【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2011年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2011年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2011年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  123|4|5678910 Next≫

「気にしない」というSEO

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

お客様、特に初めてお会いするお客様といわゆるSEOについて話を
すると、次のようなことを聞かれることが多いです。

・1ページ内のキーワード含有率はどのくらいが最適でしょうか?
・ページランクが低いサイトからのリンクは不利ですか?
・ページ内のリンクの数は何個までが適当でしょうか?
etc...

内容としてはSEOのテクニック面での話で、話の雰囲気としては
「何かマル秘のコツみたいなもの、あるんですよね?」といった
期待を込めた感じで聞かれることが多いです。

その期待を裏切るような格好にはなりますが、
「それは気にしないでいいですよ」と私は答えます。

誤解の無いように先に言っておきますと、
検索エンジンはプログラムなので、なんとなくで検索結果を出して
いるわけではありません。

先に挙げたようないくつかのパラメータを元に、
一定のアルゴリズム(算法)に従って、最適な検索結果を
出力する仕組みになっています。

そして、そのアルゴリズムの根本は、
「人間の目から見て有益なコンテンツをより上位に表示する」だと
私は捉えています。

ゆえに、キーワード含有率など「検索エンジンのためだけの要素」を
気にするよりも、人が見たときに有益なコンテンツを
制作することに注力してくださいという意味を込めて、
前述したようなお答えをしています。

一方で、今の検索エンジンの能力では、人が見た時と同等に
サイトの善し悪しを判断出来ているとは言えない面も
確かにあります。

そこを補う細かなテクニック的なものは確かにあるのですが、
そこは我々プロにお任せいただいて、検索エンジンではなくて
「自社のお客様」の姿を思い浮かべて、コンテンツ作りに
励んでいただけたらと、いつもお話ししています。

» このコラムの個別ページを見る | 2011年09月28日

Facebook「いいね!」ボタンを正しく設置する(OGPタグ)

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                                 文/巽 太陽

自社サイトのコンテンツに「いいね!」ボタンをつけることは、
Facebook経由のサイト訪問者を増やしたり、
「いいね!」されていることで信頼性を高めたりでき、
【集客力】【接客力】の両面で効果のあるWebマーケティング手法
だと感じています。

設置自体は該当箇所にボタンのコードを貼り付けるだけですが、
実はそれだけでは不十分なのをご存知でしょうか?

ポイントは、OGP(Open Graph Protocol)タグ。

設置ページの<head></head>内などに正しいタグを入れることで、
「いいね!」されたときのウォールの表示をカスタマイズしたり、
「いいね!」を押したユーザーの友だちのニュースフィードにも
情報を表示させたりすることが可能になります。

↓弊社ブログにて、画像付きで解説しています



» このコラムの個別ページを見る | 2011年09月28日

価格でなく、価値で勝負する!と決めた時

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

今から5年前、ビジネスブログの活用が盛んになった頃でした。

私たちもMovableTypeを活用したCMSを推進していましたが、
廉価なビジネスブログ制作サービスが増えるなどして、
競合他社の攻勢が強まり競争が激しくなってきました。

厳しい環境の中、「価格でなく、価値で勝負できないか?」、
「イーナチュラルの価値を伝える手段はないものか?」と、
悩んでいた時に目にしたのが
【はじめての顧客事例づくり】というタイトルのセミナーでした。

「お客様の声」や「導入事例」は聞いたことがありましたし
実践もしていましたが、「顧客事例」という言葉に目がとまり、
すぐに申込を済ませました。



2006年の夏の土曜日、遊びたい盛りの子供たちを振り切った私は、
セミナー参加のために朝から晩まで渋谷にいました。
晩から朝まで渋谷にいた時とは違い、なんだか新鮮です。

セミナー会場に到着をすると、セミナー講師である
株式会社カスタマワイズ代表の村中明彦氏がいました。
ちょっとした異彩を放つ風貌と、歯に衣を着せぬ物言いに
最初はたじろぎました。しかし、セミナーが展開するにつれて、
休日をつぶした残念な感情はすっかり消えます。

「買う前、買うとき、買った後」
「撮影許可はとらずにカメラを見せる」
「聴きたい言葉を引き出す質問術」

といった顧客事例のロジックに強くひきこまれました。

そしてセミナー受講の真っ最中に、イーナチュラルのことを
熱心に語ってくれるお客様の顔が目に浮かびました。

探し求めてたいた自社の価値を伝える手段、
それが顧客事例だと感じた瞬間です。
ほどなく、価格勝負の競合他社とは同じ土俵に乗らない、
という決心がつきました。

「イーナチュラルは、価格でなく、価値で勝負する!」と。



セミナーの後、すぐに自社ホームページに掲載する顧客事例を、
そしてお客様のホームページに掲載する顧客事例も手がけました。
ホームページに掲載後、すぐに成果は現れます。
「ああいうホームページを作って欲しい」
「ああいう風になりたい」などと。

そして今現在も、顧客事例を活用したWEBサイトリニューアルが
複数進行中です。

今回、この顧客事例×ホームページのポイントをお伝えすべく、
セミナー開催が決まりましたので、お知らせをさせて下さい。
私がひきこまれたカスタマワイズの村中氏をお招きし、
後半は私が話します。

■事例をWeb掲載しただけで800万円を成約!
 顧客事例で、ホームページを「できる営業マン」にするセミナー

安さで勝負する会社には合わないかもしれませんが、
価格でなく、価値で勝負する!といった会社には
オススメできるセミナーですので、是非ご参加下さい。

メルマガ発行時点で、残席半数ほどとなっていますので、
お申込みはお早めにどうぞ!



そういえば、私は自社の顧客事例の取材全てに
同席をさせていただいています。
取材を通して感じるのは、ホームページに掲載される顧客事例
という成果物以外の、もう一つの成果でした。

セミナーでは、顧客事例のもう1つの成果についてもお話します。

では、セミナー会場でお会いしましょう。

■事例をWeb掲載しただけで800万円を成約!
 顧客事例で、ホームページを「できる営業マン」にするセミナー

» このコラムの個別ページを見る | 2011年09月28日

顧客事例で、お客様に自社の良さを語ってもらう

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

右肩上がりの経済環境でなくなった今、
こんな風に感じている会社も多いのではないでしょうか。

「営業はいるのに、新規顧客が足りない」
「商品は良いのに、うまく伝えられない」
「歴史はあるのに、売れてない」

また、一般消費者向けの商品ならまだしも、
企業向けサービス業やIT・セキュリティ関連など、
目に見えにくい商品の場合、良さを伝えるのにも一苦労です。

実際、イーナチュラルが手がけているWebマーケティングも、
完成したホームページは見えますし操作もできますが、
目に見えない部分にこそ強みがあったりするので、
IT業界の企業向けサービス業のようなものです。

そこで「イーナチュラルは目に見えない部分に強みがあります!」
と自分で言ったところで、単なる自己PRに過ぎません。

一方で、目に見えない部分も含めて良さを感じていただき、
長年にわたってお仕事をご依頼いただく会社が多いのも事実です。

そんな目に見えない良さを伝えられないかなと考えていた数年前、
見つけたのが顧客事例です。
いわゆるお客様へのインタビュー記事ですが、
裏側では自社の良さをお客様に語ってもらう
ロジックが満載になっています。

どんなものが顧客事例となるかは、こちらをご覧ください。





昨今、集客ツールはけっこうあります。
SEO、リスティング広告、ソーシャル・・・
お金や手間暇をかければ、何とかなりそうです。

しかし、集めたお客様をもてなす接客コンテンツが不足気味、
というホームページも多いのではないでしょうか。

接客コンテンツとして、イーナチュラルは効果・機能・信頼、
略して「こうきしん」を推奨しています。
商品の効果、商品の機能、商品や会社の信頼、
これらをもれなく魅力的に伝えることで
お客様の問い合わせ行動などを促す、というわけです。

これら効果・機能・信頼、
どれも顧客事例で語ってもらうことができます。

「本当は良い商品なのに、
      数字や絵で商品の効果や機能を伝えにくい」

そうお考えの会社には、
接客コンテンツの柱として顧客事例をオススメします。

» このコラムの個別ページを見る | 2011年09月14日

mixiページ、Facebookページ・・・SNSのビジネス活用

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                                 文/巽 太陽

2011年8月31日、SNS「mixi」が「mixiページ」を提供開始しました。

mixiページnavi

SNS内で個人や企業が自分専用のページを作れるサービスで、
一般公開すれば検索結果にも反映させることができるようです。
Facebookの「Facebookページ」は既にビジネスに活用している企業も
増えてきていますが、その後を追う形ですね。

ソーシャルサービスのビジネス活用が増えていく中で、
ウェブ担当者として気になるのは「うちもやったほうがいいの?」
ということでしょう。

ソーシャルサービスの活用は、新たな集客経路の開拓、
ユーザーとの比較的密接なコミュニケーション促進、など
やはり大きな意義があると思います。

一方で、その管理・運用については、ほぼ毎日のこまめなケアと、
ネットにおける十分な顧客対応ノウハウが必要です。

ソーシャルサービスは、「これだけやっていればいい」というもの
ではなく、あくまでプラスアルファと考えたほうがいいでしょう。

通常の自社サイト更新などもこれまで通りやりながら、
SNSもきちんとケアできる人的・時間的リソースがある場合、
活用を検討するといいのではないでしょうか。

» このコラムの個別ページを見る | 2011年09月14日

≪Back  123|4|5678910 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。