【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2014年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2014年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2014年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  123456789|10

津軽三味線がしっくりくる件

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

なぜだか分かりませんが、ホームページ制作会社では、
職場で音楽やラジオを流しているところが多いようです。

あるいは、職場では流れてないけど、常時イヤフォンで何かを
聴いているという人も、コーダー・プログラマーの方を中心に
多い様子です。

イーナチュラルでも一時期BGMを流していた時があります。
が、なんとなく万人がしっくりくる感じがなくて、自然消滅的に
BGMは流れなくなりました。

空調をかける機会が少ない春先や秋口などは実に静かで、
ともすれば図書館並みです。キーワードをタイプする音と、
マウスをクリックする音だけがオフィスに響きます。

これは、これで、個人的には不気味に感じる時があります。
広い空間にいるはずなのに、どこか狭いところに閉じ込められて
いるように感じるのです。ということで、気になる時は業務に
支障が出ない範囲で、イヤフォンで音楽を聴いてます。

音楽は、洋の東西、ジャンルを問わず何でも聴くのですが、
最近のマイブーム(死語)は、津軽三味線です。

基本的に、仕事中のBGMはテンションをあげる意味も含め、
ロックやテクノなど前のめり系の音楽を聴いているのですが、
ずっとそれだと飽きてきます。また、楽器の数・音の数が
多いと、ずっと聴いていると耳が疲れてきます。

そこで津軽三味線の登場です。曲目にも寄りますが、
スピード感と耳心地の良い高音の響き、ギューっと高まっていく
感覚が、特に集中したい時にピッタリです。トランス状態です。

結果的に、出来上がった企画書が、妙に攻撃的だったり
することもあるのですが、それはご愛敬ということで。

この文章は、エアコンの空調の音をBGMに書きました。

» このコラムの個別ページを見る | 2014年01月21日

2014年も平常心で。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

2014年、新年になって、今年はどんな年になるだろうと、皆さんも
思いを巡らせていることと思います。

来年のことを言うと鬼が笑うと申しますが、ことWeb業界に関しては
今年のことを言っても鬼が笑いそうで、なかなか先のことについて
述べるのは難しそうですね。

Webマーケティングも、10年ほど前は自社ホームページとSEOを
中心に考えていればなんとかなった感がありますが、
時は流れ、今では様々なツールが登場しています。

ソーシャルメディアを使ったプロモーション、リスティング広告、
A/Bテスト、リターゲティング広告、スマホやタブレットなどの
マルチデバイスに対応したホームページ等々、
検討事項やツールは枚挙にいとまがないです。

これだけたくさんの検討事項があると、ホームページ担当者は
どうしても混乱しがちで、その結果としてホームページ「だけ」、
ソーシャル「だけ」、広告「だけ」といった具合に、視野狭窄を
起こしてしまうケースがあります。

しかし、前述した各種の事項は、どれも「それだけ」で完結する
ケースは少なく、それぞれは相互補完関係にあり、
それらをバランス良く活用するとこで、その効果を発揮すると
言えると思います。

2014年も、様々な新しい要素が登場すること予想されます。

そういった新しい要素が出てきたとき、ホームページ担当者は
闇雲に飛びつくのではなく、果たしてそれがWebマーケティングと
いうパズルのどこを埋めるピースなのか、冷静に判断することが
肝要かと思います。

» このコラムの個別ページを見る | 2014年01月08日

冬休みは雪遊び三昧

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                             文/齋藤 伸也

年末年始は、実家の北海道でのんびり過ごしました。
例年になく雪が多かったので、子供達も(僕も)大はしゃぎです。

真っ白い世界だったので、↓こんなことをして遊びました。

▼ソリ滑り
家の目の前の空き地が良い具合に傾斜しているので、
そこでソリ滑りをしました。
息子がソリをスノボみたいにして立ち滑りしていたのを見て、
負けずにチャレンジしてみたのですが、
頭を打ってフラフラしたので辞めました。
危ないので真似しない方がいいです。

▼雪かき
夜寝ている間にドサっと雪が降り、早朝に除雪車がやってくる、
というパターンが続きました。
地元の人にとっては雪かきは面倒な作業ですが、
東京からきた息子たちにとっては、全てが楽しい雪遊び。
一緒に協力して、雪かきを楽しみました。

▼カマクラ作り
雪かきした雪をドンドン積み上げていき、
直径と高さが3メートルくらいの雪山を作りました。
雪山を押し固めたあとで、スコップで掘って掘って掘りまくると、
3人くらいが入れるカマクラのできあがりです。
カマクラの中は意外に暖かいので、快適でした。

▼雪合戦
近所の大きなグランドが真っ白い雪原になっていたので、
甥っ子も加わって雪合戦をしました。
大人1対小学生3が足が埋まる雪原の中で本気で雪合戦すると、
けっこうな体力を消耗するみたいでスポーツした後の
爽快感まで楽しめました。

▼屋根の雪下ろし
雪が降り続くと、屋根にドンドン雪が積もっていきます。
ほうっておくと雪崩(なだれ)のように落ちてきたり、
下の建物に重みがかかって戸がしまりにくくなったりするので、
何十年かぶりに、屋根の上に登って雪下ろしをしました。

▼雪上ランニング
標高が高くて寒くなった山を走る練習のために、
防寒ランニング道具を持って行って帰省していました。
想定外の雪でしたが、シューズに後付けできる滑り止めを購入し、
初めての雪上ランニングにチャレンジ。
普通のシューズだけだと滑って大変でしたが、
滑り止めを付けたら快適で違和感無く走ることができます。
雪道を歩いたり走ったりするのは意外に難しいので、
道産子で良かったとあらためて思っています。



その他、函館にできた超巨大本屋 蔦屋書店に行ったり、
400円前後と都心から見ると激安の(函館ではあたりまえの料金)
日帰り温泉にあちこちつかったりしながら、
のんびりと年末年始を過ごしました。

函館 蔦屋書店
http://www.hakodate-t.com/

函館 道南の温泉 日帰り温泉
http://www.hakonavi.ne.jp/spa/


なんだかとっても長い文章になってしまいましたが、
函館は、魚・肉・野菜と色々な食材が揃って食べ物も美味しく、
日帰り温泉400円前後、ラーメン400円~と超リーズナブル、
なんと全国チェーンのミスタードーナツでさえ、
函館地域だけなぜか安いんですよ。

という、何かと美味いのに安いところなので、
みなさまも是非、函館に遊びに行ってください。

» このコラムの個別ページを見る | 2014年01月08日

≪Back  123456789|10
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。