【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2007年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2007年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2007年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  12|3|45678910 Next≫

サイト運営に役立つ、Yahoo!ブックマークの4つの機能

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット上でのブックマークサービスといえば、「はてなブックマーク」が有名
ですが、検索エンジン大手のYahooでも、「Yahoo!ブックマーク」という、ブラ
ウザから管理・閲覧が出来るブックマークサービスを提供しています。

▼はてなブックマーク
 http://b.hatena.ne.jp/

▼Yahoo!ブックマーク
 http://bookmarks.yahoo.co.jp/

Yahoo!ブックマークは、ブックマークサービスとしては後発ですが、07年の6月
には、Yahoo!検索の検索結果にブックマークの登録人数が表示されるなど、検
索エンジンならではの展開が期待されていました。

そして9月に、サイトの情報を表示する「URL情報ページ」がリニューアルされ、
Yahoo!内での自社サイトの情報を一覧出来るようになりました。

▼URL情報 : WEBマーケティングのイーナチュラル - Yahoo!ブックマーク
http://bookmarks.yahoo.co.jp/url?url=http%3A%2F%2Fwww.enatural.co.jp%2F


サイト管理者の方にはとても有益な情報を、手早く確認できる内容となってい
ます。簡単に内容を見ると…

1.「このページにリンクしているページ」
Yahoo!検索に登録されているページから、サイトにリンクされている場合に、リ
ンク元のページを表示しています。
被リンクの獲得状況を把握するのに役立ちます。
[ link:http://www.enatural.co.jp/ ] のように検索することでも閲覧できま
す。

2.「このドメイン内のページ」
Yahoo!検索に登録されているサイト内のページを表示しています。
サイトのインデックスがどれくらい進んでいるか、更新は反映されているか、
等を把握できます。
[ site:www.enatural.co.jp ] のように検索することでも閲覧できます。

3.「Yahoo!ブログ検索」
Yahoo!ブログ検索内から、サイトにリンクされている場合に、リンク元のペー
ジを表示しています。一般ユーザーのブログ上で、自社や商品がどのように語
られているのかを知ることができます。

▼Yahoo!ブログ検索
 http://blog-search.yahoo.co.jp/

4.「関連するページ」
現在はユーザーによってつけられた「タグ」を基準として関連ページを表示し
ています。検索結果とはまた別の、自社サイトに近いサイトを探す事ができま
す。


これまで、こういった情報は特殊な検索方法や、外部サービスを使って集めて
いましたが、「Yahoo!ブックマーク」では検索エンジンの状況と、ユーザーの
評判や意見を一目で見渡せますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

» このコラムの個別ページを見る | 2007年10月10日

定点観測のススメ

  このエントリーをはてなブックマークに追加

私事ですが、この春に受けた会社の健康診断で、肺の異常を指摘されてしまい
ました。「肺に何かの影がある」という、なかなか背筋の寒くなるような診断
結果をちょうだいしまして、今年の夏は精密検査やら何やらで、暑さとは違っ
た種類の汗を多くかくこととなりました。

肺の異常をレントゲン像だけで判断するのは難しいらしいのですが、私の場合
は前年も同じ検査を受けていたので、以前の画像との比較で幸い(?)にも発
見されました。

と、ここまで前置きが長くなりましたが、ホームページのアクセス解析でも同
じように、以前の情報と比較することで分かることがあります。

Webマーケティングが重要だという認識が広まるにつれて、全くアクセス解析し
ていないサイトは少なくなってきました。ただ、何かあったときや月に1回程度
見てみるぐらいで、定点観測的にアクセス状況を追っている方はそれほど多く
ないようです。

弊社では、多くのお客さまのアクセス状況を定点観測し、次の改善へのヒント
としてきました。

単月の結果を見ただけでは何の変哲もない解析結果も、数か月間の流れや前年
度同月との比較という視点から見たとき、思わぬ気付きを得られることがあり
ます。

アクセス解析は数字の大小を追うのではなく、そこから何を読み取るのかが最
も重要なことと言えます。それは決して易しいことではなりませんが、アクセ
ス状況を定点観測しつづけることは、その「何か」を読み取る目を養う良い訓
練になると思います。

EXCELで管理をして、棒グラフや折れ線グラフで数字を整理すると視覚的にも分
かりやすく、よりアクセス状況が理解しやすくなるでしょう。

「とりあえずアクセス解析をしているだけ」という方は、ぜひ定点観測もして
みてください。

追記:
あ、私の肺の異常は、とりあえず命に関わることではないということで、事な
きを得ることが出来ました。健康のありがたみを知った、2007年の夏でした。

» このコラムの個別ページを見る | 2007年10月10日

処方箋:サイト構築、はじめの一歩はできるだけ大きく

  このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、あなたが500人の兵を指揮する武将だとします。
敵は100人。あなたはどうやって戦いますか?
(細かい戦局や事情は抜きにしてくださいね)

A.まず100人程度を戦地に投入し、様子を見て次々兵を送り込んでいく。
B.500人全員で一気に攻める。

B はもったいないのでA 、と考えたあなたは、残念ながらダメ武将です。
勝つには勝てるかもしれません。
しかし戦力の分散投入は戦の長期化と被害の拡大を招くだけ。正解はできるだ
け多くの兵力で勝負を一気に決めることです。

営業力のあるサイト構築をしたい、という場合にも同じことが言えるでしょう。

「とりあえず『サイトが存在すること』が第一目的で、SEOとかは後回し」
「ユーザビリティとかその辺は、実際に運営しながら追々・・・」

というように少しずつやっていこうとすると、一向に効果が出ず、それを何と
かしようとして結局費用がかさんでいくという結果を招きかねません。

つまり、最初にできる限りの投資をし、最大限の施策を講じておくことが、結
果的にはコストパフォーマンスの高いサイト運営に繋がるのです。

なぜなら、サイトを営業に活用する場合、SEOや広告でのサイトへの集客、サイ
ト内での充分なサービス紹介、問い合わせや購買への適切な誘導、の全てが揃っ
て初めて「効果」が現れるからです。そのどれかたった一つをケチっただけで、
全ての施策が無駄になる、という場合もあるわけです。

また、例えばユーザビリティに対する配慮を後回しにして公開されたサイトが
あるとします。しかし、そんなサイトでも内容の興味深さなど他に魅力があれ
ば固定客はつくものです。

ですが、その後ユーザビリティを考えてメニューの位置やレイアウトなどをコ
ロコロ変えていると、例え一般的には使いやすいように変わっても、既存の客
から見ると、「せっかく慣れてきたのに、また変わった」とマイナスに捉えら
れて、サイト離れに繋がってしまうこともあり得ます。

間違って受け止めて欲しくないのですが、サイトを運営しながらユーザーの動
きを検証し、少しずつ改善を加えていくのは、正しいアプローチです。

ですが、その大前提として、まずはじめの段階でまとめて力を投入し、できる
だけ完成型に近い形でリリースしていること。それが、サイトで無駄なく最大
限の効果を生むための必勝法なのです。

» このコラムの個別ページを見る | 2007年09月26日

Overtureキーワードアドバイスツール終了→復活?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

一ヶ月間にどれだけ検索されるのかを「数字」で示してくれるという、大変便
利でしかも無料の「Overtureキーワードアドバイスツール」をご存知と思いま
す。今年の4月分でデータ更新が止まっていましたが、それがいよいよ結果も表
示しなくなったようです。

▼キーワードアドバイスツール
http://inventory.overture.com/d/searchinventory/suggestion/?mkt=jp


という書き出しではじめようと思っていた今回のコラムですが、念のために確
認をしてみたところ、なんと復活しているではありませんか。とはいえ、いつ
か完全に終了してもおかしくないツールですので、今のうちに心おきなく調べ
ておくとよいかもしれません。

さて、ホームページを「できる営業マン」にするために欠かせないのが、顧客
の行動を把握する事です。サイトに来てくれた後の行動把握にはアクセス解析
ツールが必要ですが、サイトに来てくれる前の検索行動の把握に大変重宝なツー
ルがOvertureキーワードアドバイスツールでした。しかも、目当ての言葉を入
れるだけで即座に「数字」で示してくれるため、何となくわかったような気に
なるのがポイントです。

しかし、この「数値」というのが、実は勘違いをしやすい要素です。

例えば、ハワイ旅行専門の旅行会社の場合、検索キーワード予測数字が多いの
は「ハワイ > ハワイ旅行」という順になるかと思いますが、検索した人が実
際に顧客になる可能性が高いのは、おそらく「ハワイ < ハワイ旅行」という
順です。

同様に、大阪の不動産会社なら、下記のようになるでしょうか。
検索キーワード予測数字「不動産 > 大阪 不動産」
顧客になる可能性「不動産 < 大阪 不動産」

予算が際限なくある場合は、少しでも可能性のあるところ全てでSEOや検索キー
ワード広告をすれば良いので簡単ですが、企業としては「効果のあるところに
集中投資をしたい」というのが本音でしょう。しかし、Overtureキーワードア
ドバイスツールで調べた「数字」が大きいと、どうしてもそこに顧客がたくさ
んいそうに感じてしまうようで、「数字」の多いところにSEOや検索キーワード
広告に多額の予算をかけたくなってしまうものです。結果がどうなるかといえ
ば、費用はかかったけど成果はそれほどでもない、ということになりがちです。

見た目の「数字」だけでなく、その効果も含めた真の「数字」を把握しながら、
効果的なWEBマーケティングを心がけたいものです。真の「数字」を知るには、
「検索キーワード広告そのものを使ってテストをすること」「アクセス解析で
施策別に来訪者の効果検証すること」が考えられますが、これはまたの機会に。

まずは、いつ完全終了してしまうかわからないOvertureキーワードアドバイス
ツールの結果をチェックしてみましょうか。

» このコラムの個別ページを見る | 2007年09月26日

成約数を 3 倍にするために必要な考え方

  このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトをリニューアルしたり、改善を考えるとき、

・SEOをしたい
・広告を効率よく出したい
・アクセス数を増やしたい
・ブログを始めたい
・見づらいので全体的にナビゲーションを見直したい
・問い合わせに繋がる仕掛けが欲しい

など、様々な要望が出ることでしょう。しかし、そういった要望も、最終的に
は「成約数を増やしたい!」という1点に集約されるのではないでしょうか。

成約数を増やすための考え方として大きくは、「母数を増やす」、「転換率を
高める」の2つがあります。SEOや広告は前者、ナビゲーション改善などは後者
となります。

ここでは「転換率を高める」について見てみましょう。

仮に、十万人の訪問者が、「興味を持つ」「行動する(問い合わせ等)」「実
際に成約する」の3ステップで10%ずつ転換すると仮定します。

訪問:100,000人 × 10%

興味: 10,000人 × 10%

行動: 1,000人 × 10%

成約: 100人


これが15%ずつ転換するようになるとどうでしょう。


訪問:100,000人 × 15%

興味: 15,000人 × 15%

行動: 2,250人 × 15%

成約: 337人


このように、同じ母数でも内部の改善をすることで、3倍以上の成約数となりま
す。しかし、この10%→15%への転換率改善というのは、言い換えれば各ステッ
プにおいて1.5倍の改善が必要だということです。

実際に、サイト経由ではない営業活動で、営業マンが1.5倍も効率を上げる、と
いうことが如何に大変な事なのかは容易に想像出来るかと思います。それと同
じ事がサイト改善においても言えます。

各ステップで何が起こっているのかを、アクセス解析などを活用して調査し、
様々な対策を繰り返して地道な改善を繰り返す事で、ようやく最終的な成果を
得る事が出来るのです。

» このコラムの個別ページを見る | 2007年09月12日

≪Back  12|3|45678910 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。