【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2005年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2005年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2005年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  1|2|345678910 Next≫

先取りキーワード「マッシュアップ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年の注目キーワードは流行語にノミネートされた「ブログ」に始まり
「Ajax」「Web 2.0」などがありました。Googleが示したJavaScriptによるWeb
アプリケーション群は「Ajax」として「Web 2.0」の世界を見せてくれました。

「Web 2.0」と聞くと何やら難しそうですが、簡単に言えばJacaScriptとデータ
ベースを高度に連携させた、あっと驚くWebアプリケーションといったところで
しょうか。Google ローカルはその代表格です。

Google ローカル
http://maps.google.co.jp/

そして2005年も終わりに近づいた今、また新しいキーワードが登場しています。
そのキーワードとは「マッシュアップ(Mushup)」です。

マルチメディア/インターネット事典によれば次のように説明されています。

DJの間でリミックスのスタイルで使われてきた、1つの曲からメロディーを、
もう1つの曲からボーカルを取り出すなどして、複数の曲を1つに合成して
新しい曲を作る手法で、痛烈に皮肉った風刺音楽などにも多く取り入れら
れています。

音楽の技法の一つということです。

新しいキーワードばかり追いかけていてもしようがないという意見もあります
が、しかし概念を示すには何らかのキーワードがあった方が伝わりやすいもの。
これまでもあったJavaSctiptによるWebアプリケーションが、Ajaxとネーミング
されて一気に花開いたことからも分かる通りです。

GoogleやAmazonが公開しているAPI(Application Programing Interface)を駆
使し、様々なマッシュアップが試みられています。Google Maps APIでマッシュ
アップした、いくつかの事例を紹介しておきましょう。

はてなマップ
http://map.hatena.ne.jp/

フォートラベル:世界地図で見る世界遺産ガイド
http://4travel.jp/map/?mode=sekaiisan

地図から検索 Find Job ! Maps β 『求人情報 Find Job !』
http://www.find-job.net/fj/mapsearch.cgi

いずれも既存のサービスに地図を組み合わせ、より直感的に利用できるように
なっています。たかが地図、されど地図だというこどかよく分かります。

時として、Googleにはしごを外されてしまう危険性もある訳ですが、こうした
チャレンジは新しい世界を見せてくれるものとして非常に貴重です。

来年はさらに「マッシュアップ」がクルでしょうか?

P.S.ちょっとマッシュアップとは違うかもしれませんが。

Google Maps APIシューティング挫折版
http://www.asahi-net.or.jp/~cs8k-cyu/javascript/gma_shmup_test/

» このコラムの個別ページを見る | 2005年12月14日

サイト連携の為の2つの方法

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログやWeb2.0などという言葉とともに、サイトとサイトのつながりが注目さ
れるようになってきました。また、1社で複数のサイトを運営するのもそれほ
ど珍しいことではなくなりました。そのため、外部の情報を自分のサイトに表
示させる方法が注目されています。ただし、その方法はJavaScriptからプログ
ラムを呼び出したり、PHPスクリプトをページ内に記述したりと今までプログラ
ムに携わったことのない人からは敬遠されがちなものです。ところが実際には
特定の「おまじない」を知っていればかなりのことができます。今回はこの
「おまじない」について述べます。

まずはPHPの場合。既存のページ内でPHPを動作させたい場合(拡張子が.htmや
.htmlのままPHPスクリプトを動作させたい場合)は.htacceessファイルに
AddType application/x-httpd-php .html を加えるなどする必要があります。
(サーバーによってはこの設定ができない場合もあります)これが完了したら
次は下記の「おまじない」を外部の情報を表示させたい場所に記述します。

<?php include("ファイル名"); ?>

上記の意味は「ファイル名」があったらそれを組み込みなさいというものです。
呼び出されるファイルはプログラムでなくても構いません。このファイル名の
部分はサイト外でも構いません。つまり

<?php include("http://www.12no3.com/test.htm"); ?>

とすれば指定した部分にhttp://www.12no3.com/test.htmがインポートされ表示
されます。つまりブログなどで特定カテゴリのリンクが入ったHTMLなどを書き
出し、それを他のサイトから上記方法で読み込むとサイトの連携ができます。
読み込みはページが呼び出された時点で行われるので、常に最新です。ブログ
でこの仕組みをサイト内で使うと最新一覧やメニューのエントリー一覧を常に
最新にすることができます。フレームで構築されているサイトを単独ページに
直したい場合もメニュー部分をこの方法で読み取ればすぐに実現可能です。
使い方次第で強力な武器になります。

次はJavaScriptで外部ファイルを呼び出す方法です。JavaScriptはブラウザ側
で実行されるスクリプトですので、サーバー側に設定する必要はありません。

<script type="text/JavaScript" src="ファイル名"></script>

これで呼び出し可能です。PHPと同様ファイル名はサイト外でも可能です。ただ
しJavaScriptの場合は呼び出されるファイルがきちんとJavaScriptの文法で記
述されていなければなりません。呼び出されるファイルは下記の様に記述しま
す。

document.write('表示したい内容');

そのため何らかの方法であらかじめJavaScript文を書き出しする仕組みをつく
らなければなりません。ブログの仕組みでも可能です。上記のPHP同様カテゴリ
別のリンクをJavaScript文で書き出せれば別サイトに最新のブログのリンクを
表示させることもできます。

プログラムはわからないから苦手という人も上記だけでしたらそれほど意識せ
ずに使いこなせるでしょう。ちょっとしたおまじないを覚えるだけです。ただ
しこの方法は万能ではありません。サーバーに負荷がかかったり、セキュリティ
ホールの原因となることもあり得ますのでご注意下さい。

サイト同士の連携というとなんとなく大げさに考えてしまいますが、実は基本
は上記です。セキュリティ対策のため、直接外部ファイルを呼び込まずに一度
チェックプログラムを通したり、エラー対策をしたり、汎用的に表示内容を変
更出来るように呼び出されるファイルがXMLと呼ばれるものになったりするだけ
です。

貴社サイトでも試してみてはいかがでしょうか?

» このコラムの個別ページを見る | 2005年11月23日

自社ホームページだけでは完結できないネット

  このエントリーをはてなブックマークに追加

・SEOしかり
・ブログしかり
・アフィリエイトしかり

ネット上でマーケティング活動を行うにあたって、自社のホームページの中だ
けを考えていれば良い、という時代は終焉を迎えつつあります。

・検索エンジンの仕組みが発達し
・誰もがネット上にコンテンツを発信できるブログが登場し
・アフィリエイトの仕組みが確立されてきた今

自社ホームページで都合の良いことだけを一方的に情報発信しているだけでは、
いずれネットマーケティングのアイデアが枯渇してくることでしょう。

これまでの情報の流れといえば、マスメディアから個人へ、企業から顧客へ、
という一方的な流れが中心でしたが、この流れが複雑化しています。ブログと
いう個人でさえも情報発信できる仕組みがあり、アフィリエイトがさらに促進
させ、検索エンジンを利用すれば誰でも様々な情報に触れることができます。

一つの商品について、企業からの広告メッセージと営業マンや販売員のセール
ストークだけで判断する時代は終わり、ネットという情報網を活用してその商
品の利用者や検討者などが発信する情報に触れたり、自分自身が情報発信者と
なることもできるのです。さらに、情報流通の環境はどんどん整備されていく
ことでしょう。

自社ホームページを活用するにも、そこから発信される情報がどのような流通
をして他所で紹介されるのか、してもらえるのか、それを促進されるしかけや
仕組みはどうか、といったことまでも考える必要があるのです。

書籍販売に限らずECの雄であるAmazonでは、自社で扱う全商品タイトルのSEOは
当然のこと、アフィリエイト(Amazonではアソシエイトと言う)を促進させる
仕組みを多数用意し、個人のブログなどでもAmazonのロゴや商品紹介を見かけ
ることがよくあります。Amazonのホームページの中だけでなく、外つまりネッ
ト全体を見据えた活動をしているのです。

これらのマーケティング活動をするには、顧客はもちろんのこと、情報仲介者
や競合など、様々な相手の立場にたって考えることが必要です。その上で、自
社がどのような振る舞いをするかを考えていくのです。ちょっとした考え方の
変化が必要かもしれませんが、ネットをうまく活用していくには欠かせないこ
とになるはずです。

このような考え方を張り巡らせた結果として、ホームページの中だけでなく、
外での情報流通も考慮してマーケティング活動を行っていくのです。

ホームページの外、ちょっと考えてみませんか?

» このコラムの個別ページを見る | 2005年11月23日

振り向けばGoogle

  このエントリーをはてなブックマークに追加

今、Googleがすごいことになっています。

Googleが単なる検索エンジンサービスの枠には収まらないだろうことは前々か
ら言われてきたことですが、ここに来て立て続けにリリースされる新サービス
や、サービス強化を見るにつけ、それが具体化な形になって姿を表しつつある
のを感じます。

私たちがインターネット上で何かをするとき、そこにはいつもGoogleがいる。
そんな未来を予感させられます。

一方でGoogleには一般ユーザーを寄せ付けない、どこか「マニア的」なイメー
ジがつきまとっているようにも感じます。それが、インターネットのあり方を
変えるようなサービスを矢継ぎ早にリリースしているにもかかわらず、その認
知度はイマイチという状況を生んでいるようにも思えます。

今回はおさらいの意味も込めて、最近リリースあるいは機能強化されたGoogle
のサービスをいくつかピックアップしてみたいと思います。

■Google ローカル
 http://local.google.co.jp/

Googleマップとは、最上部に表示される検索窓しか違いがないので、それと意
識しないで利用されている方も多いかもしれません。例えば、「ラーメン」
「渋谷」で検索すると以下のような結果が得られます。

Google ローカル:「ラーメン」「渋谷」
http://tinyurl.com/7h66y

ごらんの通り、地図にピン状のマーカーが現れ、クリックするとお店の情報が
表示されます。

これまでは、表示されるお店はタウンページの情報が利用されているといわれ
ましたが、最近になって自社の情報が登録可能な「Google ローカル ビジネス
センター」というサービスが開始されました。利用料は無料です。

Google ローカル ビジネス センター
http://www.google.com/local/add/lookup?hl=ja-JP&gl=JP


■Google Sitemap
 https://www.google.com/webmasters/sitemaps/login

これも以前から提供されていたサービスですが、先頃日本語版が提供されたこ
とにより、より取っつきやすくなったと言えます。

Googleに代表されるロボット型検索エンジンは、クローラーと呼ばれるプログ
ラムが情報を収集しています。Google Sitemapは、このクローラーが自社サイ
ト内を効率よく巡回出来るように補助する機能を提供します。

簡単に言えば、Google Sitemapを利用すれば「より正確に」、「より効率良く」
自社サイトの情報をGoogleに伝えることが可能です。

それの意味するところは、このメールマガジンの読者であればお分かりいただ
けるのではと思います。

▼関連記事
あなたのサイトをGoogleはどう見てる?--Googleサイトマップ日本語版が登場
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20091123,00.htm


■Google Analytics
 http://www.google.com/analytics/ja-JP/

ズバリ、アクセス解析サービスです。

Googleが買収したUrchin(アーチン)という有料のアクセス解析ソフトがベー
スとなっていますが、Googleは機能を強化したうえで無料で提供を始めました。
サービスのリリースと同時に申し込みが殺到し、現在は一時的に新規受付が中
止されています。

Google Analyticsの登場により、既存の有料アクセス解析サービスは大きな方
向転換を迫られることになり、機能そのものよりも得られた結果から何を読み
取るかに価値が移っていくだろうと言われています。


今後も、Googleは次々と新サービスをリリースしていくことでしょう。すごい
で終わるのではなく、それを上手に活用して自社のホームページに活かしてい
きたいですね。

» このコラムの個別ページを見る | 2005年11月23日

スタイルシートレイアウトの4つのメリット

  このエントリーをはてなブックマークに追加

通常、ホームページは「HTML」で作られています。
ページのレイアウトは最近まで、HTMLタグの中でも「テーブル」タグが利用さ
れているケースが多かったようです。
しかし、SEOやアクセシビリティに注目が集まり、本来テーブルタグは「表」を
作成するためのタグということもあり、標準化団体「W3C」によって、「スタイ
ルシート」によるレイアウトへの移行が推進されています。ではスタイルシー
トによるレイアウトでは一体なにが良いのでしょうか。

1)デザイン要素の共通化
たとえば、

<h1>見出し</h1>

というズバリ見出しになるテキストに対しての装飾は、スタイルシートで

h1 { デザイン要素 }

と指定しておくことで、毎回画像や色を指定する必要がなくなり、<h1>タグで
テキストを挟む事で装飾されます。各ページで同じスタイルシートファイルを
利用していれば、スタイルシート内のh1タグのデザイン要素を修正することで、
全ページの見出しのデザインが一括で変更されます。

2)HTMLが簡潔に
テーブルタグによるレイアウトでは<table>、<th>、<tr>、<td>などのタグが何
度も繰り返され、細かいデザイン制御のために何重にも入れ子になっている事
も多く、HTMLコードの一覧性に欠けていました。制作者でも把握が大変で、大
部分をオーサリングソフトに頼ることになります。
スタイルシートでは背景画像や配色、ボーダーなど多くのデザイン要素を、外
部ファイルに置いておくことが出来るのでHTMLは非常にスッキリします。

3)HTMLの修正が楽に
スタイルシートでレイアウトされたHTMLは、<h>:見出し、<p>:段落、
<ul><li>・<ol><li>:リスト、<strong>:強調、などのようにテーブルレイア
ウトでコンテンツが入る<td>に比べて、そのタグが何を示すのか、が判りやす
くなっています。
企業が自社内で更新をする場合にも、数種類のタグを覚えれば、ある程度の更
新が出来るようにすることも可能です。

4)SEOにも効果がある
SEOでは、<h1>見出し</h1>などの重み付けのあるタグ内のテキストや、コード
内でのテキストの位置など、HTMLの書き方ひとつとっても色々と影響する要素
があります。最近ブログがSEOに効果的だと言われているのは、ページを追加し
やすい事もありますが、ブログのテンプレートが多くの場合、スタイルシート
レイアウトでSEOに沿ったコードの書き方をされている。という点も大きく影響
しています。


ここまでは、良い事ばかりのようですが、移行期間である現時点では色々と問
題点も抱えています。最も問題なのはブラウザごとのスタイルシートの解釈の
違いです。特にシェアの高いインターネット・エクスプローラーでは、他のブ
ラウザよりも実装が遅く、多数のバグ、間違った表示等の問題を抱えているた
め、実際に制作を繰り返してノウハウを持っていなければ、多数のブラウザに
対応するスタイルシートを作ることが出来ません。

ホームページの用途によっては古いブラウザをサポートしなければならない事
もあり、メリットであるデザインの共通化が活かせない、もしくはスタイルシー
トが適用されている事が仇となることさえあります。また、上記のことから実
際の制作・運用ではスタイルシートの複雑化もあり、移行すれば全てが良くな
るとも言えないのが現状です。

それでも多くのホームページではスタイルシートレイアウトに移行することで
得られるメリットは決して小さくなく、これから構築やリニューアルをする際
には検討するべき項目だと思われます。

スタイルシートへの取り組みは、現在は海外で盛んになっています。
海外のサイトですがスタイルシートレイアウトのサイトを紹介するポータルが
ありますのでご紹介しておきます。

【CSS Vault】 http://cssvault.com/
【CSS Beauty】 http://www.cssbeauty.com/
【Stylegala】 http://www.stylegala.com/

» このコラムの個別ページを見る | 2005年11月09日

≪Back  1|2|345678910 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。