【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2004年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2004年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2004年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  67891011121314|15

自社未満のホームページ

  このエントリーをはてなブックマークに追加

正月の買い物で、欲しかったスニーカーが見つからなかったため、ネットで探
すことにしました。「ブランド名」「brand名」「ブランド名 品番」「brand
名 品番」「品番」などといったキーワードで、検索エンジンや各種ショッピ
ングモールで検索をしました。もともと品薄の製品だったようで、ネットでも
全くみつかりません。あっても色違いだとかサイズ違いばかりでした。

そんな中、唯一希望の色でちょうどいいサイズを扱っていたホームページを見
つけました。しかし、ホームページに電話番号や購入方法などが一切記載され
ていなく、普通だったら即ウィンドウを閉じてしまいそうなホームページだっ
たのです。お目当ての商品が欲しかったので、Yahoo!電話帳で住所と店舗名を
頼りになんとか電話番号を調べて電話をしました。

電話をしてみると、ホームページで抱いていた「ホントにここで大丈夫かなあ?」
という不安は一気に解消、「なんと親切なお店なんだ」に変わりました。購入
するかどうかわからない私に親切丁寧に対応していただきました。結局ちょう
どいいと思っていたサイズも、このブランドの場合は少し大きめのサイズを購
入しなくてはならないことをアドバイスいただき、メーカーに問い合わせをし
て電話をくれるとのことでした。

翌日に電話をいただき、結局メーカーにも在庫無しということで、残念ながら
購入はできていないのですが、是非ここから買いたいなと思わせる一連の対応
でした。今回は思い切って電話連絡をしたことでお店を知ることができました
が、ほとんどの場合ネット上だけでふるいにかけられてしまって、二度とチャ
ンスは訪れません。ホントはすごく良いお店なのに、損をしてるホームページっ
てたくさんあるんでしょうね。

・自社未満のホームページになっていないか?
・自社のことをよく表したホームページか?

など、あらためて確認したいものです。

» このコラムの個別ページを見る | 2004年01月14日

情報の握手

  このエントリーをはてなブックマークに追加

Weblogに注目が集まるのと同時に「RSS(RDF Site Summary)」にも注目が集ま
るようになってきました。主にWebサイトの更新情報が記述されたファイルで、
RSSリーダと呼ばれる専用ソフトで受信するのが一般的です。

RSSを使用すると最新情報を簡単に抽出することができるので、標準でRSSを備
えているWeblogをRSSリーダで読む人が増えています。またWeblogが増えること
でRSSにも注目が集まり、一般的なニュースサイトでもRSSを配信するところが
増えています。

CNET Japan
http://japan.cnet.com/info/rss

All About Japan
http://allabout.co.jp/rss/

いずれもRSSまたはRDFと書かれたところをクリックすると、実際のファイルが
表示されます。人間には分からないフォーマットなので、これを専用リーダで
読むわけです。

ホームページでの情報配信に始まり、昨年はメールマガジンが非常に注目を集
めた一年だったと思います。読者を集める方法や、メールマガジンをビジネス
にする方法など、あらゆる方法論が語られた一年でもあったと思います。そし
てSEOやキーワード広告など、SEM(Search Engine Marketing)が花開いた一年
でもあったと思います。

しかし大量消費されれば人は食傷気味になるもので、特にメールマガジンとい
うものに辟易してしまった人も多いのではないかと思います。もちろん本当に
良いメールマガジンの効果は高いようですが。

プロモーションメールは一人平均15種類、好まれるメールの条件とは?
http://www.enatural.org/archives/000851.html

このような中、なぜRSSに注目が集まるかと言えば、それは情報の出し手と受け
手の需要と供給が見事にマッチしているからではないかと、ぼくは考えていま
す。

現在は主に個人やニュースサイトの情報配信に利用されていますが、Eコマース
サイトが格安情報、お買い得情報を配信するようになったらどうでしょうか。
メールボックスに直接飛び込んでくる押しつけがましさはなく、各Webサイトを
巡回する手間もなく、好きな時に好みの情報をRSSリーダで閲覧するのです。

送り手としてはカテゴライズされた情報を配信することでターゲッティングが
できますし、受け手としても好みの情報のみを受信できるというメリットがあ
ります。システムをデータベース化すれば、これらの情報配信は自動化するこ
とも可能です。

「送りたいと情報」と「欲しい情報」が、緩やかにネット上で出会い握手する、
そんな世界がやってきそうな予感がします。新しい世界を予感させるからこそ、
加速度的にRSSが広まっているのではないかと思います。

レンタルサーバのロリポップでは、早速ショッピングカート機能にRSS配信機能
を取り付けています。月額250円の基本料金でクレジットカード決済まで利用で
きるそうで、利用者は嬉しく、同業者は恐ろしいサービスではないでしょうか。

Color Me Shop! mini
http://www.enatural.org/archives/000844.html

2004年のキーワードは「RSS」です。

» このコラムの個別ページを見る | 2004年01月14日

≪Back  67891011121314|15
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。