【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2012年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2012年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2012年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  12345|6|78910 Next≫

ベランダ家庭菜園を楽しむ

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

ベランダで家庭菜園をはじめて、かれこれ5年が経ちます。

土いじりを楽しみながらのプランター栽培の他、
レタスなどの葉物野菜は水耕栽培で育てています。

今の時期は、レタス各種、ルッコラ、水菜、ほうれん草など、
葉物野菜を育てて、ベビーリーフでいただいています。

トマトやナスなどの果実系は、
プロの農家さんに遠く及ばない出来栄えなのですが、
ベビーリーフは鮮度が命的なこともあってか、
自分で作ったのが格別に美味いです。超産直です。

そのまま食べてもシャキアマッを感じることができますし、
ハムを焼いてサンドイッチにしても良し、
白身魚のカルパッチョは、ワインやビールがすすみます。

・・・食べ物の話をしたらお腹がすいてきました。



植えたり、育てたり、食べたりと楽しいことが多い菜園ですが、
毎年のように悩まされるのが台風などの暴風雨です。
プランター栽培なので、水浸しになることはありませんが、
強烈な風は野菜達をなぎ倒してしまいます。

先日の台風4号も東京に暴風雨が直撃しましたので、
帰宅早々にベランダへ直行して、
囲ったり寄せたりと暴風雨対策をしました。

ベランダ菜園だけでも暴風雨しのぎは苦労しますから、
きっと農家の皆さんのご苦労は半端ないだろうなと
想像しています。ありがとうございます。



仕事はデジタルなので、趣味はアナログで楽しんでいます。
苦労も面倒も含めて楽しい、そんな家庭菜園コラムでした。

» このコラムの個別ページを見る | 2012年06月27日

すごい情報量をどう活用するか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

情報量が多すぎて自分一人の頭では処理しきれないなあ
と感じる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、ネット上に流れる情報量が加速的に増えている
様子がわかるニュースがありました。2016年には、2012年の2.5倍
となるインターネットトラフィックがあるとされています。

グローバルIPトラフィック、2016年に1ゼッタバイトを突破|Computerworld



情報量の多い今、注目されているのが「ビッグデータ」です。
すごいデータ量をどう活用するか、という話ですね。
2011年頃からよく耳にするようになり、
今年は各所で展示会も開催されるようです。

Google Insights for Search - 「ビッグデータ」「big data」
↑Googe検索ボリューム増加の様子、2011年あたりから増加

第1回 ビッグデータ&データマネジメント

ビッグデータ EXPO 2012秋



企業ホームページも、公開すればアクセスログデータがたまり、
リスティング広告を出稿すれば、広告結果のデータがたまります。

しかし、このままでは「データ」があるだけであり、
活用することができません。

アクセス解析や広告検証ツールなどで「情報」は手に入りますし、
勉強すれば「知識」も何とかなりそうです。

でも、もう一捻り必要です。

行動のための「知恵」にするのです。



データ→情報→知識→知恵と、知の活用には段階がありますが、
「それ、ある」「それ、知ってる」というレベルから、
行動できるレベルになるまで、知恵を絞るのです。

アクセス解析、広告結果、リアルのお客様の声や行動、
営業マンの声など、あらゆるデータや情報を収集しつつ、
自社がどう行動すべきか?に焦点をあてて、
知をフル活用していきましょう!

どう行動すべきかに焦点を絞っておけば、
すごい情報量の今でも、何とか自分の頭で考えられるはずです。

» このコラムの個別ページを見る | 2012年06月13日

Facebookで"いいね"が多かった投稿は?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/飯島 祐理

私は友人たちとの交流にFacebookを活用しています。

とは言っても、情報を発信するより閲覧していることの方が多く、
フィードに流れてくるみんなの近況にコメントしたり"いいね"する
使い方が主になっています。

そんな私もたまに、美味しかった料理、綺麗だった景色など、
写真に撮って投稿します。

すると大体決まった友人たちが、コメントや"いいね"をくれます。

ところが先日友人の誕生日に、
彼女のアップの顔写真を投稿(もちろん許可をもらって)すると、
いつもの倍以上の反応がありました。驚きです。

どうやら人の顔は、料理や景色よりもずっと
みんなの興味をひいたようです。

ホームページでも、人の顔があると無いとでは、
受ける印象が変わります。問い合わせのコンバージョンに
影響するケースもある程です。

やっぱり、人の温もりは何にも勝るものがあるんですね。

今度の休みはずっと会えてない友達に会いに行こうかな。

» このコラムの個別ページを見る | 2012年06月13日

ズルいSEO

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

さて、今回は「ズルいSEO」についてのお話です。

結論から先に言うと、サイトやページの中身とは関係なく、
検索エンジンからの評価に「下駄を履かせる」行為は、
基本的にズルいSEOと言ってよいでしょう。

・検索エンジンにしか見えない文字で情報を記述(隠しテキスト)
・有料リンクを利用した、自社サイトの外部リンク評価の嵩上げ
・人と検索エンジンとで、全く別内容を表示(クローキング)
ETC...

これら、内容を伴わない検索エンジンからの評価だけを
あげることを狙った行為は、私はズルいSEOと考えます。

検索エンジンにとって、検索結果は唯一無二の大切な「商品」です。
その「商品」の品質が劣化するような行為に対して、
検索エンジンは非常に厳しい態度でのぞみます。

検索エンジンの主な収入源は、検索結果に表示される広告です。

一方で、私たちが検索エンジンを利用するのは、
知りたいと思うことに対して、それに応える良質な検索結果が
得られるからです。

もしも、この検索結果が何らかの方法で外部から操作出来て、
思うような検索結果が得られないとしたら、
私たちはその検索エンジンを使わないはずです。

訪れる人が少ない検索エンジンには、広告主も広告を出す魅力を
感じないので、広告出稿を取りやめてしまうかもしれません。

つまり、第三者が操作可能な検索結果は、検索エンジンに
大きな経済的ダメージを与えかねない行為なのです。
だからこそ、そういった行為に対して検索エンジンは厳しい対応を
するのです。

さて...

「いやいや、ウチのサイトは内容も伴ってる良いサイト
なんだけど、全然検索エンジンにひっかからないんだよ!」

という声を、時々お客様からいただくことがあります。

こういうサイトには、そうなっている理由があるのですが、
それはまた次の機会にお話しします。

» このコラムの個別ページを見る | 2012年05月23日

お母さんもスマホに夢中!?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                              文/飯島 祐理

先日こんな記事を見かけました。


Google Japan Blog: 世界のスマートフォン利用に関する大規模調査
2012 年の調査結果を発表

世界のスマートフォン普及率が昨年の6%から、
約3倍の20%に増加したそうです。

確かに、私が初めてiPhoneを手にした数年前に比べると、
街中あちこちでスマートフォンを手にしている人を見かけるように
なりました。

そして我が家でも、もうすぐ還暦を迎える私の母が、
スマホに夢中になっています。

以前私がスマートフォンを勧めた時は、「ボタンがなきゃ無理」と
見向きもしてくれなかったのですが、一度アプリのパズルゲームを
やって以来、ハマりにハマってしまいました。

母に貸している私の初代iPhoneは、今やゲーム機と化しています。

使い方は若干違っていますが、とっかかりは何であれ、
興味を持ってくれて嬉しいです。

今度、シニア向けのスマホでもプレゼントしてあげようかな!

» このコラムの個別ページを見る | 2012年05月23日

≪Back  12345|6|78910 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。