【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2005年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2005年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2005年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  23456|7|891011 Next≫

MovableTypeで企業サイトを構築する場合の4つの弱点と解決手段

  このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の記事はブログツール(MovableType)のカスタマイズテクニックに関する
ものです。不要な方は読み飛ばしてください。

最近の弊社への新規引き合いはほとんどがブログがらみになってきています。
そのうち半分以上がいわゆるブログの体裁ではなく、企業サイトのCMS(更新ツー
ル)としてブログを利用することを希望してきます。もともとブログは時系列
情報を整理して表示する機能は優れていますが、カテゴリーにしたがって階層
的なつくりをした場合ににはいくつかの問題点があります。

また、既存のサイトからのリプレースの場合はさらに難しい点も出てきます。
ブログツールMovableType(以下MT)を使って企業サイトを構築した際、大き
く分けて4つの課題があげられました。

1.既存ページからのリプレースに伴うページ名の変更
2.カテゴリーページ内に掲載できるコンテンツの限界
3.問い合わせフォームなどエントリーページとは別のスクリプトで作った際
のメニュー表示などブログとの連携
4.エントリーページでのメニュー表示(兄弟ページのリンク表示)

まずは1番目のファイル名に関しての問題です。検索エンジン対策などを考え
ると今までそれなりに効果を発揮してきているページのファイルを他のURLにし
てしまうのは非常にもったいないことです。これに対応するため、カテゴリタ
イトルの欄にフォルダ名、エントリーのキーワード欄にファイル名を入れて、
ファイル名の書き出しルールを変更して対応しました。ただしこの方法は、エ
ントリーを追加する際、必ずキーワードを入力しなくてはならないという運用
負荷も発生します。

2番目のカテゴリーページに個別コンテンツを追加する課題ですが、通常は
「カテゴリーの説明」の欄に個別HTMLを入れるのですが、今回は1番目の課題
を解決するための「カテゴリーのタイトル」にフォルダ名、「カテゴリーの説
明」にカテゴリーのタイトルを使っています。そのため、すでにカテゴリー関
連のフィールドはすべて使ってしまいました。そこで「テンプレート・モジュー
ル」の機能を使ってカテゴリーのタイトルと同じ名前のモジュールを作ります。
その中にカテゴリ毎に個別のHTMLを記述します。呼び出しはカテゴリのテンプ
レートから行います。これでカテゴリーページに個別のコンテンツが入れられ
る様になりました。ただしこの方法はカテゴリを追加した際に、必ず同様の名
前の「テンプレート・モジュール」を作る必要があります。(なお、PHPから呼
び出す形式に変更すると上記作業は不要になります)

3番目と4番目に関してはMTの標準機能では実現は非常に難しいです。エント
リーを追加した際に、すべての関連するページをリビルドするという作業を行
えば可能にはなるのですが、現実的ではありません。そこでこの部分に関して
はPHPを利用します。どちらの課題もメニューを表示する為の仕組みが必要であ
るため、カテゴリー別メニューのHTMLを書き出すアーカイブテンプレートを作
ります。(MTの機能です)その後、ウェブログの設定-> アーカイブ画面で先ほ
ど作ったテンプレートとカテゴリー別アーカイブを結びつけたメニュー用アー
カイブを作ります。ファイル名は「cat_menu_<$MTArchiveCategory dirify="1"
$>.htm」の様にしてカテゴリータイトル毎のメニューHTMLが書き出される様に
します。あとはエントリーアーカイブや問い合わせページからPHPスクリプトで
<?php require "cat_menu_<MTEntryCategories><$MTCategoryLabel$>
</MTEntryCategories>.htm"; ?>と書けばエントリーを追加すると自動的に各
ページのメニューが追加されます。ただし、この方法はhtmという拡張子でもPH
Pが実行できるか、または拡張子をすべて.phpにする必要がありますので、注意
が必要です。

今のところ少し強引なやり方ですが、これで企業サイトの構築もブログで可能と
なりました。メニュー部をPHPにすることで、かなり自由にカスタマイズするこ
とも可能となりました(カテゴリーの表示順を制御したり、ブログメニューの間
に通常ページのリンクを追加するなど)。

高価なCMSを導入する経済的体力はないが、ページの更新は頻繁に行いたい、そ
んなニーズが増えてきている昨今、MTの弱点を補って簡易CMSとして企業サイト
を構築するのも一つの手かもしれません。ご検討の際は上記4つの課題を考慮
しましょう。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年07月27日

トップが本気で取り組むことがホームページの営業活用につながる

  このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、1998年から成功報酬方式でホームページ運営を任せていただいている
会社の社長と話をしました。この会社のホームページ運営をはじめた当時は、
様々な会社に「ホームページを営業に活用しましょう!」と伝えても、

「パンフレットと同じでいいよ」
「格好いい動画のようなものを見せたいね」
「とりあえずあればいいよ」

という声が多くありました。ホームページで営業活動を補完することを具体的
に実行できた会社は、少数派だったのではないでしょうか。

そんな中、この社長と「これから先はネットで営業をする時代だ」と意気投合
し、どうやったら顧客と出会えるか?どうすれば問い合わせにつなげられるか?
といったことを共に考えて行動してきました。あらゆる試行錯誤をしていたた
め、だいぶ後になってSEOという言葉が一般的になってきたほどです。

書籍『その営業はもう、ホームページにまかせなさい!』の発売報告もしたの
ですが、ようやくこういう本が出るようになったかと、これまでの試行錯誤と
そこから出てきた顧客獲得という結果に自身を深められたようです。

この会社の他にも成功報酬でホームページ運営をしている会社がありますが、
われわれイーナチュラルが担当している会社に限らず、ネットを有効活用でき
ている会社には共通していることがあるようです。

会社のトップが「本気でインターネットを営業に活用しよう!」
と、思っていることです。

社長なり、事業部のトップなり、上層部が本腰を入れているところは、ネット
にかける情熱もコストも、そして効果も違ってきます。競合が始めたから、と
りあえず、SEOやブログがいいらしいね、などと後追いの姿勢ではうまくいくは
ずもありません。どれだけ、本気で取り組めるかどうかです。

人と人、個人と企業、企業と企業がコミュニケーションをとることができるイ
ンターネット、営業に電話は必要無い!という言う人がいないように、営業に
ネットが必須という時代はもうすぐそこかもしれません。

業種や取扱商品、顧客層によっては、ホームページの営業活用に得手不得手が
ありますが、ネットを営業に活用するメリットや可能性が多ければ、本気で取
り組んでみる価値はあるでしょう。

先週末より発売されました『その営業はもう、ホームページにまかせなさい!』
ですが、おかげさまで全国各書店の「ビジネス>営業」コーナーに平積みされ
ていることが多いようです。是非お手にとってみてください。書店によっては、
「ビジネス>新刊」「ビジネス>IT」「コンピュータ>ホームページ」などの
コーナーにあるかもしれません。

近くの書店でみつからない場合は、Amazonがお薦めです。
「ビジネス・経済・キャリア > IT・e-コマース」のページでは
「営業マン必見の新営業スタイルはこれだ!」という見出しで大きく掲載して
いただいています。すぐ下には「トップセラー」として、「ビジネスブログの
つくりかた」が掲載されていました。

『その営業はもう、ホームページにまかせなさい!』
http://www.enatural.co.jp/book/

Amazon ビジネス・経済・キャリア > IT・e-コマース
http://tinyurl.com/88tvm

» このコラムの個別ページを見る | 2005年07月27日

私の個人情報が流失したようです

  このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天市場から初めての個人情報流失事件があり、各所で話題になっていますが
皆さんはご存じでしょうか? 実は、私も軽く被害者です。


楽天市場の店舗での取引に係る個人情報の流出について
http://www.rakuten.co.jp/com/faq/information/20050723.html


正確には、楽天市場に出展しているAMCという店舗を利用したユーザーのうち、
123名分の個人情報(氏名・住所・クレジットカード番号など)が流失したそう
です。私もこの店舗を利用したことがあったようで、楽天からお詫びのメール
が届きました。

この店舗を利用した記憶などさっぱり忘れていたのでハテナという感じだった
のですが、楽天の購入履歴をチェックしたら確かに3年前に買い物をしていまし
た。(電動キックボードなんか買ってましたよ、私…)

幸いにもこの123名に私は含まれていないとのことでしたが、万一に備えてクレ
ジットカード番号を変更しました。それに伴い、各種サービスに登録している
クレジットカード番号も変更しなければならず、結構な面倒事になってしまい
ました。

情報流失のあった店舗が大変なことになっているのは言うまでもなく、現時点
でサイトは一時閉鎖となっているようです。直近の売上げに大きな影響を与え
るのはもちろんのこと、失った信頼を取り戻すのも大変だと思います。

下記の記事によれば、楽天の店舗管理システムは各店舗がCSV形式で顧客情報を
ダウンロード出来るようになっているそうです。今回は、このファイルが何ら
かの形で流失したのではと言われています。


【続報】楽天の情報流出、加盟店でのカード情報管理体制が明らかに
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NC/NEWS/20050726/165259/


店舗は、ダウンロードした情報を使ってクレジットカードの与信をしたりする
そうです。一方で、楽天では店舗の代わりに与信を取るR-Card Plusというサー
ビスを提供しているのですが、手数料が余計にかかるということで導入に及び
腰の店舗もあるようです。

確かにコスト増は大きな負担ですが、一方でクレジットカード番号という「リ
スク要因の大きい情報」の管理からは解放されます。単なる決済代行サービス
ではなく、情報管理代行という機能も考慮して、コストを見極める必要がある
のではと思います。

お客様とホームページの企画で話をしていると、アンケートや懸賞といった顧
客情報取得を目的とした企画が持ち上がることがあります。

顧客情報を獲得することは確かに重要ですが(実際は取得した情報を如何に活
かすかが重要ですが)、同時に情報を保持することのリスクも十分に意識する
必要があると思います。安易に個人情報を取得することは、メリットどころか
リスクにも繋がりかねないのではないでしょうか。

「情報を持つこと」と同じくらい、「情報を持たないこと」もこれからは必要
とされるのかも知れません。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年07月27日

3倍間違われているキーワード

  このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん初めまして。イーナチュラルの新人、愛媛出身の筒井大作(つついだい
さく)です。五月にイーナチュラルに所属するまでの10年間は、地元でグラフ
ィックデザイナーをしていました。これから隔週でメルマガに登場しますので
宜しくお願いします。

今回の数字は「3倍」です。
もし、これから住宅購入を考えるときに、やはり毎月のローンが真っ先に気に
かかると思います。こういうときにネットは便利なもので、ローンをシミュレー
ト出来るページを公開しているホームページも数多くあります。

そこで、こういったページがどれくらい検索されているのか少し気になったの
で調べてみることにしました。検索数を調べるのにはオーバーチュアが提供し
ている「キーワードアドバイスツール」を使いました。
http://inventory.overture.com/d/searchinventory/suggestion/?mkt=jp


「住宅」「ローン」「シミュレーション」の組み合わせで検索された数が3千
弱。思ったよりも少ないなと思ったときに、「シミュレーション」という言葉
に引っかかるものがあって、「シュミレーション」に変更して調べると、なん
と8千の検索数がありました。

実はこの検索数は半年前にも調べたことがあったのですが、グーグルとヤフー
では「シュミレーション」と検索すると上部に注意がでるので、時間が経てば
正誤の差が縮まるのでは?と考えていたのですが、やはり同じ結果でした。

「シミュレーション」だけであれば正しい表現の方が多いのですが、それでも
8千対6千と、単なる間違いというには多く、特に住宅関連では3倍近く間違
われています。日本語には表現のゆらぎや、平仮名、片仮名、送りがななど、
バリエーションも多いので、他にもこういったキーワードが数多く存在すると
考えられます。その中にはホームページへの誘導に直接関わる重要なキーワー
ドもあるはずです。

運営側が正しいと思う言葉と、検索する側が正しいと思う言葉。すれ違いがな
いか、改めて調べてみると思わぬ発見があるかもしれません。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年07月13日

その営業はもう、ホームページにまかせなさい

  このエントリーをはてなブックマークに追加

7月22日に、イーナチュラルの書籍第2弾が発売されます。

「その営業はもう、ホームページにまかせなさい」
http://www.enatural.co.jp/book/
翔泳社 \1,470(税込) 齋藤伸也(著)

経営者や営業マンの方に向けた書籍で「ホームページを活用して営業ができま
す」という内容です。現場でインターネットを活用できそうなヒントもちりば
めていますので、営業の最前線にいらっしゃる方々に是非読んでいただきたい
書籍です。構成は次のようになっています。

【目次】
1章 新規開拓営業はホームページにまかせよう
2章 ホームページをできる営業マンにする方法
3章 営業マンのノウハウをホームページに活かす
4章 こんな会社はホームページ営業マンを活かせない
5章 ホームページを営業マンとして120%活かすための心がけ
6章 これからの「できるリアル営業マン」がやるべき仕事とは何か?
7章 営業マンのための情報収集術

特に新規開拓営業に焦点をあてた内容となっていますので、新規開拓に苦労し
ている方々に読んでいただくと嬉しいです。苦労の連続だった新規開拓営業に
ホームページを加えることができれば、営業マンが楽をできるのではないでしょ
うか。

7/14頃から約1週間、下記の書店で先行発売として店頭に並ぶ予定です。お近く
の方がいらっしゃいましたら、足を運んでいただければ幸いです。

紀伊国屋書店 新宿本店
http://www.kinokuniya.co.jp/04f/d03/tokyo/01.htm
紀伊国屋書店 新宿南店
http://www.kinokuniya.co.jp/04f/d03/tokyo/02.htm
八重洲ブックセンター 八重洲本店
http://www.yaesu-book.co.jp/floormap/

表紙のデザインも一風変わっていて、白、黒、黄の斬新な色づかいです。書店
でもけっこう目立つのではないでしょうか。発売に合わせて書籍サポートブロ
グもオープンしますので、諸々お楽しみに。

「その営業はもう、ホームページにまかせなさい」
書籍サポートブログ(オープン準備中)
http://www.enatural.co.jp/book/

また、先日より会社のロゴマークを新しくしました。
シンプルで良い具合に仕上げてもらいました。
http://www.enatural.org/archives/001667.html

最後に、メルマガの内容を少しだけアレンジしました。配信スケジュールはこ
れまでと変わらず月2回で、下記の3本の執筆者の持ち回りでコラムを書いてい
きます。

コーナータイトル (第2水、第4水)
(●)ネットで○○する時 (小暮、田中)
(●)ホームページをできる営業マンに!(齋藤、齋藤)
(●)現場でみつけた気になる数字 (筒井、福井)

今回はほとんど告知になってしまいましたが、ホームページを営業に活用する
ためのコラムを続けていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年07月13日

≪Back  23456|7|891011 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。