一族10人で集まったのですが、
そこで一気に感染させていただいたようです。

頭痛、発熱、悪寒、吐き気、腹痛、下痢、嘔吐が主な症状でしたが、
症状のオンパレードで困ってしまいます。


小4の次男以外がグッタリしてしまったため、
食事や家事も満足にできない状態でした。

そんな家の中では、元気な次男の「ラッスンゴレライ♪」
「ダンソン!フィーザキー♪」などなどリズムネタが鳴り響き、
嬉しいような虚しいようなドヨンとした空気が漂っていました。

幸い、薬と静養で3人共復活しましたが、
リアルなウイルスもコンピュータウイルス防衛策が重要ですね。

防衛策で思いついたものを並べてみます。

------------------------------------------------------------
リアルなウイルスの防衛策 |コンピュータウイルスの防衛策
------------------------------------------------------------
マスク          =ウイルス対策ソフト

手洗い          =ウイルス対策ソフトのアップデート

食べ物のシェアに気をつける=シェアを迂闊にクリックしない

無闇に人ごみにいかない  =無闇に変なサイトにいかない
------------------------------------------------------------

無理やりなこじつけ感はありますが、感染を防ぐという意味では
似たような意識や行動が必要だと、あらためて感じた次第です。

というわけでウイルスに感染してしまった話しでした。

僕の家族以外でも、ウイルス性胃腸炎にかかったいう話しを
よく耳にしますので、皆様もお気をつけ下さい。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年03月11日

コンバージョン1件の『価値』はいくら?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

自社サイトの成果について、質問です。
コンバージョン1件の『価値』はいくらでしょうか?

  1,000円?
 10,000円?
100,000円?

企業によってコンバージョン1件の価値はそれぞれだと思いますが、
それぞれで構いませんので、今後のためにも1件いくらと、
決めておくと何かと便利です。

似たような言葉でコンバージョン単価がありますが、
単価は計算結果であって、価値とは違いますのでご注意下さい。

コンバージョン『単価』の方の計算を整理すると、
次のような式になります。

「コンバージョン獲得にかけたお金」÷「コンバージョン数」

例えば、広告費Aが100万円で、A経由のコンバージョン獲得が
50件なら、「広告費A」÷「A経由で獲得したコンバージョン数」
コンバージョン単価は2万円となります。

このとき、コンバージョン1件の『価値』が10万円だったら、
価値10万円>単価2万円なので「超お得、
もっと広告予算追加してOK」です。

コンバージョン1件の価値が1万円だったら、
価値1万円<単価2万円なので
「マズイ、広告をやめるか、改善するかしないと」
となりますよね。

このように、コンバージョン1件の価値がいくらなのか、
数字でしっかりわかっていれば、判断に悩む必要が無くなります。

本当は得をしているWEB施策なのに、予算を削ってしまったり、
本当は損をしているWEB施策なのに、予算を垂れ流してしまったり、
そんなもったいないこととは無縁です。

効果検証を重ねていけば、より具体的な価値がわかるので、
一番最初はエイヤっと決めてしまって構いません。

というわけで、コンバージョンの価値を決めておきましょう。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年02月25日

人形町の街、雑感

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

オフィスが東京の人形町に引越して、2週間が経ちました。
引越当初の、なんとなくバタついた雰囲気も落ち着いてきて、
人形町という街にも徐々に慣れつつあります。

前のオフィスの東京京橋は、銀座地区と日本橋地区に挟まれた
全国的にはややマイナーなエリアでしたが、いわゆるオフィス街で
ありつつ、銀座と日本橋に挟まれている地理的環境から、
ある種の華やかさもあり、個人的には好きな地域でした。

対しての人形町ですが、京橋と直線距離で1kmちょっとしか
離れていないにもかかわらず、街の雰囲気は随分と違います。

人形町という街自体が下町なので、京橋とはそもそも趣きが
異なるのですが、なんだかそれだけではない雰囲気の違いを
引越当初から感じていました。

この違いはなんだろう、と改めて考えてみて気がついたのが、
生活感の有無でした。

京橋地区は基本的にオフィス街なので、
おそらくそこに住んでいる人はほとんどいなかったはずです。
対して人形町は、普通に人が住んでいます。生活をしています。

だから、スーパーも商店街的なものもあるし、
夕方になると小学校から下校する子供たちの声も聞こえてきます。

あ、あと、軽自動車の荷台を冷蔵ケースに改造して、
夕方になると魚を売りに来る魚屋さんを見たのは、
元号が昭和の時以来な気がします。

僕が感じている雰囲気の違いの正体は、
人形町という街がまとっている生活感なのかなと思っています。

人形町と京橋のどちらが良いという話ではなく、
ほんの少しだけ離れるだけで、街の感じがガラっと変わることに
私は面白さを感じます。

さて、今日も人形町の街を探索です(主に夜の部)。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年02月25日

なんてったって効機信(こうきしん)

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

コラムのタイトルは、アラフォー世代に通じればOKとします。

ここ数年、CSS3やHTML5などの新しい技術にWebブラウザが対応した
ことで、ホームページ上で可能な表現は非常にバラエティに
富むようになりました。

最近のホームページを見ると、いろいろ動いたりとか、
スクロールをするとページに変化が起きたりとか、おぉ!っとなる
仕掛けを満載したホームページも多いです。

ただ、そういった仕掛けは確かに見た目に驚きを与えますが、
それがお問い合わせや注文などの「実利」にどこまで貢献するかは
冷静に見極める必要があると思います。

個人的な例ですが、先日ネットで洋服直しをしてくれるお店を
探した時の話をします。

そのお店は、検索エンジンで検索して、検索結果の1ページの
何番目かに掲載されていて知ったお店でした。

ホームページの見た目は、お世辞にも格好良いとか素敵とか
言えるものではなく、恐らく何かのホームページ作成ソフトで
お店の方が見よう見まねで作ったのだろうなと想像出来る感じ
でした。

ただ、見た目はそんな感じでも、必要な情報がしっかりと掲載
されていました。

・どんな特色があるのか(効果)
・どんな流れで直しをするのか(機能)
・何にどのくらい費用がかかるのか(機能)
・どんな人が直しを手がけているのか(信頼)

イーナチュラルが
いつもお客様にお話しする「効機信(こうきしん)」が揃って
いたのです。

ホームページの見た目(デザイン)だけなら、他に素敵なサイトは
あったのですが、欲しい情報がサイト上に掲載されておらず、
かといっていちいち問い合わせるのも面倒だなと感じ、
結局前述のサイトにお願いをしました。

誤解の無いように言っておくと、私は見た目(デザイン)は
どうでもいいと言ってるわけではありません。見た目が与える
印象は、重要な要素のひとつだと思います。

私が今回お願いしたお店のサイトも、さらに見た目が
ちゃんとしたデザインになっていたならば、あれこれと他の
サイトと比較して悩むことも無かったと思います。

情報と見た目(デザイン)は、バランスが肝要です。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年02月11日

≪Back  2345678|9|1011 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。