【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2008年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2008年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2008年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  34567891011|12

IE7が自動更新される時

  このエントリーをはてなブックマークに追加

あちらこちらで記事を見かけるのでご存じの方も多いと思いますが、マイクロ
ソフト社の最新ブラウザであるInternet Explorer(IE7)の自動更新がいよい
よ始まります。


Windows Internet Explorer 7: ホーム
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/ie/


自動更新がスタートするのが2008年2月13日、つまり本日です。このコラムを読
んでいるころには、すでにIE7をインストール済みという方もいらっしゃること
でしょう。

IE7自体は2006年11月にすでにリリースされていますが、いわゆるWindows Update
での配信ではなく、マイクロソフトのサイトから各自でダウンロードする必要
がありました。そのため、それほど導入が進んでいませんでした。弊社のお客
様のアクセス解析を見る限りでは、現状ではIE6とIE7は8:2程度の割合のようで
す。

13日以降、この比率は確実にIE7に傾いていくと思われますが、そうなった時
に、Webサイトを預かっている人間として注意して置かなくてはいけない点をい
くつかあげておきましょう。

まずは、ページレイアウトの崩れ。各ブラウザはHTMLという共通の言語を理解
して、ホームページを表示します。共通の言語なので、本来であればどのブラ
ウザで表示しても同じ結果になるはずですが、実際にはそうならないケースが
あります。なぜなら、各ブラウザには「方言」ともいうべき、HTMLの解釈の違
いがあるからです。

IE6とIE7の間においても、この「方言」の存在が確認されていますので、IE6で
はキチンと表示されていたが、IE7ではうまく表示されないというサイトも出て
くることが予想されます。致命的なレイアウト崩れは、閲覧者にうまく情報を
伝えられないことに繋がりますので、サイト管理者としては基本項目としてチェッ
クをしておきたいところです。

また、IE7ではいくつか新機能が搭載されますが、その中のひとつである「タブ
ブラウジング機能」は、その普及度合いによっては、今後のアクセス解析に影
響を与える可能性があると思っています。

タブブラウジング機能は、ちょうどEXCELのシートを切り替えるような感覚で、
一つのウィンドウの中で複数のホームページを同時に開いておくことを可能と
する機能です。Macintoshの標準ブラウザであるSafariなどをご利用の方には、
すでにおなじみの機能だと思います。

タブブラウズは、多くのページを同時に開いてそれらを見比べたり、あるペー
ジを開いたままにしておきつつ他のページの閲覧するといった場面での使い勝
手の向上に、多いに貢献する機能です。

一方で、たくさんのページを同時に開きやすくなれば1訪問あたりのページ閲覧
数が増加する傾向が見られたり、ページを開いたままの状態が増えれば見かけ
上のページ滞在時間も増えるというように、アクセス解析から得られる情報に
何らかの変化を与える可能性も考えられます。

また、タブブラウジング機能で一度にたくさんのページを開いたうえでページ
を閲覧するというスタイルが一般的になると、問い合わせをした人がそれまで
に閲覧したページをアクセス解析から割り出すこと(行動の解析)も、場合に
よっては難しくなるかもしれません。

タブブラウジングは、ブラウザをヘビーに使いこなす人向けの機能という側面
もあるので、アクセス解析の影響を与えるほどの一般的な機能として認知され
るかは未知数な部分もあります。

ただ、ページ閲覧数やページ滞在時間を何らかのマーケティング指標をとして
活用されているサイト管理者の方は、タブブラウジング機能の存在は頭の片隅
に置いておいたほうがよいでしょう。

» このコラムの個別ページを見る | 2008年02月13日

処方箋:効果の出るサービス紹介ページの作り方

  このエントリーをはてなブックマークに追加

自社サービス・業務内容紹介ページ。ホームページに来て、このページを見る
ことなく問い合わせしてくるお客さんは、ほぼ皆無です。

故に、サービス紹介ページをどのような構成にすれば営業効果が高いのか、と
いうのはホームページ運営者の永遠の悩みです。

たとえ集客がうまくいっても、自社サービスの魅力を伝え切れていなければ、
顧客獲得には至りません。とはいえ、魅力を余すことなく伝えようとして、1ペ
ージに情報を詰め込みすぎると、それはそれで閲覧者は「なんか読むの面倒だ
な」と去ってしまいます。


そこでどのように作ればいいのか、アクセス解析データから考えてみました。

弊社の顧客数社のアクセス解析結果から、サービス・業務内容紹介ページの1ペ
ージの滞在時間を調べてみると、5秒以内~1,2分が大半を占めていました。
特に5秒以内でページから離れる閲覧者が多い傾向にあるようです。

さて、この結果から閲覧者の心理を推測してみます。

○多くのお客さんはまず5秒程度でページの大まかな内容を判断する。
○人によっては、1,2分かけてじっくり読んでくれる。
○もっとかかりそうだと判断したら、読まない。

これを元に考えると、次のような構成が望ましいような気がします。

◆直感に訴えるサービス紹介入口ページ
一目でサービスの魅力・必要な情報が分かるような入口ページを作ります。
図や写真などを使って視覚的に「良さそう」と伝えることが大事です。
人によってはこのページを見ただけで問い合わせしてくれるかもしれません。

◆読んでくれる人のための詳細ページ
中には、詳しいことが分からないと問い合わせできない、という方もいます。
詳しいデータや補足事項、サービスにかける思いなどは、詳細ページを用意し
て知りたい人にだけ伝えます。
とはいえ、1ページのボリュームの目安は多くとも数分以内で読める程度がいい
でしょう。

◆どちらのページにも、問い合わせへの誘導を
閲覧者も千差万別ですので、どの内容が心に響くか分かりません。
印象だけで決められる直感派も、詳細を知りたいデータ派も、どちらのタイプ
のお客さんでもスムーズに自社とコンタクトできるよう、各ページに問い合わ
せページへのリンクや、連絡先の明記などをしておきたいところです。


サービス内容や顧客層によって違いはあるはずですので、この構成が絶対無二
の答えというわけではありません。ですが、もしお悩みの方は参考にしてみて
はいかがでしょうか。

» このコラムの個別ページを見る | 2008年01月23日

2008年のホームページは中身が大事、「魅せ方」で勝負!

  このエントリーをはてなブックマークに追加

古くはメルマガにはじまり、SEOや検索キーワード広告、ブログ、SNSなどなど。
ここ数年のトレンドも一通り落ち着き、それぞれにWEBマーケティングの一手法
として定着してきた頃でしょうか。

「集客」にはSEOや検索キーワード広告
「情報発信」にはブログ
「情報交換や共有」にはSNS
「定期的な情報伝達」にはメルマガ

と、適材適所でさまざまな手法がありました。これらを見てみてると、どちら
かというと「サイト外」へ向けた手法であったように感じています。見込顧客
を集めよう、潜在顧客を引き留めよう、などと外にいる誰かに向かって話をし
ているイメージでしょうか。

となると次は中身、そうコンテンツではないでしょうか。外から招き入れた人
に自社のプレゼンをし、競合と比較される戦いに勝ち残るためにも、中身をど
うにかする必要があるはずです。文字、画像、映像といった素材をうまく活用
しながら、ホームページを閲覧している人に「会社を魅せる」「商品やサービ
スを魅せる」ということです。

昨年あたりから、動画配信も低コストで実現できつつあります。文字、画像と
いった基本を抑えつつ、音、映像なども適材適所で活用していきたいものです。

ブログ、CMSなどによってページを作るのはとても簡単になりました。現に少し
検索をすると、ありとあらゆるページが検索結果に表示されます。まさに玉石
混淆と言っても良いでしょう。だからこそ余計に「人を魅せる」中身が重要に
なってくるのではないでしょうか。

「人を魅せる」のにお手軽な手法はないはずですから、真の実力が問われる
2008年になりそうな予感がしています。

» このコラムの個別ページを見る | 2008年01月23日

3種類のタイトル

  このエントリーをはてなブックマークに追加

「お客様の声」といえば、訪問者に納得、安心してもらうのに効果的で、実際
に閲覧数も多いコンテンツとなります。

とあるB2Bサイトで、システムを利用したお客様の声が3件あり、サイトに掲載
するにあたって、バナーを作りました。それぞれ方向性の異なるタイトルがつ
いていて、3つが右端(サイドバー)に縦に並んでいます。


まず、一番上にはオーソドックスなタイトル
「○○○○○のために△△△△を使いました」

次に中段には、キャッチーなタイトル
「△△△△によって年間50件の新規拡大」

下段にはブログのタイトルなどで最近よく見られる
「○○○○○の3つのステップで課題解決。△△△△活用法」


さて、この3つのバナーのうち、一番クリックされたのはどれでしょうか?

・・・

正解は、中段の「△△△△によって年間50件の新規拡大」が一番でした。

と、ここまでは別に意外でも無いと思った方も多いでしょう。ページ上では算
用数字が目を引くことは様々な調査でも明らかになっています。

▼参考:オンラインの読者には算用数字で数を示そう
http://www.usability.gr.jp/alertbox/20070416_writing-numbers.html

これに従えば、中段と下段が強く、さらに考えれば「新規獲得」のような直接
的な言葉が含まれているので、この3つの中で中段が一番クリックされるのは、
納得できる結果だといえます。


では、なぜわざわざこの3つを取り上げたのかというと、実はこの中段の「△
△△△によって年間50件の新規拡大」というバナー、ページ内で50箇所はある、
クリックエリアの中でも3番目に多くクリックされたのです。

この3つのバナーの場所は、「サイドバー」で、しかも画像なので、一般的に
は広告と見分けがつきづらく、あまり見られない、という可能性もありました。

その辺りは気を使って作ってはいますが、やはりタイトルのつけ方というのは
重要な要素であることを再認識した結果でした。

皆さんもホームページの改善に日々取り組んでいることと思いますが、ちょっ
としたタイトルでも改めて考えてみると予想以上の効果が得られるかも知れま
せん。

» このコラムの個別ページを見る | 2008年01月09日

2008年、CMS元年?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

CMSという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

CMSはContens Management System(コンテンツ マネジメント システム)の略
称で、情報の追加・修正・公開フローなどのホームページの運営に関わる諸々
の作業を、より簡便に管理することを目的としたソフトウェアを指します。

CMSというソフトウェア自体は古くから存在していて、頻繁に更新されるような
ニュースサイトや、大規模な企業サイトなどでは、以前から広く利用されてい
ました。

一方で、CMSは非常に高価なソフトウェアで、数百万円から物によっては数千万
円になるものもあり、気軽に導入出来るとは言い難いものでした。

そこに登場したのが、ブログです。本格的なCMSと比較すると、ブログソフトウェ
アの機能は見劣りする部分が多いのですが、HTMLの知識に乏しくてもホームペー
ジの管理が可能という部分では根っこは同じです。しかも、ブログであればソ
フトウェア自体の価格は、数万円程度です。

イーナチュラルでは、本格的なCMSほどの高機能は必要ないけれど、出来る限り
自社でホームページを簡単に管理したいニーズを持った企業に、ブログソフト
ウェアを簡易的なCMSとして活用することを以前から提案してきました。ただ、
当初はブログ=日記サイトのイメージが強く、なかなか理解していただけない
こともありました。

ところがここ最近では、お客様側からブログをCMSとして活用したいというご希
望をお聞きすることも増えました。

企業の営業活動や広報活動の中で、ホームページで積極的に情報発信すること
は日増しに重要性を帯びてきていると言えます。しかし、HTMLの知識にも長け
ていてかつ情報発信にあたってのバランス感覚を兼ね備えた人材は、そう多く
ないのが現実です。

その現実に気付いた企業が、「HTMLの知識」というハードルをある程度解消す
ることが可能になるCMSという解決手段に目を向けるようになり、その代用にな
りうるブログという仕組みに注目するようになったのは、ある意味必然と言え
るかもしれません。

ビジネスブログという言葉を目にするようになったは、2004年後半くらいだっ
たと思います。それから3年経った2008年は、ブログをCMSとしてフル活用した
いわば次世代のビジネスブログが広く一般的になるかもしれません。

» このコラムの個別ページを見る | 2008年01月09日

≪Back  34567891011|12
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。