【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2007年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2007年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2007年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  1234567|8|910 Next≫

ヒートマップで使い勝手を改善しよう

  このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、ホームページの使い勝手(ユーザビリティ)の調査手法として、アイト
ラッキングやヒートマップ分析という言葉を耳にする機会が増えました。

アイトラッキングとは、ホームページを閲覧する人の目の動きを専用のカメラ
で計測して、ページのどこがどのくらい見られているかを調査するものです。
ただ非常に高価なシステムで、おいそれと導入できる代物ではありません。

一方のヒートマップ分析は、簡単に言えば「ホームページ上のどこがどれくら
いクリックされているか」を、視覚的に分かりやすく計測するものです。

テレビなどで、人や物の温度を見た目で伝えるために、温度を色で表したサー
モグラフィの画面を目にすることがありますが、あれがそのままホームページ
でも表示できると思っていただければ分かりやすいと思います。

アイトラッキングは人の目の動きを追うのでクリックなどのアクションを必要
しないのに対して、ヒートマップ分析はクリックをカウントするので、それぞ
れで得られるフィードバックは異なります。

ただヒートマップ分析は無料のサービスなども登場してきて、アイトラッキン
グと比較すると手軽に調査できるようになってきているので、まずは試してみ
るのも良いと思います。

似たようなサービスはいくつかありますが、最近試した中ではCrazy Eggという
サービスがなかなかの使い勝手でした。

Crazy Egg - visualize your visitors
http://crazyegg.com/

上記は海外のサービスですが、日本語のサイトでも利用可能です。一部機能や
解析できる上限数が制限されますが、無料で試すことも出来ます。調査をした
いページにスクリプトを1行貼り付けるだけなので、導入も至極簡単です。

アクセス解析でもどのリンクがどのくらいクリックされたかを調べることが出
来ますが、このサービスでは「リンクしていないところ」をクリックされても
計測することが出来ます。

つまり、、、

・飾りのアイコンが、リンクバナーと間違われてクリックされていた
・特にリンクなどをしていなかった商品画像が結構クリックされていた

といった、ホームページの改善に役立ちそうなヒントを得ることが出来ます。

私もいくつかのサイトで計測をしてみましたが、え!ここをクリックする??
という所が意外とクリックされていて大いに参考になりました。

お客さんの姿が見えにくいのがインターネットの難しいところですが、ツール
を活用することによって目に見えるようにすることが可能な場合もあります。
それらのツールから得られたヒントを元に、より素晴らしいホームページにし
ていけると良いですね。

» このコラムの個別ページを見る | 2007年04月11日

効能:ホームページ用の素材が見つかります

  このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ちょっと面白い傾向に気付きました。

私は会社で、クライアントからいただいた写真や文章などの素材を、ホームペ
ージ用に再構成していくフェーズを担当することが多いのですが、先日、社内
ミーティングをしていると、どうも営業担当者より私の方がそのクライアント
の細かいデータに詳しい(笑)。制作しているうちにいつの間にかいろんな情
報を覚えてしまったワケです。

誰よりも素材に目を通す機会が多いからなのですが、そうやっていくつもの素
材を見ていると、その作り方やクオリティもクライアントによって様々だなぁ
と感じています。

さて、ときどき「うちにはあまりホームページに使える素材がないんです」と
いうクライアントに出会うことがあります。そういった会社は、ホームページ
用の素材と聞いて、会社案内などを想像している場合が多いようです。

しかし、よく考えてみてください。本当に何もありませんか?

現場の営業マンが持っている企画書やレポート、皆さんの頭の中にある専門的
な知識や過去のクライアント事例・・・。それらは十分ホームページ用の素材
となりえます。むしろそれらこそ、ユーザーが求めている情報なのです。

現場の資料がWEBに向いている証拠に、最近はクライアントからPowerPointで作
られた素材をいただくことが増えてきました。何らかのプレゼンで使った資料
なのでしょう。ホームページは閲覧者へのプレゼンとも言えますから、WEB用の
素材としては極上ではないでしょうか。

ホームページは会社説明会ではありません。むしろ現場の営業活動に近いもの
です。会社側の視点からいろいろと形式張ったことを並べるより、営業マンの
視点で「顧客はこれを知りたがっている」という情報を載せたほうがいいのは
自明の理でしょう。

ホームページのコンテンツとして、

・パンフレットをそのまま掲載する
・営業マンのプレゼン資料を加工する
・WEBならではのプレゼンを一から作る

など様々ですが、ビジネスをしている限り、そういった営業資料は必ず社内の
どこかにあるはずです。このような日々蓄積されているものをこそ、ホームペ
ージ用のコンテンツとして活用してみてはいかがでしょうか。

» このコラムの個別ページを見る | 2007年03月28日

アクセス数の謎?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセス数ときいて、どのような数字を思い浮かべますか?

おそらく「人」が「ホームページ」にアクセスしてくれた数ではないか、とい
うイメージが一般的でしょうか。ところが実際のところは、数え方によって
「何」が「どこ」にアクセスしてくれた数なのか、というのが様々です。

そのため、「アクセス数はどれくらいですか?」という質問をしたときに、
「10万です」と言われても、どのくらいすごいのか、それともすごくないのか
がよくわからない、ということになります。例えていえば、営業マンの「訪問
件数は10件です」というのが、同じ地域での飛び込み訪問10件と、地域がまち
まちでアポあり訪問が10件とでは、同じ10件でもその意味が大きく異なってく
るのと似ているかもしれません。

代表的な例をあげていくと・・・

もっとも数が多くなりがちなアクセス数は「ヒット数」です。アクセス数なの
にヒット数とは不思議に思われるかもしれませんが、ヒット数をアクセス数と
勘違いしてしまうこともまだまだあるようです。そもそもヒット数は、サーバー
にあるファイルにアクセスされた数を言います。例えば、ブラウザで人がホー
ムページにアクセスした際、一つのHTMLと複数の画像ファイルやCSSファイルな
どにアクセスすることになります。これらを全て含めてヒット数はカウントさ
れますので、人が1アクセスしたことで何十ヒットにもなってしまいます。

次にアクセス数が多くなるのが、誰かれかまわずにページにアクセスされた数
を集計してしまうことです。本来なら「人」が「ホームページ」にアクセスし
てくれた数を集計したいところですが、「人」以外にも検索エンジンの「ロボッ
ト」やサーバーへの「攻撃」などがあります。サーバーによっては、アクセス
のほとんどがロボットや攻撃だった、なんてことにもなりかねません。

その他のアクセス数に関する勘違いとしては、サイト全体のアクセス数なのか、
トップページや特定フォルダだけのアクセス数なのか・・・などもあります。
また、今お伝えしているアクセス数と同様の意味合いで、ページビュー数(PV
数)と言うことも多いです。また、見られたページの数ではなく、お店で言え
ば来店客数といった意味合いで、ユニークユーザー数、ユニークIP数、訪問者
数などもあります。例えば、アクセス数100件、訪問者数50件の場合は、1訪問
者あたり2ページ閲覧しているということになります。

つまり「○○数」といった会話をする時には、「何」が「どこ」にアクセスし
ている数字なのか、その範囲は、集計方法は、といったことを確認する必要が
あるということです。正確に時を刻めるストップウォッチと違い、アクセス数
は様々になってしまいがちです。どこをどう集計するかによって数値が大きく
変わってしまうため、おかしな話ですがアクセス解析ツールであっても集計結
果がまちまちになってしまうというのも現実です。そんな理解をしながら、ア
クセス解析ツールとつきあっていくと良いでしょう。

ここからは宣伝になりますが、「人」が「ホームページ」にアクセスしてくれ
た数の集計・分析、「広告」経由できた「人」の集計・分析、「検索キーワー
ド」別の集計・分析などにオススメなのが、イーナチュラルのアクセス解析ASP
「いちにのアクセス解析( http://www.12no3.com/access/ )」です。
Webマーケティングの第一歩として、是非ご利用下さい。

» このコラムの個別ページを見る | 2007年03月28日

“ゼロ”では困るバックアップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加

「バックアップは大事」と聞けば、誰でも当たり前だと思うでしょうが、具体
的なデータの取得や復帰についてはどうでしょう。「WEBサイトのデータのバッ
クアップをして下さい」と言われても、何をすればいいのかすぐには思い浮か
ばない方も多いのではないでしょうか。

最近ではブログや安価なCMSの普及で、データベースと公開ファイルが別になっ
ているケースも増えてきています。つまり、サイトの構成によって、バックアッ
プの手法も多様化しているということになります。いくつかのケースを見てみ
ましょう。


1)HTMLを直接編集してFTPでアップロード、公開している場合
この場合は手元に編集したデータが存在するので、CD-R等のメディアにコピー
して、出来れば別の場所に保管しておくと確実です。オンラインストレージな
ども利用できそうです。


2)ブログ、CMSがファイル型のデータベースを利用している場合
BerkeleyDBや、SQLiteなどのデータベースを利用している場合は、データベー
スが通常のファイルと同じように存在しているので、FTPで取得することが出来
ます。

システムから生成された公開HTMLや、プログラムからアップロードした画像な
どはデータベースに格納されない物がほとんどなので、FTPで取得して保管して
おくと良いでしょう。


3)ブログ、CMSがMySQLを利用している場合
Movable Typeを利用する場合によく使われるデータベースで、利用するにはあ
る程度の知識が必要です。ポピュラーなのは、phpMyAdminを使ったエクスポー
トですが、履歴管理等のバックアップに特化した機能をもったWEBアプリも存在
します。

この場合も生成されている公開HTML等は別途取得しておく必要があります。万
が一、データベースのバックアップが無い場合でも、生成ファイルから再度デー
タを作り直せる可能性があります。


4)アウトソーシングをする場合
方法がわかっても、定期的に実行して履歴を管理して、復旧の検証も…
と、なるとなかなか思うようにいかないものです。そういう場合は保守サービ
スなどを利用すると、いざと言うときにもスムーズに復旧が出来ます。


いずれの場合も、保存しておくべきデータはどれなのか、個人情報のような重
要なデータの扱いをどうするか、コピーデータの分散をどうするか、といった
切り分けや、バックアップと更新の頻度のバランスなど、しっかりと事前に計
画を立てて行う事が大切です。

» このコラムの個別ページを見る | 2007年03月14日

思い入れのミスマッチ

  このエントリーをはてなブックマークに追加

成功するホームページを作るために必要とされる要素は多岐にわたりますが、
その中でも制作する側の思い入れは重要な部類に入ると思います。

ここでいう制作する側とは、我々のようなホームページ制作会社ではなくて、
実際にホームページ制作を発注する立場の方です。

ホームページ制作会社まかせにしていても、なかなか良い物は出来ません。ホー
ムページ制作に積極的に関わり、良い物を作っていこうという思い入れがない
と、当たり前ですが素敵なホームページを作ることは難しいです。

一方で、思い入れが強すぎてホームページを閲覧する側の視点をおろそかにし
てしまって、結果としてひとりよがりのページになってしまうこともあるので
要注意です。思い入れの空回りですね。

もちろん、大抵は皆さん顧客視点をお持ちです。ただ、ホームページの場合は
バーチャルな空間なので、現実の世界のようにお客さまが訪問する様子やその
行動を目に見える形で捉えることが難しく、その結果ついついお客さんの姿を
見失いがちになってしまうようです。

例えば…

制作側:これだけ文章を使って説明すればお客さんに理解してもらえるだろう
顧客側:なんだか文字ばかりでよく分からないなぁ。難しそう

制作側:たくさんリンクを張っておけば、どこの情報でもすぐに閲覧できるな
顧客側:どこをクリックすればいいかな? あれ、今見てたページはどこ?

というようなことです。

言葉で説明することは決して悪いことではありませんが、一方で文字ばかりの
ページは顧客側が取っつきにくかったり、全体のイメージがつきにくいという
ことも起こりえると思います。料理の写真がまったく掲載されていないファミ
レスのメニュー、という感じでしょうか。

自分の思いと顧客側の思いのバランスを努めて意識しておくことが、ホームペ
ージを制作する上では重要なことのひとつのような気がします。

» このコラムの個別ページを見る | 2007年03月14日

≪Back  1234567|8|910 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。