【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2006年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2006年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2006年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  2345678910|11

ホームページのユーザビリティを考える

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページを構築する時、そこに掲載する情報はもちろん重要な要素になり
ますが、それを如何にして閲覧者に見せるかも重要になるはずです。

しかし、いわゆるデザインやユーザビリティは定量的な評価が難しく、好みで
判断してしまう場面も多いかと思います。ユーザビリティを評価する専門の会
社も存在しますが、コストなどの問題で実際にはそこまで手がまわらないのが、
多くの方にとっての現状だと思います。

では、経験や勘に頼って判断をするしかないかと言えば、そうでもないと思い
ます。いくつか例をあげましょう。

よくあるのは、お問い合わせボタンをページ内のアタマとオシリのどちらに入
れた方が効果的かという話です。この場合は、個人的には実際に試してみてし
まうのが、一番手っ取り早いと思います。

実際に上下にお問い合わせボタンを設置して、それぞれを内容が同一でファイ
ル名だけが違うお問い合わせフォームにリンクしておきます。あとは、アクセ
ス解析でそれぞれのアクセス数を計測すれば、判断の根拠になるデータが得ら
れるはずです。

弊社のいちにのアクセス解析のマーケティングID機能のように、利用している
アクセス解析が効果検証機能をもっていれば、ファイル名を変えずに計測する
ことも可能でしょう。

また、ターゲット顧客層を改めて意識することで、どのようなデザインにすべ
きかのヒントになることもあると思います。例えば、自販機などのコイン投入
口や、自動改札の投入口が右側に設置されているのは、顧客には右利きが多い
という前提の結果としてデザインのはずです。ちなみに、私は左利きのなので、
何かと不便をしています(笑)

ホームページで言えば、「ターゲット顧客層に年配者が多そうなので文字サイ
ズを大きめに設計しよう」というような、デザイン上のヒントを得られるきっ
かけになることもあるのではないでしょうか。

最後に、もっとも手軽でかつ多くの気づきを得られるのは、自社のホームペー
ジを誰かに閲覧してもらって、それを後ろから眺めることです。すごく単純な
ことですが、実際に試してみた方が意外と少ないのではと思います。

制作者が想像もしなかったページのたどり方をしていたり、予想もしなかった
ところをクリックしていたりと、様々な発見があると思います。

» このコラムの個別ページを見る | 2006年01月25日

100件のブックマーク

  このエントリーをはてなブックマークに追加

以前6/8のvol.106でソーシャルブックマークとして紹介された、はてなブック
マークをずっと利用しています。

「はてなブックマーク」
http://b.hatena.ne.jp/

イーナチュラルが運営している「ブックマークの森」でも、そのブックマーク
を公開していますが、今朝何気なく登録していたら丁度100件になっていました。

改めて思い返してみると、ブラウザの「お気に入り」を使って訪問するサイト
は多くがログインの必要なサイト、例えばSNSのmixiなどばかりで、それ以外は
このブックマークかRSS、もしくはサイト名での検索など「○○のサイトを見よ
う」と思ったときの行動が多様化してきたな。と感じました。

ブックマークの話に戻ると、利用当初は多分すぐに使わなくなるだろう、ぐら
いに思っていたのですが、毎日RSSなどで大量の記事を眺めていると、気にはな
るけどじっくり見るには大変な技術関連の記事や、後で誰かに教えたりしたい
記事が1件や2件はあるものです。新聞のスクラップをするのと同じ様な感覚で、
しかも他の場所でもネットさえあれば確認出来るので重宝しています。

さらにこのブックマークはRSSとして発信できるので、RSSが読み込めるリーダー
やブラウザがあれば、例えば社内で参考記事の共有をする事もカンタンに出来
てしまいます。グループウェアなどで同じ事をしようとすると、担当者を決め
て…ソフトの使い方をトレーニングして…と、なかなか大変ですが、各自のブッ
クマークを共有するだけでも、かなり有意義なのではないでしょうか。

» このコラムの個別ページを見る | 2006年01月11日

アクセス解析で広告の効果測定をする方法 基本編

  このエントリーをはてなブックマークに追加

自社サイトの集客や問い合わせ増加などを目的として外部のサイトに広告を出
稿した場合、その効果がどれほどのものだったのか、ホームページを運営して
いく上では非常に気になるところです。広告に見合った成果が得られればさら
に投資をしたくなりますし、見合っていなければ別の集客方法を検討しなけれ
ばなりません。

一番ベストなのは、いくら投資をして、いくら売上や利益につながったのかと
いうことが、【数字】で明確になることです。これができれば経験や勘に頼った
広告出稿検討をする必要も無く、自信を持った広告出稿ができるようになりま
す。また、それが可能になるのがWebマーケティングの便利なところです。

ツールとして必要なのは、広告の効果測定が可能なアクセス解析です。アクセ
ス解析としてではなく広告効果測定ツールとして販売されているものをあるの
で、そういったツールでも問題ないでしょう。今回は、弊社で提供しているア
クセス解析ASP「いちにのアクセス解析」を活用して、外部サイトに広告を掲載
した場合の効果測定方法を紹介したいと思います。

→いちにのアクセス解析
http://www.12no3.com/access/

他サイトに広告を掲載する場合、ほとんどの場合は広告掲載先から自社運営サ
イトへリンクがされることと思います。このリンクをきっかけとして、効果測
定をします。何らかのリンクが無い場合は、残念ながら正しい効果測定ができ
ません。テレビや雑誌広告などと同様にこのようなリンクが無い場合には「○
○で検索してください」というようにして○○検索での来訪数を調べたりする
などして、擬似的に効果を測定する手段を用意する必要があります。

そして、リンクを経由して[サイト]に訪問した人の数を数えると集客件数がわ
かり、[問い合わせフォーム]を送信した後に[送信完了]ページを設けて、そこ
も含めてアクセス解析をすると、問い合わせ確率や問い合わせ単価などを導き
出せるようになります。問い合わせではなく注文ができるホームページであれ
ば、注文確率や注文単価などが導き出せます。

人の行動の一連の流れをアクセス解析で把握
広告リンク → [サイト内移動] → [問い合わせフォーム] → [送信完了]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もし何らかの要因で[送信完了]ページのアクセス解析ができないが件数だけは
わかるということであれば、広告を掲載していない期間の問い合わせ件数と、
広告を掲載している期間の問い合わせ件数とを分けて解析し、その差をみて代
替指標とすることになります。とはいっても、広告掲載先が複数ある場合はど
ちらの効果か測定しにくいので、できればリンクから送信完了までの一連の流
れをすべてアクセス解析できるのが望ましいということには変わりません。

「いちにのアクセス解析」にはコンバージョン解析という機能があり、この機
能を活用することで上記の効果測定ができます。コンバージョンとは転換する
の意味で、○○という条件での来訪者のうち△△に転換した人、などを測定す
ることになります。広告の効果測定をする場合は「行動解析」を活用し、デー
タ抽出条件の「リファラ指定」に広告掲載先URLを指定してリンク経由の訪問者
に限定し、「コンバージョン」にチェック、「コンバージョン対象ページ」に[
送信完了]ページ、「投資額」に広告投資額を入れて解析をすると、

コンバージョン件数=[送信完了した人]
コンバージョン率 =[送信完了した人]÷[広告リンクをクリックした人]
コンバージョン単価=[広告投資額]÷[送信完了した人]

ということが導き出せます。

→コンバージョン解析
http://www.12no3.com/access/trace_conversion.htm

→データ抽出条件
http://www.12no3.com/access/trace_joken.htm

広告出稿について件数、率、単価のどれを重視するのかによっても注目すべき
ポイントは変わってきますが、例えば問い合わせ1件につき5,000円以内であれ
ばとにかく件数を伸ばしたいということであれば、コンバージョン単価が5,000
円以内となる広告で件数を多く獲得できるものを見つけることでさらに効果的
な広告展開ができる、ということになります。

このような効果測定をして【数字】で理解することで、効果の出る広告に注力
し、効果の出ない広告を排除することができるのです。ホームページの集客や
効率の良い広告投資ができればしめたもの、同じお金を使うならより効果を出
せる使い方をしたいものです。

» このコラムの個別ページを見る | 2006年01月11日

2006年はポッドキャスティングがブレイクする?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年にヒットしたものと言えば、いわずもがなの「ブログ」です。IT業界だ
けでなく、書籍化、ドラマ化、果ては流行語大賞にもノミネートされ、完全に
市民権を得た感じです。

ブログと時を同じくして話題になったものに「ポッドキャスティング
(Podcasting)」がありました。ブログで音声を配信し、それをiPodで聴くと
いう仕組みです。正直なところ、こちらはブログほどはヒットしていないとい
う印象です。

聴くのに必ずiPodが必要という訳ではないので、そうした環境の問題だけでは
なさそうです。やはり物量的にポッドキャスティング自体が少ないというのが、
一つの要因としてあるのでは、と考えていました。

そんなことを考えていたところに、Appleからソフトウェア「iLife」のバージョ
ンアップが発表されました。Intel Insideという注目すべきハードウェアも発
表されたのですが、ウェブマーケティングの観点からすると、断然の注目は
「iLife」です。

もともと「iLife」はコンシューマ向けのソフトで、写真管理や動画管理をする
ためのMac用のソフトウェア群でした。そこにレコーディングソフトの「GarageBand」
が加わり、今回のバージョンアップにより、ラジオ放送曲の機能が加わってし
まいました。

・プリセットされたサウンド
・エフェクトなどのラジオエンジニア機能
・iChat(メッセンジャー)で音声チャットしながら録音可能
・ビデオからサムネイルを自動で取得しつつレコーディング

など、手軽にポッドキャスティングを始めるためのツールが8,800円で手に入っ
てしまうのです(もちろんMacも必要ですが)。

8,800円のパッケージにはアプリケーションが5つも入っていて、「iWeb」とい
うアプリケーションを使えばポッドキャスティングを簡単にインターネットに
公開することもできます。

と、このようなポッドキャスティング普及前夜のような環境がいきなり整って
しまい、2006年はポッドキャスティングがブレイクする! という予感を持ちま
した。会社としても対応していかないといけないですね。

iLife
http://www.apple.com/jp/ilife/

GarageBand
http://www.apple.com/jp/ilife/garageband/

GarageBand - 英語の詳細情報(動画のデモあり)
http://www.apple.com/ilife/garageband/

» このコラムの個別ページを見る | 2006年01月11日

≪Back  2345678910|11
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。