【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2005年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2005年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2005年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  1234|5|678910 Next≫

Ajaxでえーじゃん

  このエントリーをはてなブックマークに追加

日々様々な言葉が新たに登場するWeb業界ですが、その中でも最近よく目にする
「Ajax(エイジャックス)」という言葉をご存じでしょうか?

Ajaxは、Asynchronous JavaScript + XMLの略称で、技術的にはJavaScriptと
XmlHttpRequestを利用し、シームレスなユーザーインターフェースを実現する
技術の総称をさします。

はい、と言っても全然分かりませんね(笑) 技術面に明るくない私なぞは、
てんでピンときません。百聞は一見にしかずということで、ここは実際にAjax
を利用したサイトを見て、何が出来るのかを確かめた方が早そうです。

Ajaxが、現在のような脚光をあびるきっかけのひとつになったサービスに、ご
存じの方も多いと思われる「Google マップ」があります。


Google マップ
http://www.google.co.jp/maps


Google マップがそれまでの地図サービスと大きく異なるのは、枠外の地図や拡
大した地図を表示されるのに、画面遷移を伴わない点が挙げられます。地図を
マウスでドラッグすることで自由に移動させることができ、スライダーを上下
させることによって、拡大縮小も自在に可能です。

画面遷移を伴わないことで、地図の「繋がり感」をより直感的に把握でき、既
存の地図サービスを脅かすような存在になりつつあるようです。

同様の仕組みは、FLASHや専用のCGIプログラムなどを使えばこれまでも可能で
したが、Google マップではAjaxを利用して、ブラウザの標準機能だけで実現し
ているのが特徴です。

ユーザーにとって、分かりやすいインターフェイスを提供する技術のひとつと
して、Ajaxは私たちのホームページでも今後利用されうる可能性のある技術だ
と思います。

例えば、よくある商品検索の画面も、Ajaxを利用することで下記のようなイン
ターフェイスを提供することが可能です。株式会社はてなのCTOである伊藤直也
氏による、アマゾンの商品検索をAjaxで実現したデモサイトです。


ECS with Ajax
http://naoya.dyndns.org/~naoya/ajaxecs/


実際に検索をしていただくと、Ajaxを利用したインターフェイスの神髄を体感
いただけると思います。

上記はあくまで一例ですが、例えば入力された条件によって異なる項目を表示
するメールフォームや、より直感的なショッピングカートなど、アイディアし
だいで様々な可能性が考えられるのではないでしょうか。

私たちが実用レベルで利用できるようになるのはもう少し先の話になるかも知
れませんが、Ajaxという言葉を覚えておいて損はないと思います。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年09月28日

ページデザインで気をつける4つのポイント

  このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトを構築する中で、様々な工程がありますがやはりデザインを気にされる
方も多いと思います。私が10年間デザイン業務をしてきた経験から、気をつけ
るべきポイントを4つ挙げます。

1.デザインをするためには設計が必要です
一般にレイアウトというとデザインの領域でもありますが、ホームページでは
メニューの位置や、最も伝えたい内容など、要素の配置はデザインよりも前の
設計段階で決めるべきです。見た目の良さや斬新さだけで決めると閲覧者が迷
う原因になりかねません。レイアウトだけでなく基準となる文字のサイズやカ
ラーコンセプトも設計の範囲です。

2.関係者の好みに偏らないようにする
サイト構築に関わる人は直接、間接問わず大勢います。経営者はもちろんのこ
と、社内の担当者や外注先の営業、ディレクター、デザイナーetc...
しかし、ホームページを実際に見て利用するのは閲覧者(=顧客、顧客になる
人)です。ターゲットにしている閲覧者層の嗜好を基準に考えましょう。

3.ディテールにこだわり過ぎないようにする
ホームページは閲覧者の環境によって違う見え方をする部分が多々あります。
例えば色はディスプレイや照明によってかなり変わりますし、テキストもブラ
ウザやパソコンに入っている書体によって大きさや折り返し位置なども変わって
しまいます。こだわりは大事ですが、ある程度はデザイナーなどに任せて、そ
れが目的にならないようにしましょう。

4.クリックしてもらえるデザインになっているか確認する
ホームページは最初に訪問されたページから次へ次へと、より詳しい情報を閲
覧してもらう必要があります。デザインに凝りすぎて、押せそうで押せないボ
タンのようなグラフィックがあったり、リンクテキストの色が他のテキストと
同じ色だと、内部で移動する前に混乱してホームページを去ってしまいます。

以上の4点は最低限気をつけた方が良い点で、実際にはもっと様々な要素が存在
します。いずれにしてもページデザインはサイト構築の1工程であるというこ
とと、「綺麗な・格好良い・斬新な・センスの良いデザイン」=「効果のでる
デザイン」とは限らないということを頭の片隅に置いておくと良いかもしれま
せん。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年09月14日

地図サービスを営業に活用してみる

  このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleローカルというサービスをご存じでしょうか?
http://local.google.co.jp/

Googleローカル は、場所と情報とを一度に検索できるGoogleのサービスです。
例えば、キーワードに「ラーメン」、場所に「銀座」と入力すれば、銀座周辺
のラーメン店をプロットした地図と、そのエリアにあるラーメン店の電話番号
・住所・関連するホームページなどをリストアップをしてくれるのです。

NTTのiタウンページ( http://itp.ne.jp/ )のように、場所を基点に地図と情
報を検索できるサービスは以前にもあったのですが、Googleローカルは地図の
移動や縮尺の切替などをマウススクロールでできる操作性も秀逸で、とても便
利なサービスになっています。

個人で利用する際には、近所のラーメン店を探す、近所の歯医者を探す、待ち
合わせ場所近くの喫茶店を探すなど「△△の近くで○○ないかなあ」といった
素朴な検索に利用できます。

ビジネス利用では、やはり訪問先の地図を確認するのに適しているでしょう。
そして、エリア+○○と対象を絞った営業活動にも向いています。例えば、中
央区の税理士事務所を順番にまわりたい、渋谷の美容室を順番にまわりたい、
などです。何らかのリストがあれば一覧はできますが、それが地図上でどのよ
うな位置関係にあるのかを知るのは意外に難しいものです。Googleローカルで
はあらかじめ地図にプロットしてくれるので、効率よく営業活動ができそうで
す。

ホームページ経由で問い合わせをいただいた方へ訪問する際にも、近くに他の
営業先が無いか調べられるというのも利点です。手に入る情報量が多くなった
だけに、このような情報と情報をつなぎ合わせてくれるサービスは助かります。
1回の外出を効率良くするためにも、使いこなせる情報は押さえておきたいと
ころです。

自社のホームページを営業に活用することはもちろん、他のホームページも営
業活動に役立てたいものです。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年09月14日

ブログのネタを探すとき

  このエントリーをはてなブックマークに追加

このメールマガジンの読者の中にも、会社や自分でブログを書いている人が多
いのではないかと思います。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)としての使い方ではなく、日記的に書
くブログは、読者との信頼関係を築き、個人を通じて会社に対する親近感を持っ
て貰うことができるという大きなメリットがあります。

私はブログで最も大切なことは「続けること」だと考えています。続けること
で読者とのコミュニケーションがより一層図れるますし、日常生活では繋がら
ないような人と出会えることもあります。さらにページ数が増えることでSEO効
果も期待できます。まさに「継続は力なり」なのです。

ブログは更新を簡単にするツールであり、アイデアをわき出させるためのツー
ルではありません。たくさん書くことで訓練になり発想力がつきますが、それ
も継続すればこそです。

ブログを利用するということは、徒歩からクルマに乗り換え、移動速度が格段
に速くなった、と考えると良いでしょう。人によってはスポーツカーにも、新
幹線にも飛行機にもなる可能性があります。

しかし、ブログを書いている人の多くが感じているのは、何を書いたら良いの
か分からない、ネタが続かないということではないでしょうか。

会社のブログの場合は制約もあるかと思いますが、できる範囲の中で継続して
いくことが大切ですので、いくつかブログ更新のヒントを挙げてみます。

・全く関係ない過去の点と点を繋げてみる

発想法の一つですが、全く関係ない事柄をつなぎ合わせて新しいアイデアを考
えてみる練習です。例えば味噌汁と広告。インスタント味噌汁にお湯を注ぐと、
広告入りの具が現れます。無料の販促グッズとして面白そう?

・読んだ本や記事に関して感想を書く

自分が読んだ本や新聞記事について感想を書きましょう。子供の頃から感想文
は苦手で‥‥という人もいるでしょうが、生きている限り何の感想もないとい
うことはあり得ません。自分だったらこうする、自分が同じ立場だったら、な
ど想像してみてください。

・海外のサイトをチェックする

海外サイトはネタの宝庫です。日本ではまだ紹介されていない技術や新しいデ
ザインのウェブサイトなどがあり、それを翻訳して紹介することは英語の練習
にもなります。私自身が経験していることですが、海外ネタは珍しく、ツボに
はまれば様々なところからリンクされ、アクセス数も膨大になります。もちろ
んビジネスに直結するアイデアを見つけ出すこともできるかもしれません。

・日本のサイトをチェックする

もちろん日本のサイトで紹介されている情報を紹介しても構いません。自身が
関連している業界のニュースサイトをチェックしていれば、それだけで情報通
になれますし、ニュースクリップとして引用し、自身の考え方を記しておくこ
とで、自分専用のデータベースとしても活用することができます。

最後にもう一点、ブログを書くコツです。不特定多数に向けて書くのではなく、
会社のスタッフなり尊敬している人なり奥さんなり、または30代子持ち男性な
ど、誰かを想像しながら書くと書きやすいこともあります。

またこのようにターゲットを決めて書いた方が、具体的にイメージでき、読者
の心に響きやすいという場合があります。

参考書籍:

考具―考えるための道具、持っていますか?
http //amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484032058/enatural-22/ref=nosim

アイデアのつくり方
http //amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484032058/enatural-22/ref=nosim

» このコラムの個別ページを見る | 2005年09月14日

1.7倍の訪問者

  このエントリーをはてなブックマークに追加

春先に、あるお客さんのSEOのコンサルティングを手掛けました。

大幅に変更する箇所がある為、優先的にできるところから行い、現在も制作会
社がチューニングを行っている最中です。SEOの要素として、外部の優良なサイ
トからどれだけリンクがもらえるか(被リンク)というのがありますが、企業
サイトの場合はほとんど当てがないのが実情です。このお客さんも例外ではな
く、外部リンクに関してはこれ以上期待できない状況でした。そこで、今回は
サイトの内部チューニングを優先して行い、その後外部リンク獲得の為の仕組
み作りをするという流れになりました。それから4ヶ月経過しましたが、ター
ゲットキーワードがそれなりに一般的な言葉であるため、現在ではまだ上位表
示はできまていません。1ページ目の後半に甘んじている状況です。

このお客さんは対策を行う前に事前調査として既存キーワードと、そのキーワー
ドからのゴール到達率(コンバージョン率)を知る為にあらかじめアクセス解
析を入れていました。そのため、SEO実施前との比較が細かくできました。訪問
者は実施前と比べて1.7倍増加です。これは狙ったキーワード単体ではそれほど
上位表示できなくても、複合キーワード(メインキーワード+サブキーワード)
ではそれなりの位置に表示されることが多くなったためです。サブキーワード
はいろいろな種類があり、アクセス解析では個別に表示されないほど件数が少
ないものです、ただし種類が多いため、実際にはかなりのアクセス数になって
いました。

「検索エンジン対策=特定のキーワードで上位表示」というのが一般的ですが、
実際にアクセスを見るとよほどメインキーワードが強くない限りは「検索エン
ジン対策=特定のキーワードを含む複合キーワードで上位表示」が現実的かと
思います。つまり1ページだけで特定キーワードの上位表示を狙うのではなく、
特定キーワードを含んだ複数のページで上位表示を狙うのです。

競合が多すぎるキーワードはキーワード広告でいいと思っても、実は複合キー
ワードでは上位表示のチャンスがあるので、メインキーワードはいろいろなペー
ジに含ませて検索エンジンから無料のアクセスを増やす努力は続けるべきです。
ページが増やせるブログでサテライトサイトを作るというのもこのあたりの理
由が大きいでしょう。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年08月24日

≪Back  1234|5|678910 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。