【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2002年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2002年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2002年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  45678|9|10111213 Next≫

データを記録しておくこと

  このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニエンスストアのレジにおいて、性別や年代を記録していることはご存
じかと思います。その属性データを持つ顧客が、いつ何を購入したのか? そ
のデータを記録することによって、天気、気温、季節行事、ワールドカップの
ような大きなイベント、地域のイベントの各種の要因を持つ日時にどのような
商品をどのような人が購入するのかがわかります。データを記録しておいたこ
とによって、仕入、在庫数、商品開発、商品の棚割、人員配置、出店計画など
を決める際の重要なデータとして活用ができるのです。

データを活用する。その第一歩が、データを記録することです。

Webサイトにおいては、基礎的なデータとなるものにアクセスログがあります。
一般的なレンタルサーバーにもアクセスログが表示されるものが多いですが、
そこから得られるデータには限度があります。一般的なものには

・各ページの閲覧数
・曜日や日付ごとの閲覧数
・接続されたドメイン

などです。これだけでもある程度の活用はできますが、一般的なものでわかる
のは「全体のデータ」です。本当に知りたいのは「ユーザー1人1人の行動」
に他なりません。ユーザー1人1人の行動の集合である全体データであれば、
活用の範囲が広いのですが、単なる全体データであればその活用範囲は狭まり
ます。

イーナチュラルのWebサイト運用のお手伝いをさせていただいているサイトでは、
Webサイトへアクセスされた方々のデータを記録しています。データと言っても
個人が特定できるわけではありません。

・Aという検索エンジンから来た人は、このようなページを見る傾向がある
・Bというリンク先から来た人は、何も見ずに帰ってしまう
・Cという検索キーワードが一番、サイトへの誘導効果がある
・Dという検索キーワードを入力した人は問い合わせをする確率が高い
・ページ内での誘導ではEがもっとも効果がある

といったような二次的なデータを引き出して仮説・検証ができるようなデータ
を記録しておくのです。コンビニエンスストアのレジでの性別、年代入力と商
品データの売り上げの組み合わせと同様に、ちょっとしたデータの組み合わせ
を記録しておくことによって、アイデア次第ではありとあらゆる活用ができる。
そんな、データの記録を心がけたいものです。

Webサイトのデータを記録しておくことによって、その効果がもっとも得られる
のはリニューアルの時ではないでしょうか。ああしてみよう、こうしてみよう、
という感だけでリニューアルをするのと違い、ああだからこうなった、こうし
たからああなった、という現実の生きたデータを踏まえたリニューアルでは自
ずと結果が変わってきます。

データを活用するには、有効なデータを記録することからはじめてみましょう。

» このコラムの個別ページを見る | 2002年06月12日

ホームページ閲覧に8秒ルール

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページを作成する際の意識する項目の一つに「ページが素早く表示され、
閲覧者に去られないようする」というものがある。8秒ルール(*1)とも呼ばれ、
8秒以内に表示されないページはあまり閲覧されずに閉じられてしまうという
ものである。

総務省の発表によると家庭におけるADSL回線の普及数が約300万世帯(*1)、ケー
ブルテレビを利用したインターネット接続も約150万とのことである。しかも現
在も伸び続けているのである。

では1ページあたりのコンテンツ量も回線の速度アップに従って変わったので
あろうか? 速度を比較するとアナログ回線の接続は平均40kbpsぐらい、ADSL
は400kbpsぐらいで接続されているので、約10倍になった訳である。しかしその
分ページのコンテンツ量を増やしても構わないのかというと、決してそのよう
なことはないようである。モバイルので接続、回線を複数人で共有している会
社からの接続、ダイヤルアップ接続もまだまだ大多数なのである。従って8秒
ルールの基準は自社サイトにアクセスしてくる人の接続環境に合わせるべきで
ある。

自社サイトにアクセスしてくる人が高速回線であるかを判断する目安として、
既存顧客のインターネット接続環境を聞いてみるのが一番確実である。潜在顧
客や見込み顧客の業務形態も既存顧客に近いことが多く、当然環境も似てくる
のである。

貴社のサイトは顧客先から8秒で閲覧できますか?


(*1)アスキーデジタル用語辞典
http://yougo.ascii24.com/gh/77/007752.html

(*2)総務省DSL普及状況公開ページ
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/whatsnew/dsl/index.html

» このコラムの個別ページを見る | 2002年06月12日

覚えやすいドメインネームの付け方

  このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはドメインネームについてどのようにお考えでしょうか?例えば、

enatural.co.jp
yahoo.co.jp
google.com

のような、ドメインネームはいわばインターネットにおける企業の看板です。
看板であるからには、やはり覚えやすいものが好まれるのではないかと思いま
す。しかし、6、7年前ならいざ知らず、今ではほとんどの英単語が取り尽くさ
れ、なかなか覚えやすいものを取得するのは困難になりつつあります。

話はそれますが、6、7年前にどれだけドメインネームが自由に取れたかという
と、かつて私が「tv-asahi.com」を所有していたということが物語っているの
ではないかと思います。「mugcup.com」や、実際には取得はしませんでしたが
「kogure.com」など、分かりやすいドメインネームは取り放題だったと言って
良いと思います。しかし、そんなパラダイスはここ数年で激変しました。

かといって、覚えやすいドメインネームがもう取れないのか?といったらそん
なことは無いと思います。確かに、会社名をそのままドメインとして使用する
ことは難しいと思いますが、少し工夫をすればまだまだ覚えやすいドメインネー
ムを取得することは可能なはずです。

取り尽くされていると思われるアメリカのドメイン(.com、.net、.org)につ
いて、私の実体験をご紹介させて頂きます。どちらも1年くらい前に取得したド
メインです。

パターン1 単語を組み合わせる「redsoul.net」これは浦和レッズのファンサ
イトを運用するために取得しました。文字通り、赤い魂です。redもsoulも覚え
やすい単語ですが、これらを組み合わせる言語感覚というのは、もしかすると
日本人特有のものなのかもしれません。

パターン2 造語「netafull.net」これは簡単なニュースサイトを作りたくて
考えついたのですが、net a full、ネタを振る、ネタが満載といったところか
ら連想しました。

これを見て頂ければ分かると思いますが、覚えやすいドメインネームはほぼ取
り尽くされていると書きましたが、工夫次第では短いものでも取得できる可能
性はあると言えます。いずれもシンプルな英単語を組み合わせた造語です。繰
り返しになりますが、日本人特有の言語感覚は、まだ未知のドメインがある可
能性を秘めているかもしれません。ただし、あまり突飛なつづりを考えてしま
うと、逆に覚えてもらいにくいというパラドックスに陥ってしまう可能性があ
るので、注意が必要ですが。

パターン3 日本語読み「12no3.com」これは弊社で近日公開を目指しているウェ
ブサイトのドメインなのですが、読んだまま「いちにのさん」です。このパター
ンは他には「たのみこむ(tanomi.com)」や「おなまえどっとこむ
(onamae.com)」などがありますが、若者から年輩の方まで、比較的覚えやす
いのではないかと思います。

さらに、.ne.jpや.jpなどに幅を広げれば、より可能性は広がるでしょう。ただ
し、.it(イタリア)や.to(トンガ)などの、一目見てドメインネームと判別
がつかないものは使わない方が無難です。最近ではhttp://をつけない表記が一
般的になっていますが、想像しにくいドメインの場合、http://www.enatural.it/
といった表記をしなくてはならないからです。

ネーミングには産みの苦しみもあると思いますが、自社の製品やサービスを的
確に表し、さらに覚えやすい極めつけを作り出してみてください。ここをいい
加減にしてしまうと、後々のサービスや製品までいい加減だと思われかねませ
ん。手間と時間を惜しまなければ、覚えやすいドメインネームを取得すること
は可能だと思います。

ドメインネーム(com、net、org)を検索
https://www.netsol.com/en_US/index.jhtml

» このコラムの個別ページを見る | 2002年05月22日

言葉

  このエントリーをはてなブックマークに追加

Eメールによる商談や連絡、Webサイトによる情報発信などがされていく中で、
言葉の重要性は高まるばかりです。電話なら、すぐに言い直したり口調やトー
ンを変えることで様々な意思表示やニュアンスの表現ができます。さらにFace
to Faceなら、顔の表情や身振り手振りを交えて、さらに細かに意思表示やニュ
アンスの表現ができるでしょう。

ところが、ひらがな、カタカナ、漢字、記号、英語など、文字だけで表現しな
ければならない「Eメール」、文字の大小や色、画像やイラスト映像で付け加え
られる表現手法はあっても基本的には文字が中心の「Webサイト」。ここ最近よ
うやく慣れ親しみだしたインターネット内の二大コミュニケーションツールに
おいて、相手に対して自らの意図や意思を正しく表現することはビジネスにお
いても重要なファクターになっているのではないでしょうか?

相手に対して「○○」と伝えたいと思っていたことが、言葉下手のせいで「△△」
となってしまったり、はたまた「◇◇」となってしまっていては、うまくコミュ
ニケーションがとれないのも無理はありません。文字だけの表現が中心のイン
ターネットでは、様々な誤解が生じやすいのも現実です。その中で効果的にコ
ミュニケーションを行うためにも、言葉を多く正しく知り、インターネット上
で適切な表現となるように留意しなければならないのです。

・相手を呼び捨てにしたEメールを送ってしまった
・言葉の意味を取り違えられて、怒りをかってしまった
・相手の会社名を間違えて書いていた
・こちらの意図したことがまったく通じてなかった
・半角カタカナのせいで@@@@@というような意味不明な文章になってしまった
などなど、言葉がらみのマイナス面

・Eメールだけで、相手に感動を与えた
・Webサイトの文章が読みやすくなった
・Webサイト内での商品説明をきっかけに、顧客が増えた
・Webサイトで会社を目一杯表現することができた
・検索エンジンで上位に表示されるようになった
といった言葉を有効活用したプラス面

言葉を用いたコミュニケーションの上手下手でのおかげで、ずいぶんとビジネ
スも左右されそうです。IT活用を推進していけばいくほど、Eメールしかり、
Webサイトしかり、言葉の重要性は高まります。自らの言葉磨きをするために、
まずは「読む」「書く」「話す」といった基本スキルの徹底からはじめてみま
しょう。「たった一言」「ほんの一文」「何気ない言葉遣い」など、ちょっと
した変化でだいぶ変わって見えるものです。

» このコラムの個別ページを見る | 2002年05月22日

将来、医師への健康相談をネットでしたい人は43.2%

  このエントリーをはてなブックマークに追加

総務省が平成13年「通信利用動向調査」の結果を発表しました。この統計結
果は多方面からの解析結果が掲載されている為、客観的資料としてクライアン
トに説明する際、大変役に立つ資料です。その中に関心の高いデータがありま
したのでご紹介したいと思います。

みなさんの「将来、自宅で受けたい情報通信サービス」は何でしょうか?実は
この調査が始まった平成9年から今回の平成13年度まで毎回40%以上の記
録を維持していることがあります。それは「画面を通じて医師への健康相談や
診断」です。情報サービスという言葉から連想されるものは一般的には機械的
な仕組みを通じて提供される形のないものだと思っていたのですが、実際には
今年度も二位のビデオオンデマンドの18.1%をはるかにしのぐ43.2%
という数字でした。

現在もインターネット上に無料の医療相談サイトはいくつかあるのですが、あ
くまで公開掲示板形式であり、情報を探したり、投稿したりする手間がありま
す。「画面を通じて医師への健康相談や診断」というのはいつでも気軽に相談
できて自分の体のことを分かっている主治医と自宅から相談したいというもの
なのでしょう。これはいくら情報インフラが進みテレビ電話等が気軽に出来る
ようになったとしても、制度や医師への報酬などが変わらなければ実現出来な
いことでしょう。

情報インフラの変化と共に社会にある制度や仕組みも一緒に変わっていかなけ
れば人々の望むサービスとものが簡単には実現できないという一例を垣間見た
数字でした。

※総務省「通信利用動向調査(詳細は【調査結果の概要(PDF)】)
http://www.soumu.go.jp/s-news/2002/020521_1.html

» このコラムの個別ページを見る | 2002年05月22日

≪Back  45678|9|10111213 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。