【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2013年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2013年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2013年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  123456|7|8910 Next≫

◯◯で1位より、効率が良いSEO・リスティング広告

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

1位って、良い響きですよね。

小さい時の運動会のかけっこ、少し大きくなって学力テスト、
そして仕事、結果的に競争となる現場は色々ありますが、
1等賞、1位、1番など、最上位はなかなか素敵です。

そんなこともあってか、
SEOでもリスティング広告でも、
「◯◯という検索キーワードで1位になりたい」
と相談されるケースがあります。

首尾よく1位になり、さらに購入や問い合わせといった
コンバージョンの獲得に大きく貢献してくれればいいのですが、
現実はそう簡単に実現できるものではありません。

SEOで1位になるために、人を魅了するコンテンツを生み出す
労力を散々かけて1位になったにも関わらず、
かけた労力以上のコンバージョンが得られなかったり。

リスティング広告で1位となるために、
投下コストをアップしたのに、上がったのはコストだけで、
それに見合うコンバージョンが獲得できなかったり。

などといったように、SEOでもリスティング広告でも、
1位だと単純にわかりやすくて嬉しいのですが、
そのためのコストや労力を考えると、
意外に採算に合わないものも出てきてしまいます。

お金も人的リソースも際限なく使ってOK!
ということであれば1位を絶対条件にするのもありですが、
そんな会社はなかなかありません。

限られた予算、限られた人的リソースで
効率よく成果を獲得していくためには、
順位ではなくその先のコンバージョンや実際に売上や利益といった
「費用対効果」「労力対効果」を条件にすることをオススメします。

迷った時は、「費用対効果」「労力対効果」が良い方法は何か?
という視点で選択いただき、効率が良いSEO、
効率が良いリスティング広告を目指していきましょう。

» このコラムの個別ページを見る | 2013年05月08日

東京、京橋の再開発は進む

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

イーナチュラルの事務所がある東京の京橋は、再開発が急速に
進んでいます。ここ数年で続々と新しいビルが出来上がること、
さながら雨後のタケノコのごとくであります。


東京スクエアガーデン
http://tokyo-sg.com/
→ 個人的にはモンベルさんが入って便利

相互館110タワー
http://www.shimz.co.jp/tw/pr/1208index.html
→ 独特の外観は、伝統的なもののようです

京橋創生館ビル
http://www.office-navi.jp/office/02015380/1/
→ かつては屋上のアサヒペイントの看板がお馴染みでした

京橋二丁目西地区市街地再開発組合
http://www.kyou2west.com/
→ 工事が始まったばかりですが、すごく巨大です


これ以外にも、そこそこの規模のビルが次々と建っていて、
そして次々と入居してくる企業さんがあるのを見るにつけ、
日本は本当に不況なのだろうかと思ったりもします。

新しいものが現れるということは、
同時に古いものが消えていくことでもあり、
開発が進んでいる京橋二丁目西地区は小さくて渋い飲食店が
軒を連ねていた所もあったのですが、キレイさっぱり無くなって
しまいました。

古いものが跡形もなく無くなってしまうことに寂しさを覚えたりも
しますが、二十歳そこそこの頃はそんな思いを抱くこともなく、
新しいモノが生まれてくるワクワク感しかなかったような気も
しますので、それはあれ、私も歳をとったということでしょうか。

GWもあけてしまったので、テンション低めでお送りしました。
みなさん、次回の祝日は7月15日ですよ。

» このコラムの個別ページを見る | 2013年05月08日

アクセス解析、はじめの一歩

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

この春からホームページ担当になった方も多いと思いますが、
担当者になって初めて触れるものの一つとして、ホームページの
アクセス解析が挙げられると思います。

このアクセス解析では、ホームページのアクセス状況を
あらゆる項目から数値で知ることが出来て、ホームページの
運用・改善を進めていく上では欠かせないツールです。

一方で、ただ数字を眺めていても「ふ~ん」で終わってしまう
ことも多く、それ以上の気づきを得ることはなかなかに難しいです。
また、各項目は単純に数字の大きい・少ないでは評価することが
難しいものもあります。

とはいえ、アクセス解析の項目が多岐にわたっていて、
どこをどう見て・評価すればいいのか分からないという方も
多いと思います。

そんな方にオススメしているのが、
コンバージョン=お問い合わせ関連のアクセスに絞って、
アクセス解析をすることです。


・お問い合わせをした人は、どんなページを閲覧したのか?
・お問い合わせした人は、どんな検索キーワードを使ったのか?
・お問い合わせの途中で、ボトルネックになるページはないか?
etc....


ホームページで発生するすべてのアクセスを理解しようとすると、
非常に骨が折れますが、コンバージョンに絞ってしまえば
見るポイントはだいぶ絞れるはずです。

アクセス解析の画面を前にして立ち止まってしまっている方は、
まずはこの辺りから始めてみてはいかがでしょうか?

» このコラムの個別ページを見る | 2013年04月24日

スナップエンドウが好き

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

ビールのつまみにいただく、スナップエンドウが好きです。

シンプルに茹でただけのものがお気に入りです。
1分のキッチンタイマーを準備して、
沸騰したお湯に太めスナップエンドウから順に入れていきます。
太いので1分、細みのものは数十秒で、サッと茹であげます。

たいがいはマヨネーズをつけていただきますが、
とれたての甘いものは、何もつけずにパクっといただきます。
シャキッとした食感がたまりません。

いつもは近所のスーパーで買ってきて食べますが、
今の時期は我が家のベランダ家庭菜園のスナップエンドウに
どんどん実がついてきて収穫時期を迎えています。

産直とれたてのスナップエンドウは、また格別です。



そんなスナップエンドウを好きなのは、私だけではありません。

冬に種まきをしたその瞬間から、
どこからともなくスナップエンドウ好きが集まってきます。

豆レーダーでもついているのでしょうか?
レタスなどの葉物野菜を作っているときは、
全く姿を見せない鳥が、豆類をまくとすぐに寄ってくるのです。

スズメ、ハトの他、ヒヨドリなど東京の街中では
見かけないような鳥が、入れ替わり立ち替わりにやってきます。

大好きなスナップエンドウを鳥にやられてしまっては困ります。
スナップエンドウを守るために、色々とやりました。

防鳥ネットで囲ってみたり、CDや100円ショップで売っている
キラキラするものを設置したり・・・。
でも、空飛ぶスナップエンドウ好きは恐れずに毎回やってきます。

結局今は、みつけては追い払うという超原始的なことをしながら、
スナップエンドウの成長を見守っています。


僕も鳥もスナップエンドウが好き、という話でした。

» このコラムの個別ページを見る | 2013年04月24日

紙担当→Web担当になって、気をつけるべきこと

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

この4月から、Web担当になられた方も多いことと思います。
中には、紙系販促物の経験者もいらっしゃるでしょう。

さて、ここで問題です。

制作が一段落したページのチェックでは
どこを入念にすべきでしょうか?

・文字サイズ
・改行位置
・微妙な色合い

いかがでしょうか?

紙系媒体なら、全部Yesになると思いますが、
Webではあまり詳細にチェックしても・・・という項目です。

というのも、紙の場合はできあがった紙
「そのもの」を「そのまま」見せられます。
文字サイズも改行位置も微妙な色合いも全て
同じ通りに伝えられます。

一方のWebは、できあがったWebを
「閲覧者それぞれの端末」
「閲覧者それぞれのディスプレイ」
「閲覧者それぞれのブラウザ」
で見るという違いがあります。

会社のパソコンで見たら綺麗に収まっていたけど、
自宅では違って見えた、などといったことがあります。

Webの文字サイズや改行位置や微妙な色合いが違っててOK!
という話ではないのですが、紙とWebでは得意分野が違う
ということは押さえておいたほうが良いでしょう。

Webには、一つのHTMLで、
パソコン、タブレット、スマホ、携帯PCブラウザなど
複数種の端末やブラウザで閲覧できるという強みがあります。
一方で、文字サイズや改行位置、色合いなどの完全な制御は
あまり得意ではありません。閲覧する環境が違うからです。

・Webは、1を多で見せるメディア
・紙は、 1を多に見せるメディア

とも言えるでしょうか。

紙もWebも情報を伝達する手段としては同じ仲間ですが、
その考え方や特性には大きな違いがあります。

どのような判断をすべきか困った時は、
自社ホームページの目的達成のためになるか否か?
でチェックをいただくと良いでしょう。

目的達成に大きな影響が無いものに関しては、
あまり深く気にしなくても良いのかもしれません。

・より集客力をアップさせられるか?
・より接客力をアップさせられるか?

をポイントに、Webを育てていきましょう!

» このコラムの個別ページを見る | 2013年04月10日

≪Back  123456|7|8910 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。