【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:2001年

 

HOME » コラム(メルマガ) » 2001年

ホームページをできる営業マンにするコラム

2001年

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  45678910|11|1213 Next≫

1,500kbpsのADSL回線接続スピード

  このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットに接続する手段として、主に次の5種類があげられます。

種類 スピードの目安
電話回線・・・ ~56kbps(アナログモデム利用)
ISDN回線・・・ 64kbps(ターミナルアダプタなどを利用)
ADSL回線・・・~1,500kbps(ADSLモデム利用)
CATV接続・・・~1,500kbps(ケーブルテレビ会社のサービス)
専用回線・・・~1,500kbps(主に企業からの接続に利用)

スピードの目安の単位である「kbps」とは「キロビット/秒」の略で、つまり
1秒間に何キロビットのデータが通信できるかといったことである。単純に数
字が多い方が早いのだろうと考えておけば間違いないのだが、さてこのスピー
ドが曲者なのです。加入者を急激に伸ばしているADSL回線も完全に1,500kの速
度が確保できるわけではないのです。実際、私の事務所でもADSL回線を利用し
ていますが、データのダウンロードの所要時間を見ると平均700kbpsが現実的
なスピードといったところでしょうか。まあ、高速道路などもそうですが、他
の方の利用状況や環境などによって速度が変わるということなのです。

それはさておき、平均700kbpsといったところでISDNの約10倍の速度があるこ
とには変わりはありません。実際に、各種のダウンロードやホームページ内の
画像表示時間などにストレスを感じることはほとんどなくなりました。これま
でアナログ回線やISDN回線などを利用していて、速度に不満を感じられていた
方は、検討してみてはいかがでしょうか? その際「地域やサービス提供企業
によって、回線速度や内容に違いがある」「申込が殺到していて開通まで時間
がかかる可能性もある」などの点も考慮の上、ご検討ください。


※ADSL回線提供企業URL
NTT東日本 http://www.ntt-east.co.jp/flets/
ODN http://www.odn.ne.jp/infoodn/j-dsl/camp/
eアクセス http://www.eaccess.net/
めたりっく通信 http://www.metallic.co.jp/

» このコラムの個別ページを見る | 2001年04月11日

経費削減策

  このエントリーをはてなブックマークに追加

フュージョン・コミュニケーションズという通信ベンチャー企業から、「市外
通話が24時間全国どこへでも一律3分20円」そんなサービスが4月に登場します。
インターネットの仕組みを利用した電話ということで、一律の料金体系を維持
できているようですので、遠方への電話が多い場合は、重宝されるかもしれま
せんね。

また、最近は通信各社がテレビCMなどで競っている「マイライン」サービス
もあり、電話の料金体系は以前と比較してかなり低価格に変化しています。普
段何気なく利用している電話も、大手からベンチャーまで各社様々なサービス
を展開していますので、日々そのサービス情報を追いかけていくことは大変で
すが、年に1回などとサイクルを決めて各社のホームページをのぞいてみては
いかがでしょうか。

意外にも、各種のサービスを受けていなかったことで通信に無駄なコストを発
生させていることが認識できると思います。「電話」「ISDNやADSLなどのイン
ターネット接続回線」「プロバイダ」などといった通信に関して、自社の加入
サービスを一度見直して、貴重な経費を削減する経営コストスリムアップを実
現させましょう。

※関連URL
フュージョン・コミュニケーションズ(全国20円電話)
http://www.fusioncom.co.jp/


マイライン事業者協議会(マイライン概要、参加電話会社一覧)
http://www.myline.org/

比較.com(プロバイダ比較)
http://village.infoweb.ne.jp/~fwnk7304/provider/

» このコラムの個別ページを見る | 2001年03月28日

楽天市場の月次料金は50,000円

  このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットショップ開設にかかる費用は一体いくらなのでしょうか?

日本で最もメジャーなショッピングモール「楽天市場」では、月額50,000円か
らインターネットショップがはじめられます。「えっ、これだけでいいの?」
もしくは「そんなにかかるのか?」と、様々に感じられることと思いますが、
実際のところはどうなんでしょう?

お店を開設するだけなら確かにこれだけの投資で十分ですし、楽天にはさまざ
まな分析機能なども提供されています。しかし、実際には人件費、宣伝費とさ
まざまな費用がかさんくるのが現実ですし、逆にそれらを惜しむと顧客はさっ
ぱり来てくれません。楽天出店者に限らず、成功していると言われる中小イン
ターネットショップ店主のほとんどの方々が『寝る間を惜しんで』▽サイト更
新、▽顧客へのメール対応、▽仕入、▽商品写真撮影、▽検索エンジンへの登
録更新、▽商品発送、▽新しいネット技術の勉強、▽ホームページ作成技術の
勉強、▽競合サイトの調査、▽クレームや返品の対応・・・などと、様々な業
務をこなしています。

実店舗でも、家賃を払っただけではお店が全く成り立たないのと同じように、
インターネットショップも一筋縄ではいきません。やはり、自らの『行動』が
必要でしょう。

※楽天出展概要
http://www.rakuten.co.jp/aboutus/point.html

» このコラムの個別ページを見る | 2001年03月28日

IT革命 あなたなら?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス (織田信長)
鳴かぬなら 鳴かせてみよう ホトトギス (豊臣秀吉)
鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス (徳川家康)

という言葉がありますが、これが部下なら・・・

できぬなら 首にしちゃえ 俺の部下
できぬなら やらせてみよう 俺の部下
できぬなら できるまで待とう 俺の部下

では、自社のIT革命なら・・・

起きぬなら やめてしまえ IT革命
起きぬなら 起こしてみよう IT革命
起きぬなら 来るまで待とう IT革命

さて、皆さんはどうしてますか?

IT革命というのは、言葉先行のところが若干ありますが、社内のIT革命が
プラス作用をもたらすものだとすると、何かした方が良さそうな風潮ですよね。
でも、いったいどうしたらIT革命になるんでしょう。そこで、IT革命を次
のように考えてみます。


IT「の」革命を起こすのではなく、IT「で」革命を起こす


顧客へのサービス向上、生産性向上、社内の情報共有、業務スピードアップ、
省力化、コスト削減、営業先開拓、提携パートナー獲得、仕入れルート確保、
などなど・・・やらなければならないことは、山のようにあるはずです。そん
な時にちょっとだけITの力を借りると、その効果を高めることができるので
はないでしょうか。意外と簡単にできたり、思ったより苦労したりと、道具で
あるITを使うには道具に応じたセンスが必要ですが、一度使い方さえ覚えて
しまえば体に染みつくものです。

小学生が公道で車を運転するのは難しいですが、家の近くを歩いて交通ルール
を覚え、自転車に乗れるようになって道具の便利さを知るようになります。そ
して、バスや電車で多くの人が利用する交通機関の便利さを覚え、タクシーを
利用すれば個に対するサービスの快適さを覚えます。いずれは、教習所に通っ
て車を運転するようになるのですが、免許をとってすぐに上手く運転できるわ
けではありません。経験を重ねていくことによって、運転のコツを身につけて
いきますよね。おそらくITもそれと同じです。道具に使われるのはイヤです
が、うまく使えば便利なものですから使わない手はありません。IT革命とい
えば大げさですが、はじめのうちはちょっとした変化で十分だと思います。う
まくすれば小さな変化が変革になり、そしていずれは革命となっていくことで
しょう。

そう、企業の目的を果たすために、IT「で」革命を起こすのです。

» このコラムの個別ページを見る | 2001年03月14日

iモード普及台数が2000万台を突破

  このエントリーをはてなブックマークに追加

1999.03
1999.05
1999.07■
1999.09■
1999.11■■
2000.01■■■
2000.03■■■■■
2000.05■■■■■■■
2000.07■■■■■■■■■
2000.09■■■■■■■■■■■■
2000.11■■■■■■■■■■■■■■■
2001.01■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2001.03■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(3月上旬時点)
1000万 2000万

これは、1999.02の「iモード」サービス開始後の加入台数推移グラフである。
(■はおよそ100万を表している)

去る3月4日に、iモードの普及台数が2000万台を突破したということだが、加
速度的な普及とはまさにこのようなことを言うのであろう。サービス開始から
742日目で到達したということなので、単純計算で1日に約27,000台の増加で
ある。もちろん、普及に加速のついた現在では1日に40,000台を軽く越えてい
る。

インターネットの普及もそうだが、最近の情報伝達スピードの早さには目を見
張るものがある。このスピードについていきながら大事なものを失わないよう
にすることは並大抵ではないが、流行を押さえつつも、いつの日も変わらずキ
ラリと光るものを持っていたいと願いたいものである。

ちなみに、私の移動体電話は「iモード」ではなく、音が良く通話料金も安く、
外での通信に便利なfeel H"(フィールエッヂ)です。

▽NTTドコモ発表資料
http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/01/whatnew0305.html

▽feel H"
http://www.ddipocket.co.jp/feel_h/index.html

» このコラムの個別ページを見る | 2001年03月14日

≪Back  45678910|11|1213 Next≫
 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。