【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:Webマーケティング羅針盤

 

HOME » コラム(メルマガ) » Webマーケティング羅針盤

ホームページをできる営業マンにするコラム

Webマーケティング羅針盤

企業Web担当者はWebマーケティングをどうやって進めていけばいいのか。その羅針盤がここに。2003年6月25日配信停止。

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  1234|5|6 Next≫

広告を出すならば

  このエントリーをはてなブックマークに追加

さて今週は、ウェブマーケティングというキーワードから少し離れ、私がこれ
まで体験したオンライン広告について振り返ってみたいと思います。現在進行
形のものもありますが、過去にいくつかのウェブ、そしてメールマガジンを運
営してきた経験から、実体験に即したお話をしたいと思います。裏返して見れ
ば、もし自分が広告主となる場合、どこが効果的かというお話になるのではな
いかと思います。

大別すると、私が管理者として掲載したのは下記の広告です。

・ウェブのバナー広告(クリック型)
・ウェブの成果報酬型広告
・メールマガジンのテキストバナー広告(クリック型)
・メールマガジンの成果報酬型広告

いきなりぶっちゃけてお話をしますと、もっとも効果があると思えたのは「メー
ルマガジンの成果報酬型広告」です(アフィリエイトプログラムなどもここに
分類されるでしょう)。メールマガジンについてよく言われる話ですが、効果
があると思われるには二つの理由があります。

1.精読率が高い
2.プッシュ型である

特に、記事広告風にした時の効果はみなさんが想像している以上に高いのでは
ないかと思います。

私の経験からある一例をお話しさせて頂きますと、当時読者数が約15,000人く
らいのMacユーザ向けメールマガジンで日本未発売のソフトを紹介したんですが、
どの位の売り上げがあったと思いますか? なんと4万ドルです。実際にこちら
の収入となるのはその3パーセントですから15万円程度だったんですが、メール
マガジンが秘めるポテンシャルに驚かされたことを思い出します(outpost.com
のアフィリエト売り上げベスト10に入ってしまいました)。

正確にはメールマガジンで紹介し、ウェブに誘導し申し込みをして貰ったので、
ある意味ハイブリッドな形態ではありますが、メールマガジンの告知力が生き
た結果と言えるでしょう。

メールマガジンの発行システムには、利用者数の多いまぐまぐを利用するのが
ベストなんですが、残念なことにまぐまぐで利用できる広告代理店は限られて
しまっています。そのため、現在この手法が活かせるのはまぐまぐ以外で読者
数を抱えているメールマガジンか、独自配信システムのメールマガジンになり
ます。また、成果があったかどうかを判別する仕組みを導入するのも大変です
から、メールマガジン専門の成果保証型広告代理店に依頼するのが良いのでは
ないかと思います。

まぐまぐで広告代理店が制限される前は、アクションクリックで毎月4~5万円
の広告収入がコンスタントにありました。古き良き時代のお話です(笑)

アクションクリック
http://www.actionclick.net/

さて、ウェブのバナー広告は、1日のページビューが100前後のホームページで
1年ほど続けてみましたが、約10,000円程度の収入でした。コンテンツ蓄積型で
ほとんど更新を必要としないサイトならばこれでもいいのでしょうが、私の悲
しい性(さが)からほぼ毎日更新してしまったのです。割に合わないケースで
した。

ウェブの成果保証型(アフィリエイトタイプ含む)は選べる広告代理店も多い
ため、やり方次第では面白いのではないかと思います。しかし、取り扱う商品
の選択、説明文の作成など、その分多くの手間がかかることを覚悟しなければ
なりません。これを広告出稿側から見ると、アフィリエイトタイプの広告を出
稿した場合、売れた分だけ収入が入る媒体が一生懸命告知をしてくれるという
メリットがあると考えることもできると思います。

トラフィックゲート(楽天が参加している強みあり)
http://www.trafficgate.net/

バリューコマース(参加広告主が多い)
http://www.valuecommerce.ne.jp/

A8.net(システムがシンプル)
http://www.a8.net/a8/

LinkShare(アメリカでは老舗)
http://www.linkshare.ne.jp/

最後にメールマガジンのテキストバナー広告ですが、最近続けている実験によ
るとクリック率は0.4%くらいです。明らかにウェブのバナー広告よりはクリッ
クされています。

もし私が広告を出すとするならば、予算との兼ね合いがある場合もありますが、
次のような優先順位になるかと思います。

・メールマガジンの成果報酬型広告
・メールマガジンのテキストバナー広告(クリック型)
・ウェブの成果報酬型広告
・ウェブのバナー広告(クリック型)

次回も引き続き広告のお話をしたいと思います。

» このコラムの個別ページを見る | 2002年08月28日

検索エンジン対策(2)

  このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は「正しいHTML」を書く重要性についてご説明します。HTMLは文書の構造
を示すものである、というお話をしたいと思います(一応、HTMLの基本はご理
解頂いているという前提で説明させて頂きます)。難しく思えるかもしれませ
んが、そんなに構えないでくださいね。

HTMLはタグで記述された単純なテキストファイルですが、だからこそ、種類の
違うパソコン、種類の違うブラウザにおいてもさほど大きな違いなく閲覧でき
るというメリットがあります。単純であるが故に、タグの持つ意味はとても重
要です。

例えば、<H1>というタグがあります。これは、Header(ヘッダー、見出し)の
略で、<H1>で囲まれた部分はヘッダー(見出し)で、かつ大きさはサイズ1とい
う意味になります。ウェブブラウザーはこの<H1>というタグを読み込み、タグ
で囲まれた部分をヘッダーサイズ1の大きさで表示します。スタイルシートを用
いてフォントやフォントサイズを指定することができますが、とりあえずウェ
ブブラウザは<H1>で囲まれた部分は、ヘッダーで大きさがサイズ1なんだ、と理
解するわけです。<H1>は文字が大きく表示され、数字が大きくなるに従い(H2、
H3、H4‥‥)文字は小さくなっていきます。

検索エンジン対策は、こうした基本的なHTMLを理解し、きちんと記述するとこ
ろから始まります。もし、あなたが検索エンジンだとしたら、<H1>(大きな見
出し)と<H6>(小さな見出し)はどちらが重要だと思いますか? もちろん、
大きな見出しの<H1>ですよね。こうして考えると、あなたのホームページにとっ
て重要なキーワードは、見出しとして<H1>の中に記述すると効果があるのでは
ないかと考えられます。特に、ホームページの「見出し」ですから、キーワー
ドとしてはより重要性が増すことになります。逆に、<H1>ばかり多用している
と、返って逆効果になりそうなのも感じて頂けるでしょうか。

何事もやりすぎると、検索エンジンにとっては迷惑な話なので“スパム”とし
てホームページが削除されてしまう恐れがあります。ほどほどにしましょう。

さて、<H1>にしぼって説明しましたが他にも、

・タイトル<TITLE> ページのタイトルですから、その重要性は‥‥もう説明す
る必要はありませんよね

・メタタグ<META> 検索エンジンの中には説明文をそのまま採用するものがあ
ります。キーワードを織り交ぜ、最適化させる必要があります。

・画像のALT 検索エンジン対策という意味合いもありますが、正しくHTMLを記
述するという意味ではきちんと記述すべきでしょう。

などにも注意を払う必要があります。あとは、ホームページに掲載するテキス
トの作成も重要で、漫然と思いつくことを書いているだけでは検索エンジンは
その重要性を認めてくれません。ここはある種、コピーライティングの技術も
必要になりますから、状況に応じてライターに依頼するといったことも、今後
必要になってくるのかもしれません。

最初にHTMLは構造文書であるというお話をしましたが、<BODY>(本文)、<P>
(段落)、<BR>(改行)、<HR>(水平線)などを見ても、HTMLは基本的に構造
を示しているということがお分かり頂けるのではないかと思います。

もしホームページを見直す場合は、できるだけテキスト中心になるように考え
てみてください。スタイルシートなどを使えば、画像を多用しなくても良いデ
ザインのホームページができると思います。逆に、テキスト中心の方がスッキ
リとしていて、見る人に優しいホームページが出来上がる可能性は高いと思い
ます。ホームページは見る人に「凄いデザインのページだ!」と驚きを与える
ためにあるのではなく、基本的にはあくまでも営業活動の場所としてあるべき
だと思います。

スタイルシートを使ってこんなデザインができるのか! と少し感動したペー
ジがありましたので、ご紹介しておきます。インスピレーションの参考になれ
ば幸いです。

WebDesignTemplates
http://wdt.pekori.jp/

» このコラムの個別ページを見る | 2002年08月14日

検索エンジン対策(1)

  このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、「検索エンジン最適化」という言葉がにわかに注目を集めているのはご
存じでしょうか。「SEO(Search Engine Optimization)」と呼ばれたりもして
います。これは一言でいうと、検索エンジンで検索されやすくするためのテク
ニックのことです。SEO事業者は、検索エンジンの特性に合わせて磨いた技術を
いくつも持っています。

例えば焼肉屋を探しているときなど、余程のブランドがある場合は直接店名で
検索されるでしょうが(例えば「牛角」「焼肉のさかい」など)、多くの場合
は、例えば「焼肉 美味しい 格安 日本橋」というように、検索エンジンで
思いつく複数キーワードを使って検索すると思います。そのような場合、やは
り検索結果の最初の方に表示されるのが有利なことは間違いありません。イー
ナチュラル調べでは、実に9割以上の確率で、トップ20に表示された検索結果が
クリックされていることが分かっています。

では、どうしたら検索エンジンで上位表示されるようになるのか? 肝のところ
は企業秘密とさせて頂きたいのですが、大切なことは、

・正しいHTMLを書くこと

そして

・役に立つ魅力的なコンテンツを提供する

という、本当に当たり前のことに行き着きます。

そんな当たり前のこと聞いても役に立たないよ~、という方もいるかもしれま
せんが、案外見落としている部分もあると思いますので、ぜひもう一度見直し
てみてください。特に、「役に立つ魅力的なコンテンツを提供する」というの
は、いつまでも磨き続けなくてはならない部分だと思います。特に目立った内
容がないのに、検索エンジンの上位に表示させるのは、なかなか難しいことと
言えます。

役に立つコンテンツを提供するということは、必然的にいろいろなサイトから
リンクを張られる可能性があります。被リンクを重視するGoogleでは、これが
とても重要なポイントになります。被リンクが増えることでアップする
PageRank(ページランク)は、上位表示のための重要なエッセンスと言えます。
ちなみに、PageRankは「Google Tool Bar」を導入することで知ることができま
す。

PageRankについて
http://www.google.co.jp/intl/ja/why_use.html

Google Tool Bar
(日本語版もありますが、PageRankが数字で表示される英語版がお薦めです)
http://toolbar.google.com/

ただし、無料サイトでホームページをたくさん作って、そこからリンクを張っ
てもほとんど意味がないことは申し添えておきます。それだけ、PageRankを上
げることは難しく、そして意味があることなのです。PageRankを上げる努力を
するのではなく、あくまでも良いコンテンツを提供するということに注力しな
い限り、本末転倒になってしまうということを忘れてはいけません。

あと大切なことは、Webのトレンドは常に変わっているため、日頃から追い続け
る必要があるということです。順序が逆になってしまいましたが、次回は正し
いHTMLを書くことについて説明したいと思います。

» このコラムの個別ページを見る | 2002年07月28日

アクセスアップ手法(2)

  このエントリーをはてなブックマークに追加

前回はアクセスアップ手法その1として、無料でできる方法をご紹介しました。
無料の手法はなかなか手間がかかる‥‥というのを覚えている方も多いのでは
ないかと思います。今週は、少しお金をかけて楽をする方法をご紹介したいと
思います。

・懸賞

メールマガジンの読者を増やしたい、ホームページへのアクセスを稼ぎたい際
に、比較的少額かつ手軽に行えるのが懸賞です。俗に言う懸賞マニアの人たち
が集まってしまうリスクはありますが、それを差し引いても得られる効果は大
きいと思います。賞品には、商品券などが手軽で送料もあまりかからずにいい
かもしれません(みんな金券が大好きです)。高額商品を数点よりは、安くて
も大人数が当選する方が効果があります。そして、懸賞情報を複数の懸賞サイ
トに登録して告知活動を行います。もちろん、自社の商品やサービスがある場
合は、もちろんそれを賞品にしても構いません。

・一括登録ツール(サイト紹介、懸賞)

驚くことに検索エンジンは、個人が運営しているものまで含めると星の数ほど
あります。こうした検索エンジンにできるだけ多く登録しておくことも、アク
セスアップへの一つの道です。ただ、探して登録、探して登録、探して登録‥‥
を繰り返していると、途方もない時間がかかってしまいます。そうした際には
一括登録が可能な専用ソフトや専用サービスを利用すると良いでしょう。この
ような一括登録サービスは、懸賞向けのものもあります。

・バナー広告

詳しい説明は必要ないかと思います。一時隆盛を極めたバナー広告ですが、そ
の後いろいろなサイズが登場したり、Flashによるインタラクティブなものが登
場したりしています。料金的には高めの部類ですし、簡単にはクリック率も期
待した程は上がらないと思いますので、ブランディング向けと言って良いでしょ
う。みなさん、余程そそられるバナー広告でないと無意識に飛ばし読みしてい
ますよね?

・メルマガ広告

メールマガジンの広告は、一般的にあるような5行広告ではなく、“読ませる”
工夫を凝らした記事広告(記事風広告)が効果的です。5行広告の場合は、ウェ
ブのバナー広告と同じで、視覚的に飛ばし読みされてしまう可能性があります。
そして“読ませる”ためには“読まれている”メールマガジンを探さなくては
いけません。広告を出してみたいと思えるようなメールマガジンに出会えるよ
うに、普段からいろいろなメールマガジンを読む習慣をつけておくと良いと思
います。内容にもよりますが、読者数も1万人以上いるところが望ましいでしょ
う。これぞと思うところがあれば、広告代理店などを通さずに直接執筆者にメー
ルを出してみるのも良いかもしれません。私の経験上、“読ませる”メールマ
ガジンならば、かなりの効果(クリック→資料請求)が期待できます。

・オークション

何らかの商品を扱う企業の場合、Yahoo!オークションやビッダーズといったオー
クションサイトに出品することで宣伝効果を得ることができます(サービスで
も可能ですが、効果は思ったほど期待できないかもしれません)。オークショ
ンページからリンクを張っておけばユーザーを誘導することができますし、継
続的に出品すればその効果も持続していきます。オンラインショップ代わりに
利用している方も多いようです。ただし、オークションという性格上、コンシュー
マー向けの製品が望ましいと思います。

・アフィリエイトプログラム

アフィリエイトプログラムは日本語でいうと提携プログラムといったところで
しょうか。専業の代理店が間に立ち、一般のホームページもしくはメールマガ
ジンオーナーとあなたを繋ぎます。例えば、花屋さんであれば、提携したホー
ムページからお客さんがきたら10円、さらに購入したらその金額の10%をマージ
ンとして支払うといった具合です。感覚的には、インターネット上にたくさん
の支店を持つ感じでしょうか。経験上、商材にもよりますが数百の提携サイト
はすぐに集まります。あとは、いかにうまく売って貰うか、宣伝して貰うか、
バナー広告やテキスト広告を作成するあなたの工夫次第です。

前回・今回とアクセスアップのための手法をご紹介しました。中にはご存じの
ものもあったでしょうし、新しい発見をして頂けたものもあったのではないか
と思います。ただ、今回ご紹介した手法だけが全てではありませんし、これか
ら先もずっと正解であり続けるかといえばそういう訳でもありません。もっと
良い方法やテクニックが登場する可能性は間違いなくあります。もし、あなた
がウェブマスターとなったならば、常にこうした最新動向に目を光らせ、情報
収集を怠らないように気をつけてください。そのためにはたくさんのウェブを
見て回るのもいいでしょうし、信頼できるパートナーと付き合いを持つのも一
つの方法です。

» このコラムの個別ページを見る | 2002年07月10日

アクセスアップ手法(1)

  このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスログを解析しサイトの現状が分かった。そして分かりやすいドメイン
を取得しターゲットを絞り込んだ。さあこれでアクセスが増えるだろう!と思
ったら、なかなかアクセス数が増えない‥‥。

サイトを改善しただけでは、簡単にはアクセス数は増えません。次は、こんな
に良いサイトがあるんですと伝える、プロモーション活動が必要です。一口に
プロモーション活動といっても、いくつも方法は考えられます。もっとも分か
りやすくて簡単なのは広告を出す方法ですが、これはお金がかかる上に必ず効
果が得られるという保証もありません。二の足を踏んでいる方も多いことでし
ょう。そこで今回は、あまりお金をかけずにアクセスアップを実現する手法を
ご紹介したいと思います。

・検索エンジンへの登録

これは実行している方も多いかと思いますが、特に効果があるのはYahoo!と言
われています。ただしYahoo!は新規で掲載されるのはなかなか難しいため、そ
れ以外の検索エンジンも押さえておく必要があります。必ず登録しておきたい
のはGoogleです。当社が制作したウェブサイトを始め関連サイトでは、実に80%
のユーザがGoogle(他サイトへのOEM含む)経由で訪れています。

ただ掲載されるのではなく、検索結果の上位に表示されることも重要です。検
索エンジン対策のテクニックはSEO(Search Engine Optimize)と呼ばれ、最近
日本でも話題になっています。また検索エンジンには更新の度に繰り返し登録
することも大切です。非常に手間のかかる作業ではありますが、イーナチュラ
ルではこれらの作業を実施・研究し、上位表示を成功させるノウハウを蓄積し
ています。

・相互リンク

似たような業種のウェブサイトを始めとして、相互リンクを張ることも効果的
です。例えばあなたがパン屋さんのウェブサイトの管理者であれば、単純に他
のパン屋さんのウェブサイトと相互リンクをするだけでなく、パンを使った料
理を研究しているウェブサイトやパン好きの人のウェブサイトと相互リンクを
張ると、とても効果的です。これも地道ではありますが、大切な作業です。

・プレスリリース

プレスリリースというと少し大げさに聞こえるかもしれませんが、インターネッ
トではプレスリリースを配信することができます。プレス関係者が参加してい
る専用のネットワーク(メーリングリストなど)があり、そこにプレスリリー
スを投稿することで関係者に目に触れるようになります。ニュース性があれば、
大手のニュースサイトに取り上げられることもあります。リニューアルや新規
コンテンツのオープン、キャンペーン開始時などに行うと効果的です。

・メールマガジンの配信

メールマガジンを配信することで、ウェブサイトへの訪問者を増やすことも可
能です。一般的にメールマガジンは独自システムではなく、既存の配信システ
ムを利用することが多いと思います。例えば“まぐまぐ”の場合は、のべ2,500
万人以上の読者がいますから、まぐまぐで発行すること自体が宣伝になると言
えます。まぐまぐ以外にも配信サイトはありますが、複数サイトで発行すると
意外と手間ですから、どこか一つということであればまぐまぐで配信するのが
良いのではないかと思います。

・各種検索エンジンに登録する

少しでも多くのアクセス数を稼ぎたい場合は、とにかく複数の検索エンジンに
登録することあります。アクセスログを解析すると分かりますが、わずかなが
ら大手ではない検索エンジンから来る人もいます。

・掲示板に書く

ゲリラ的になりますが、テーマが関係するウェブサイトの掲示板に告知を書き
込んでいくというのも一つの手です。ただその際に参加規約をよく読み、広告
などが禁止されていないかどうか確認することが必要です。

こうしてみると、非常に手間がかかる面倒な作業が多いように思いますが、そ
こは無料ということで汗をかいてみてください。ただしどの手法にも言えるこ
とですが、これを実行しても100パーセント確実に効果があるとは保証できませ
ん。さらに、インターネット技術のトレンドの移り変わりは非常に早いですか
ら、これらがいつまでも効果的という訳でもありません。個人的な意見を述べ
させて頂ければ、ウェブサイトの管理者はウェブサイトで良いもの(情報)を
提供することに注力し、これらの業務はアウトソーシングするのがベストなの
ではないかと思います。全てを自前でこなすのは不可能ではありませんが、そ
れに時間の全てを割く覚悟が必要です。

次回は続きで、少しお金をかけるプロモーション方法をご紹介します。

» このコラムの個別ページを見る | 2002年06月26日

≪Back  1234|5|6 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。