【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2011年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2011年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2011年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  1234|5|678910 Next≫

勝手に京都案内(食)

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

先日、京都・奈良に旅行に行ってきました。個人的には京都は
10年ぶり、奈良にいたってはいつかの修学旅行以来です。

旅行中は、例の紀伊半島を襲った台風の影響でなかなか思うように
動きがとれなかったのですが、それにめげずに主にマイナーどころ
の神社・お寺を中心に精力的に見学をしてきました。

それはさておいて、ここではボクが京都・奈良でどんなものを
食べてきたのか、聞かれてもいないのにご披露したいと思います。


▼祇をん 萬屋 よろずや - 祇園四条/うどん [食べログ]

九条ネギびっしり・生姜すり下ろし山盛りが、ビジュアル的に
インパクトの強いおうどんです。お出汁がとても美味しいです。


▼権兵衛 ごんべえ - 祇園四条/そば [食べログ]

一般的には鶏なんばうどん(そば)が有名なお店ですが、
ここは変化球で丼ものをいただいてきました。玉子丼を推奨して
おきます。


▼喜幸 きこう - 河原町/割烹・小料理 [食べログ]

手入れが行き届いている白木のカウンターが印象的なお店です。
もともとは豆腐屋だったとのことで、ここの豆腐とお揚げさんは
美味しかったです。この店ではぬたのことを「てっぱい」といい、
その理由をお聞きした記憶はあるのですが、熱燗飲んでいるうちに
忘れました。


▼志る幸 しるこう - 河原町/京料理 [食べログ]

利休弁当が有名なお店ですね。ここの白味噌のお味噌汁は、上品な
甘みが感じられて、結構気に入っています。


▼鍵善良房 本店 かぎぜんよしふさ - 祇園四条/甘味処 [食べログ]

甘い物も挟んでおきました。定番のくずきりは相変わらず美味かっ
たですが、食後の「腹一杯感」が強く、俺も年を取ったのかなぁと
感じずにはいられませんでした。


▼へんこつ - 京都/もつ鍋 [食べログ]

京都タワーのすぐ裏にある、B級グルメのお手本のようなお店です。
赤味噌ベースの煮込みは、どの部位も軟らかく&味わい深く、
何杯ビールを飲めばいいんですか?という感じでありました。


奈良は、そうめんで有名な三輪を訪れたので、当然のごとく
そうめんをいただいたのですが、お店の名前をすっかり忘れて
しまいました。迂闊でした。

とりあえず、どの店ももう一度行きたいので、
京都・奈良方面のお客様からのお問い合わせがあればいいなぁと
切に願っております。

» このコラムの個別ページを見る | 2011年09月14日

最善策が失策になる、ある一つの理由。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                                 文/巽 太陽

あるラーメン屋さんが、リスティング広告を出稿するとします。
(例えですので、ラーメン屋はあまりリスティング出稿しない、
というツッコミはなしで。)

「うちの一番の魅力は、こだわりのスープだな」
とスープを強調した広告文を作り、まあまあの順位で掲載しました。
しかし思ったより効果があがりません。

「みんな意外とスープに興味ないのかな?」
と思って店に来たお客さんに聞いてみますが、
多くの人が、スープへのこだわりを重視すると言っています。

では、なぜ効果が出ないのでしょうか?

答えは、広告が掲載された検索ページを見ると一目瞭然でした。

実は、周りに載っている他店の広告も、
すべて「スープにこだわりあり!」という文面だったのです。
これでは埋もれてしまって効果が出ないのも当たり前です。


このラーメン屋さんには、自分とお客様は見えていましたが、
「競合」への目線が欠けていました。
この目線は、リアルより多くの競合と比較されるWebマーケティング
の世界では特に重要です。何も広告だけに限りません。

我々サイト運営者から見ると、お客様と1対1と考えがちですが、
お客様から見ると1対N、我々は数多ある会社の一つに過ぎません。
1対1のとき最強の武器が、どこでも最強とは限らないのです。

何か施策を企画するときには必ず競合調査を行いましょう。

そうすることで、競合と明確に差がある具体的な数字を出したり、
特長の中でも、あえて他社と被らないものを強調したりする、
真の意味での最善策を見つけることができるのです。

» このコラムの個別ページを見る | 2011年08月24日

スマホ専用サイトは必要か?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

新聞でも大きく報道されたのでご存じの方も多いと思いますが、
Googleがモトローラの携帯機器関連子会社を買収して、
スマートフォン分野での争いが激化するとの報道がありました。


グーグル、モトローラ買収へ 1兆円、スマホ部門強化


スマホ戦争の行く末はどうなるか分かりませんが、今後ますます
普及することは間違いなく、そうなるとサイト運営者として気に
なるのは、スマホ専用ページが必要になるかという点です。

携帯サイトについては、BtoC関連サイトでは必要で(商材にも
よりますが)、BtoB関連サイトではあまり必要性がないのではと
大まかな判断が出来ましたが、スマホはビジネス用途で
使われている人も多く、判断が難しいところです。

またスマホではPC用サイトをそのまま閲覧したいというニーズも、
一定数あるようで、なかなか悩ましいところです。

スマホに関しては先駆者であるアップル社が、スマホ専用サイトを
用意していない辺りも、興味深いところでもあります。

いずれにせよ、サイト運営者が気に留めておかなくてはいけない
ことには違いありません。またひとつ、忙しくなりましたね。

» このコラムの個別ページを見る | 2011年08月24日

日常に感謝

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

私の地元は、北海道の函館市です。

高校3年生までを函館で過ごし、大学から東京へ出てきました。

当時は函館に住んでいることが日常でしたから、
高校生までは函館のことを特別好きと思ったことはありません。

ところが、大学進学で故郷を離れてみると、
すぐに函館の良さを身に染みて実感しました。
食べ物の美味しさ、海も山も川もある自然の豊富さ、
歴史を感じる街並み、夜景、人・・・
どれも、自慢の故郷です。

今年の夏は、涼みに行こうと目一杯函館に帰省しており、
函館山登山、海遊び、川遊び、畑収穫、温泉三昧など、
子供たちと一緒に函館を満喫することができました。



隣の芝生は青く見えるようですね。

函館しか知らなかった時は、札幌はいいな、
東京はいいなという感情が強かったのですが、
今は真逆で、函館を離れていても、帰省しても、
函館生まれの函館育ちであったことに感謝をしています。

自分で選んだ奥さん・旦那さん、彼氏・彼女
自分で産んだ子供、育てた子供
自分で選んだ仕事、会社、学校

故郷はもちろんのこと、
身の回りの日常に感謝する毎日にしたいものです。

» このコラムの個別ページを見る | 2011年08月24日

神の視点のホームページ

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

ホームページを制作・運用していて、
陥りやすい落とし穴のひとつに、「サイト訪問者は、ホームページ
の全体構造を知らない」という点があげられます。

制作・運営する側はいわば神様みたいな存在で、当然のことながら
ホームページの全体構造を把握しています。把握しているからこそ、
よりサイト訪問者に対して分かりやすい構造を持ったホームページ
が構築出来るのですが、一方で分かりすぎているが故に、
時にはそれがアダになってしまうことがあります。

よくある話を、例にとってお話しましょう。

例えば、ある商品が定番商品ページに掲載されていたとします。
この商品が何かの理由で、サイト上の特集ページで
大きく掲載されるようになったとします。

このとき定番商品ページからは、その商品を除いてくださいという
依頼を時々いただくことがあります。ホームページ上でタブって
情報が掲載されているのは、好ましくないというのがその理由です。

しかし、その商品が特集ページで掲載されていることは、
サイト運営者は知っていますが、サイト訪問者が知っているとは
限りません。

何も知らないサイト訪問者が特集ページをスルーして、
定番商品ページを閲覧して、その商品が掲載されていなかったと
したら、どうでしょうか。その機会損失ははかり知れません。

上記は、かなり分かりやすい例ですが、それ以外の本当に
細かいところで、サイト全体構造を分かっている前提で
作られているものが、ホームページには意外と多くあったりします。

そのような「神の視点」で作られているホームページ構造に
なっていないか、このお盆中にゆっくりとチェックしてみては
いかがでしょうか?

» このコラムの個別ページを見る | 2011年08月10日

≪Back  1234|5|678910 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。