【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2005年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2005年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2005年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  12345|6|78910 Next≫

問い合わせをする人は、どんな行動をしているのか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページの効果検証をする際、何らかのツールを利用してアクセス解析を
することが必要になります。イーナチュラルでも「いちにのアクセス解析
http://www.12no3.com/access/ 」というASPタイプのアクセス解析ツールを提
供していますが、サーバー付属のもの、インストールして利用するソフトウェ
ア、無料でレンタルできるものなど各種ありますので、必要な機能に合わせて
選ぶと良いでしょう。

さて、ホームページを運営するからには何らかの成果を求めるはずです。問い
合わせをして欲しい、資料請求をして欲しい、購入して欲しいなど、顧客や見
込顧客を数多く集められることを期待するでしょう。アクセス解析でこれらを
捕捉するには、一工夫が必要です。

問い合わせをメールで受け取る場合は、メール送信フォームに利用することが
多いと思います。メール送信フォームから送信した後に表示させる送信完了ペー
ジのアクセス解析をするのです。送信完了ページを作成し、ASPタイプのもので
あればそこのスクリプトを挿入するだけでOKです。そうすると、送信完了ペー
ジを閲覧する人はメール送信フォームを送った人だけ、つまり問い合わせ者と
いうことになります。ここに焦点をあてて、アクセス解析をするのです。

企業向けシステム販売の会社をサンプルに、解析をしてみました。そうすると、
問い合わせをする人としない人には、何ページ閲覧したかを示すアクセス数に
も大きな差が出ることがわかります。

----------------------------------------------------------------------
ホームページ全体の平均アクセス数(閲覧ページ数/訪問者数)
4.8 ||||
----------------------------------------------------------------------
問い合わせをしない人(送信完了ページ未閲覧者)の平均アクセス数
4.6 ||||
----------------------------------------------------------------------
問い合わせをした人(送信完了ページ閲覧者)の平均アクセス数
28.9 ||||||||||||||||||||||||||||
----------------------------------------------------------------------

ホームページ全体の平均アクセス数だけを見ると、数ページ閲覧してから問い
合わせがされるのかな?とも思ってしまいますが、問い合わせをする人としな
い人の行動には大きな差があるのです。

平均して28.9ページも閲覧されているるとは、問い合わせをする前にかなり熱
心に閲覧しているということがわかります。これ程の数字となるのは、サンプ
ルとなっている企業が導入や資料請求に際して吟味が必要な商材だから、とい
うことも言えます。衝動買いできるものや、気軽に資料請求できるものなど、
商材によっては数字も変化しますので注意が必要です。

ホームページには色々な人が訪れます。熱心に閲覧をして問い合わせをしてく
れる人もいれば、逆に自分の思っていた内容と違うなどの理由でたった1ページ
を閲覧しただけでどこかへ行ってしまう人も多いのです。1ページで去るような
人は問い合わせをしない人に多く含まれていますので、平均を大きく押し下げ
ます。

問い合わせをしてくれるような人はよくページを閲覧する、これだけでは何を
どうして良いかわかりません。企業として欲しいのは顧客や見込顧客ですから、
これらの人の行動に着目して解析をする必要があるということです。

・問い合わせをする人がよく利用する検索キーワードは何か?
・問い合わせにつながる広告は何か?
・問い合わせをする人がよく閲覧するぺージはどこか?

このようなところからニーズを探り出し、それに対応したホームページへと変
化させていくことが必要です。サイト全体を把握することはもちろん、自社が
求めている顧客の動きを知るのです。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年08月24日

ホームページ制作会社を選択する

  このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットが本格的な普及を始めた20世紀末、「とにかくホームページを
持つこと」が企業としての一種のステータスで、それこそ雨後の竹の子のよう
にホームページが立ち上がった時期がありました。

あれから5年ほど経って時は21世紀となりましたが、昨今のブログブームも手伝っ
てか、第2のホームページブームが訪れつつあるように感じます。

さて、ホームページ構築の問い合わせをいただいたお客様とお会いし、いざ話
をしてみると「ホームページにアクセスするとバーンとFlashが表示されて、商
品ページでは動画をふんだんに使って…」となることがあります。

このメールマガジンの読者の方であればご存じかと思いますが、弊社の得意と
するところはWebマーケティングをバックグランドとしたホームページ作りです。
Flashや動画などを使った「ビジュアル重視」のホームページ制作は、やってや
れないことはないけど弊社の強みを活かすことの出来ない分野です。

一口にホームページ制作会社といっても、その得意分野は思った以上に違うも
のです。なにぶん新しい業界なので、外から見ると違いは分かりにくいかもし
れません。制作会社をタイプ別に分けると、以下のような感じになるでしょう
か。


□デザイン会社系
元々は広告物・各種ノベルティ・イラストなどを手がけていたデザイン会社が、
ビジュアルつながりということでホームページ制作も手がけるようになったケー
スです。当然ながら、見た目に美しいホームページを制作することには長けて
います。

ただし、Webマーケティング的要素はあまり考慮されないケースが多いようです。
現在、ホームページ制作会社でもっとも多いのは、このタイプの制作会社かも
しれません。


□印刷会社系
ホームページを作りたいけどどこに頼んで良いか分からないという企業が、出
入りの印刷会社に相談するケースも少なくないようです。最近では、中規模以
上の印刷会社になると、ホームページ専業の部門を持つ会社も増えています。

一方で、ホームページ制作は印刷物受注のための「営業活動」的扱いで、実際
の制作はデザイン会社に外注というケースもあるようです。


□コンサルティング会社系
ホームページを企業の営業ツールのひとつと捉え、ホームページが具体的なメ
リットをもたらすようになることを主眼にして、制作活動を行っていきます。
SEO・SEMなど、Webマーケティング的な知識も豊富です。

Webマーケティング的な有利な作りと、ビジュアル的な表現の豊かさの間にはシー
ソーのような関係があります。また、マーケティング調査などに充てる予算も
大きくなるので、必然的にデザインの予算が圧縮されることもあります。その
ため、デザイン会社が得意とするFlashなど多様したホームページと比べると、
見た目的に簡素になることが多いです。

ちなみに、弊社はこのコンサルティング会社系に属することになります。


それぞれは優劣をつけるものではなく、自社の目的に応じて選択をすべきもの
です。

例えば、ホームページを通じて自社のブランドイメージを醸成していくことが
目的であればデザイン系の制作会社を選択したほうがベターでしょうし、ホー
ムページを問い合わせ窓口として活用したいのであればコンサルティング系の
制作会社の方が望ましいでしょう。

自社がホームページを持つ目的を明確にし、その目的にあわせて制作会社を選
択することが、ホームページ制作のはじめの一歩です。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年08月24日

60ページのビジネスブログ

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスブログを構築する際に、公開前からある程度の記事をいれておかない
と、いざ公開したときにせっかく訪問者が来ても内容が全く無い。なんてこと
になりかねません。

そこで、テンプレートがある程度出来上がって最終形に近い形になった段階で、
細部の調整と記事の投稿を平行して進めることがあります。するとなんと、公
開前に60ページを超えることがあったのです。ページ数は多いのですが、ブロ
グなので記事の投稿はイーナチュラルではなく、お客様自身です。

ブログとはいっても、「ビジネスブログ」としてまるで通常の企業ホームペー
ジかのように作ってありますので、見た目からはブログで出来ていると気付く
人は少ないサイトです。

もし同じ物をブログではなく手作業で1ページずつ作ったら、1文字修正するの
にもFTPソフトでアップロードが必要で、ページの構成が変われば、リンク先
も全てチェックしないといけなくなります。そうすると当然コストも段違いで、
ブログが「企画構成+ブログシステム+テンプレート(数枚)」が主な費用であ
るのに対し、通常のページでは「企画構成+ページ単価×60」が主な費用とな
ります。個別記事ページに絞って考えれば10倍近く変わってきます。
しかもブログなら公開後に自分で記事を追加することができるのです。

何もかもがブログシステムを使えば良いということはありませんが、サイトの
構成や見せ方を少し工夫することでコストを抑えて、閲覧者にブログであるこ
とを意識させずに企業のホームページとして、ブログの利点を活用することが
出来るのです。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年08月10日

ブログでSEO

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログはSEOに効果的ということがよく言われていますが、ビジネスブログを実
際に公開運営されてみて、実感はいかがでしょうか? もしくは、自身で検索
をした際、ブログが検索結果上位に表示されている確率はいかほどのものでしょ
うか?

見た目だけを重視してHTMLの論理的な仕様をまったく考慮せずに作られたホー
ムページが多かったおかげで、構造面がしっかりとしたブログで公開された記
事を、検索結果上位でみかけることが多くなりました。運営しているブログの
内容や、検索するキーワードによってもマチマチですが、検索結果上位に表示
されたブログを閲覧する機会が多くなっているようです。これが、ブログはSEO
に効果的と言われる理由でもあります。

SEOにマッチしたブログの基本的な構造とは次のようなものです。

・1記事が1ページとなっている
・検索エンジンが理解しやすいHTMLで作成されている
・リンクが張り巡らされている

といったブログの構造面の特徴がSEOに効果的なことは確かですが、中には検索
エンジンが理解しにくいHTMLとなってしまっているブログなどもありますので、
実際の活用には注意が必要です。さらに効果的にSEOをするためには、ブログ自
体のカスタマイズも行う必要があるでしょう。そして、ブログでSEOを実現する
には、構造面の他にどうしてもはずせないもう1つあります。


【お客さんが知りたい思うキーワードを含むコンテンツを公開することです】


ブログの構造面は完璧!というブログを公開したところで、まったく記事がアッ
プされなければ、検索結果上位に表示されようにもどうにもなりません。逆に、
いくらお客さんが望む検索キーワードで記事を公開し続けたところで、ブログ
の構造面が検索エンジンにマッチしたモノでなければ、上位表示を達成したく
てもできないものです。

・ブログの構造をSEOに合わせてしっかりと作り
・望まれるコンテンツを公開する

この2点が揃うことで、はじめてブログでSEOが実現します。料理人が道具とな
る包丁をよく研ぎ、お客さんが旨いと思う料理を作るのと一緒です。道具とな
るブログをよくチューニングし、お客さんが求めるコンテンツを公開するので
す。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年08月10日

ブログの“投げ銭”システム

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット検索結果の上位にブログが表示されるのは当たり前になりました。「あ
あ~、この記事で助かった! ありがとうございます」と思わず画面の前で手を
合わせている人もいるのではないでしょうか?

そんな時に、お礼をする仕組みとして、以前から“投げ銭”が言われています
が、決済の方法や執筆者本人への還元の仕組みなどの課題から、あまり現実的
な話としては聞こえてきませんでした。

しかしここにきて、ライブドア、はてなとブログをリードする企業から“投げ
銭”のシステムが発表されています。

ITmediaニュース:livedoor Blogに“ポイント投げ銭”システム
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/02/news089.html

はてな、はてなブックマーク登録エントリーにポイントを送信できる機能
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/10686.html

ライブドアは、livedoor Blogに専用バナーを貼るだけというシンプルな方法。

はてなは「はてなダイアリー」以外のブログでも、簡単なソースコードを貼り
付けるだけではてなポイントを受け取れるのが大きな特徴です。つまりはてな
以外のブログとはてなポイントが連携する機能が実装されています。

はてなポイントの付与ははてなブックマークのブックマーク時に行われるよう
になっています。

特にはてなポイントは楽天スーパーポイントに変換することができますから、
はてなという閉じた場所だけでなく、普通の買い物に繋がるのも魅力です。

そしてこの仕組みはブログに限定されるものではないので、“投げ銭”の標準
プラットフォームとして、はてなポイントが利用される可能性も高いかもしれ
ません。

現在はGoogle AdSenseやアフィリエイトプログラムに限定されるブロガーの収
入に、はてなポイントという新しい仕組みが登場したことにもなります。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年08月10日

≪Back  12345|6|78910 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。