【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2012年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2012年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2012年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  234567|8|91011 Next≫

2012年の春

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

春ですねぇ。

東京は、まさに桜が満開です。今年は、一気に暖かくなったことも
あってか、桜もぶわっと一斉に花開いた感じで、綺麗な咲き方を
していますね。

桜と言えばセットで考えなくてはいけないのはお花見で、
もうすでに済ませたよという方も多いと思います。

イーナチュラルのお花見はちょっと遅めの今週末なのですが、
週末までに雨の降る日もあるようで、果たして桜が拝めるかどうか、
微妙な雰囲気です。

が、そこは昔から「花よりビール」と言うように、
ほどよくアルコールが入ってしまえば、葉桜もさして気にならなく
なるのだろうと思います。

さて、春と言えば新しい出会いと別れの季節でもあります。

2012年の春は、イーナチュラルでも一人のスタッフが去っていくと
いう別れを経験しました。

会社組織ですので、スタッフが一人去っていったとしても、
業務に支障が出ることはありません。が、人が去っていったことに
代わりはなく、寂しくないと言ったらウソになります。

心なしか、事務所の暖まり方も違うような気もします。

一方で、新しいスタッフを向かい入れる準備も着々と進行中です。
どんな新しい出会いがあるのか、期待と不安が入り交じっています。

そんな2012年の春です。

» このコラムの個別ページを見る | 2012年04月11日

「やらなかった」をつたえよう

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

早いもので、今年も4月を迎えようとしています。

4月といえば、多くの会社で年度の初めということで、
この春から新たに社内のWeb担当者になる方、あるいはWeb担当を
離れる方も多いことでしょう。

これから引継ぎなども行われることと思いますが、
その時に気をつけていただきたいのが、「やらなかったこと」の
引継ぎです。

「やったこと」は、目の前にあるホームページを見れば、
ある程度のことは分かります。しかし、「やらなかった」ことは
目の前に無いので、分かりません。

さらに言うと、「やらなかったこと」は大きく二つに
分類することができます。

・必要性がないので、やらなかった
・必要性はあるけど、今はやらなかった


「トップページのここはFLASHがいいんだけど...」
「いやいや、それはこういう訳があって画像になっていまして...」

担当者が変わったときにありがちな会話ですが、
あまり建設的な会話ではないので、出来れば避けたいところです。

» このコラムの個別ページを見る | 2012年03月28日

Google、検索システムの過去最大変更を実施予定

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                                 文/巽 太陽

先日、Googleが今後数カ月間で、過去最大の検索システム変更を行う、
と報道されました。

グーグル、検索システムを改良へ 市場シェアの維持目指し過去最大の変更か

注目すべきキーワードは、「セマンティック検索」。
Googleは、単語を無機質なただのキーワードとして捉えるのではなく、
それが持つ実際の意味を理解し、よりニーズに即した検索結果を
提供できるようなプロセスの導入に注力すると言っています。
つまり、より人間の思考に近い検索処理を目指しているわけですね。

小手先のSEO施策より、コンテンツ力の強化が大事、ということは
これまでも何度も申し上げてきましたが、検索エンジンが提示する
検索結果が人の感覚にどんどん近づくということで、今後はさらに
その動きが加速しそうです。

» このコラムの個別ページを見る | 2012年03月28日

大学のゼミのOB会

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

大学を卒業してかれこれ20年近く経ちますが、
この3月にゼミのOB会がありました。

OB会では幹事を仰せつかり、幹事グループ7名で協力しながら、
参加の楽しみの他に運営の楽しみも味わっています。
OB会開催が決まった時から、幹事はFacebookのグループ機能で
やりとりをしており、結局何ヶ月かの間に一度も会わずに
準備をして開催当日を迎えました。

お互いに仕事や家庭がある中でのOB会運営でしたので、
ネットをフル活用した省力運営を目指しておりました。
ただし、60代~20代まで40年にわたってゼミ生がいることもあり、
ネットを活用しつつも、人海戦術の名簿整理、
往復ハガキや電話といったアナログ作戦もフル稼働しました。

その甲斐あってか、上は60ウン歳、下は現役学生までの
バラエティ溢れるOB会となりました。懐かしの大学に約130名が集い、
皆で先生の退職を祝うことができました。

それにしても、学生時代の友人とは不思議なもので、
会った瞬間から時間が20年近く前に戻りますね。
お陰さまで、昼から朝までずっとお酒を飲んでいました(((;゚Д゚)))

クールにネットを活用しつつ、
ホットでウェットな関係を続けていきたいものです。

» このコラムの個別ページを見る | 2012年03月28日

セルフキュレーション ~サイトを迷路にしないために~

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                                 文/巽 太陽

「キュレーション」という言葉をご存知でしょうか。

欧米では博物館の学芸員のことをキュレーターと言います。

キュレーター - Wikipedia

日本語でしっくりくる言葉としては「目利き」でしょうか。
ウェブ業界で、キュレーションと言う場合は、「ウェブ上の雑多な
情報を収集し、取捨選択してまとめること」を指します。
いわば、インターネット上の目利きですね。

さて、今回おすすめするのは、自社サイトのキュレーションです。

サイトの運営者にとって、サイト内の情報を充実させることは、
SEO上でも、また閲覧者への十分な情報提供という意味においても、
非常に重要です。

一方で、情報が増えることで悩みとして持ち上がってくるのは、
ナビゲーションの問題です。

「メニューが多すぎて、どのページを見ていいか分からない」
という迷路のようなサイトを見かけたことをありませんか?
もしかしたら、自社サイトがそうなっているかもしれません。

そこで、キュレーション。

自社サイト内の情報をもっとも知っているのは、
おそらくウェブマスターであるみなさんのはずです。
「この記事に関連したコラムを以前書いたな」とか、
「この記事を読む人は、きっとこのFAQも知りたいはずだ」とか、
容易に想像ができるのではないでしょうか。

そういった関連記事をセルフキュレーションしてまとめ、
記事中や記事の最後から誘導してあげるのです。
「この記事を見た人は、こんな記事も見ています」というリンク、
ご覧になったことがある方も多いでしょう。

また、CMSを活用すれば、それをある程度自動化させることも可能
です。更新した記事に関連したサービスやセミナーの案内、FAQ、
用語説明、同テーマのコラムなどを、自動的に結びつけて表示する
仕組みを整えれば、少ない労力でのセルフキュレーションが可能です。

これまでサイトに蓄積した情報を、過去の遺物にするのではなく、
ユーザーに必要な情報として取捨選択し、まとめてあげる。

そうすることで、古い記事の再活用にもなりますし、
サイト内のあらゆる情報が有機的に結びついて、ユーザーは自分の
ほしい情報を見つけやすくなり、サイトの回遊率も上がるはずです。

ぜひ自社サイトの目利きとして、サイトを案内してあげてください。

» このコラムの個別ページを見る | 2012年03月14日

≪Back  234567|8|91011 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。