【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2011年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2011年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2011年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  5678910|11|121314 Next≫

つながり

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

いまだに余震が続く東日本大震災ですが、
日々ご苦労をされている皆様にとって、
一日も早い安全と復興を願っています。


この震災で、良くも悪くも様々な「つながり」を
意識することとなりました。

・水は、蛇口をひねれば出る
・電気は、スイッチ一つでつく
・ガスで、いつでもお湯や料理を作れる

という安全な日々でした。

ところが、震災以降は揺らぎました。

雨が降って、川に流れ、ダムに貯まり、浄水場を経て水道へ
発電所で電気が作られ、送電され、電信柱を経て家庭へ
といったように、最後の蛇口やスイッチまで
全ての「つながり」がうまくいって、
ようやく実現できていることなのだと。

大陸プレートという「つながり」も含めて、
あらゆる「つながり」を意識せずにはいられません。

 

人もそうです。

近所・同僚・同郷という「つながり」
日本という「つながり」
地球という「つながり」

現地に出向いての直接的な支援、
募金・言葉・気持ちといった間接的な支援、
電話・ネット・メディアを通じてなど、
形はさまざまでも「つながり」を感じます。

 

日々目にする情報にすっかり涙腺が弱くなってしまいましたが、
悲しんでばかりもいられませんので、
気づかされた「つながり」を大切に、懸命に働きます。

» このコラムの個別ページを見る | 2011年04月13日

緊急事態に実感した、CMSの重要性

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                                 文/巽 太陽

東北地方太平洋沖地震からもうすぐ2週間。
いまだ日本に日常が戻る気配はありません。

弊社も大きく揺れました。
本棚から落ちる本。ウォーターサーバーが倒れる音。割れる花瓶。
怪我人がなかったことが幸いでした。
現在は、節電のため電気・空調を消したり、帰宅時間を早めたりと
いう状態ではありますが、ほぼ通常業務となっています。

この震災で改めて気づいたことがあります。それはCMSの重要性です。

金曜午後の地震でしたので、事態が把握できた頃はちょうど土日。
交通の混乱、計画停電の実施などにより、東北・関東を中心に全国
の企業活動に影響が出ていましたが、ホームページでそれを発表し
ようにも、担当制作会社と連絡が取れず困った企業も少なくないの
ではないでしょうか。

そんな中、弊社クライアントで、CMSを導入している方たちの対応は
迅速でした。普段から自社で積極的に情報更新しているお客様です。

会社の無事の報告・計画停電の影響の有無・イベント中止の連絡
などを、被災地へのお見舞いと共にいち早く掲載していました。
きっと関係者はそれを見て安心されたことでしょう。

緊急時における企業のホームページ対応は、企業がこれまで培って
きた信頼を、根底から左右することすらあります。

多くの人が「何かあればサイトに載るだろう」と考えています。
万が一の時、お客様や取引先の不安をすぐに解消するためにも、
ホームページで迅速かつ適切に情報提供できる仕組みと、
具体的な対応フローを、企業は準備しておかなければなりません。

CMSはきっとその一助となるはずです。

» このコラムの個別ページを見る | 2011年03月23日

災害時のネット活用

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

3月11日、栃木県へ向かう途中の電車内で大きな地震にあいました。
電話やメールがつながらない中でも活躍してくれたのは、
携帯やスマートフォンから利用できるサービスでした。

日常はもちろん、災害時のコミュニケーション手段としても、
準備しておいて損は無いでしょう。

Twitter
http://twitter.com/

 

Facebook
http://www.facebook.com/


また、復興に向けてもネットが活用できる場面が多数あります。

代表的なものを下記にあげましたが、
道具をうまく使いこなして難局を乗り切る糧としたいものです。

Google

東日本大震災 特設サイト
http://goo.gl/saigai

 

避難所名簿共有サービス
http://goo.gl/ganbare

 

自動車・通行実績情報マップ
http://goo.gl/TPXVY


Yahoo! JAPAN

地震・津波災害に関する情報 特設サイト
http://weather.yahoo.co.jp/weather/2011sanrikuoki_eq.html

 

東京電力、東北電力管轄の地域の方へ
http://setsuden.yahoo.co.jp/

 

Yahoo!ボランティア
http://volunteer.yahoo.co.jp/

» このコラムの個別ページを見る | 2011年03月23日

とりあえず9時間歩きましたよ

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

まず、今回の震災で被害にあわれた皆様には、
心よりお見舞い申し上げます。このコラムを書いている3月22日時点
でも、震災は現在進行形で進んでいると言ってよく、
今後の目処が立っているとは言い難い状況です。

しかし、私たち・私たちの祖先は、これまでも多くの困難に
打ち勝ってきました。この震災も、きっと乗り切れると
思っています。

勇気をもって、この震災に対処していきましょう!

さて、私個人としては、今回の震災では幸いにも実質的な被害は
ありませんでした。当日は、栃木県の足利市へ出張に向かう
特急列車の中で、地震に遭遇しました。

地震の揺れが来る前に、電車が緊急停止していたので
難を逃れましたが、仮に走ったままだったら脱線していたのではと
思うほどの揺れでした。電車が停車したのが、埼玉県の宮代町
という街だったのですが、あとで聞けば埼玉県の中でも揺れが
大きかったところ(震度6弱)でした。

ということで、揺れによる直接の被害はなかったのですが、
当日はもう電車が動かないということで、そこから家に帰るまでが
大変でした。

私は埼玉県の浦和というところに住んでいるのですが、
宮代町から浦和までは約35kmです。マラソンの42.195kmが頭に
あったので、歩けない距離ではないと判断して歩き始めたのですが、
結果的に9時間近く歩き続けることとなりました。

その間、大きな精神安定剤の役割を果たしたのは、ネットからの
情報でした。当日は携帯電話網が麻痺して電話がまったく繋がらない
状況でしたが、ネットはかろうじて生きていたので、
そこから得られた地震の情報、交通の情報は、自分が次の行動をする
上での大きな判断材料になりました。

今回の出来事はとても一言で語ることは出来ませんが、
災害時の情報収集の重要さは実感出来たような気がします。

» このコラムの個別ページを見る | 2011年03月23日

効果を測定しないと、改善点を見つけるのが難しい

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

私は5年半ほど前からマラソンをはじめたのですが、
タイムがわからないと成長したのかどうかを
実感することができません。

はじめてのフルマラソンでは制限時間6時間ギリギリの
ヘロヘロ状態だったのが、2回目は4時間半、
3回目の東京マラソンでは3時間59分となり、
成長を実感することができたので、頑張れました。

タイムだけが目標ではないのですが、レベル把握には必要です。
また、当日のコース、天候、体調などにより、
タイムの中身がどうだったかを吟味することもできます。

1キロ5分ペースで走れば、42キロで3時間30分。
1キロ6分ペースで走れば、42キロで4時間12分。
たったそれだけの数値を把握しておくだけでも、
練習や本番の改善できます。

さて前置きが長くなりましたが、
ホームページの運営でも効果を測定しなければ
何がよくて何が悪いのかを把握することができません。

ホームページの状況がわからなければ、
薦められるがままに流行の手法を試してみるより
選択肢が無くなってしまいます。

マラソンのタイム測定にあたるのが、
ホームページでいえばアクセス解析です。

「いつ」「どこから」「どこに」「どれくらい来た」のか?

といったデータを知ることができるのです。
この組み合わせによって、

・SEO施策の効果は?
・リスティング広告の成果は?
・メルマガを送った効果は?
・ソーシャルからどれくらい来てる?
・リニューアルから1年経ったけど、良かったの?

といった効果測定をすることができます。

できることなら、これらの効果を把握した上で
自社のホームページに合わせた改善をすすめて
ホームページをビジネスに活用したいものです。

タイム不明のマラソンが改善のしどころが難しいのと同様に、
「利益不明のビジネス」「効果不明のホームページ」では・・・
何のためにどのような改善活動をしてよいかを
知る術がなくなってしまいますからね。

▼イーナチュラルのサイト調査 10万円~
http://www.enatural.co.jp/service/webmarketing_research.htm?mm=244
効果測定&改善提案のレポート

▼いちにのアクセス解析 月1万円
http://www.enatural.co.jp/access/?mm=244
WEBで利用できるホームページの効果測定ツール

» このコラムの個別ページを見る | 2011年03月09日

≪Back  5678910|11|121314 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。