【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:Webマーケティング羅針盤

 

HOME » コラム(メルマガ) » Webマーケティング羅針盤

ホームページをできる営業マンにするコラム

Webマーケティング羅針盤

企業Web担当者はWebマーケティングをどうやって進めていけばいいのか。その羅針盤がここに。2003年6月25日配信停止。

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
1|23456 Next≫

されどアクセス解析

  このエントリーをはてなブックマークに追加

それでは1年間続いた「Webマーケティング羅針盤」の締めくくりとして、1年間
口を酸っぱくして言い続けてきたアクセス解析のお話をして終わりにしたいと
思います。何度も繰り返し言ってきたのですが、弊社でアクセス解析をASP提供
している以上、所詮は手前味噌と思われがちなはず。そして、必要に迫られな
ければなかなか動けないのも、また人として自然なこと。そこで、今回はあな
たが自社Webについてどれだけのことを知っているのか? をチェックシートに
風にしましたので、是非お試し頂いて、再度アクセス解析の重要性を認識して
頂けたらと思います(言い換えれば、知っていなければならないこと、でもあ
ります)。

□ 1ヵ月のアクセス数は?
□ 1ヵ月の訪問者数は?
□ 1日あたりの平均アクセス数は?
□ 1日あたりの平均訪問者数は?
□ 1訪問あたりの平均ページ閲覧数は?
□ 各ページのアクセス数は?
□ どこからリンクされているか、またそのアクセス数は?
□ 検索サイトからのアクセス数は?
□ どの検索サイトからのアクセス数が多いか?

□ どんなキーワードで検索されているか?
□ どのドメインからどのくらいのアクセス数があるか?
□ 何曜日のアクセス数が多いか?
□ どの時間帯のアクセス数が多いか?
□ 訪問者がサイト内でどんな移動をしているか?
□ 申し込みをした人はどこから来たのか?
□ 申し込みをした人は何ページ見ているか?
□ メールマガジン広告の効果測定はできているか?
□ Googleアドワーズなどのウェブ広告の効果測定はできているか?

全部で18項目あります。7~8割分かっていれば、なかなかですね。5割以下は要
注意です。それとは別に、広告の効果測定をしていない方は、広告をムダ打ち
していることになりますので、早く対策を講じてくださいね。ヘタな鉄砲を数
撃つための資金力があれば別ですが。

最後に「いちにのアクセス解析」を利用しているtakawo.netのタカヲさんが、
こんなページを作ってくれたのでご紹介します。

・アクセス解析の鬼
http://takawo.net/oni_access.htm?ena=59

ぼくのコラムを読み続けてくださった方には「なぜ本格的なアクセス解析をし
なくてはならないのか?」ということは釈迦に説法かと思いますが、いま一度、
アクセス解析の重要性について考えてみてください。

1年間のご愛読、ありがとうございました!

・いちにのアクセス解析
http://www.12no3.com/access/index.htm

» このコラムの個別ページを見る | 2003年06月25日

情報の素

  このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、今回は久しぶりにマーケティングとWeb構築に役に立ちそうなニュース特
集をしたいと思います。eNatural.orgというホームページを開設してから、そ
ちらでも積極的に情報発信を行っています。今回はそこから興味深い情報をピッ
クアップです。

・eNatural.org
http://www.enatural.org/

----------------------------------------------------------------------

■【結果発表】HTMLメールをどう思いますか?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20030609/1/

IT ProというWebの、さらに「HTMLメールはやめよう」と題した記事を読んだ人
が対象ということで、かなり限定される結果ではあるかと思いますが、恐らく
インターネットを使い込んでいる人たちの意見として参考になるかと思います。

事業者がHTMLメールを配信することについて、どう思いますか? については、
「望ましくない」が45%、「やめるべきだ」が37%と、かなり否定的です。主な
理由としては「セキュリティ」を挙げています(72%)。

恐らく、もっと一般的な人たちを調査すればHTMLはそれほどは敬遠されないの
ではないかと思います。ターゲットが違うと言ってしまえばそれまでですが、
こうした事情も知っておいた方が良いでしょう。

■ビジネスシーンにおけるネットリサーチ活用の今
http://japan.cnet.com/news/watch/story/0,2000047973,20054946,00.htm

早く、安価に調査できるのがネットリサーチのメリットです。いかにして“気
づき”を見つけられるかがポイントではないかと。

■デル、「検索型キーワード広告でコスト効率をアップ」
http://japan.cnet.com/news/ebiz/story/0,2000047658,20055062,00.htm

広告費のコスト効率は「効率のいい順番で言うとEメール、スポンサードサーチ、
アフェリエイトプログラムという順番」だそうです。キーワード広告を知らな
かった人、まだ使っていない人は是非とも勉強しなくちゃいけません。ちなみ
に、メールマガジンなどで大量のEメールアドレスリストを保有していなければ、
キーワード広告が最も効率が良いと思います。

■BtoB eコマースの挑戦と限界
http://www.m-m.co.jp/report/reportA137.html

「さて町工場の世界に比べ、日本を代表するBtoB大企業がはるかにレベルが高
いだろう、と思うのは早計である。これが結構レベルが低い」

1.一見きれいだが、情報の重要度の整理が出来ていない
2.ウェブマスター不在:推察するに、担当は広報部。
3.マーケティング視点の欠如

お心当たりのある方もいらっしゃいますか? いろいろな問題はあるかと思い
ますが、そういっておざなりにできないのもまた現実。

■日本と欧米のPR戦略はどこが違うのか
http://japan.cnet.com/news/pers/story/0,2000047682,20054748,00.htm

日本の企業はPRがあまり得意ではない、というお話。ポイントは「CEOの露出度
の違い」「ITに特化した広報代理店の有無」としています。決して、PRのうま
い/へたは大きな企業に限った話しではないと思います。

理由としては、「日本のCEOや幹部社員がPRを戦略的ツールとみなしていないか
らだ」と。弊社の「いちにのプレスリリース」(プレスリリース作成配信代行)
も、実は中小企業向けのサービスだったりします。

■米国小売市場に与えたネットの影響力
http://www.aimnow.com/BUSN/BUSN0305_1.HTM

アメリカでの話しですが、参考になると思います。調査では注文1件あたりのマー
ケティングコストを算出しており、全対象企業の平均値は、2000年20ドル、
2001年12ドル、2002年8ドルと、着実に下がり続けています。

「今までは、高い費用を負担して、ポータルサイトへの広告出稿を行なってい
ましたが、コストパフォーマンスの良いアフィリエートプログラムの活用やサー
チエンジン・マーケティング(SEM)へと予算がシフトしているというのです」

この流れは日本も同じです。

■「明日はPNGの風が吹く?」:米国でGIFが特許切れに
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20055146,00.htm

Unisysが保有していたGIFの特許が今月後半に切れるというニュース。GIFの代
替としてPNGもありましたが、あまり普及はしませんでした。ただ、Firewoksは
PNGで画像を保存しますから、そういった用途として残っていくのでしょう。

■“メッセ友”作りにティーンが注目――いまどきのIM事情
http://www.zdnet.co.jp/news/0306/09/nj00_ms_messe.html

IM、つまりインスタントメッセンジャーですが、7割近いシェアをMSNメッセン
ジャーが占めていることはご存じでしたか? Yahoo!が27%、ICQが5%、AOLが1%
です。現状ではほぼMSNの一人勝ち。呼び名も「メッセ」に。幕張?

----------------------------------------------------------------------

ざっとここ1週間くらいの動向を拾ってみましたが、いかがだったでしょうか。
こういったニュースは、自分のアンテナを積極的に大きく広げていないと、な
かなか入ってこないものです。情報を集めることが目的になってしまっては本
末転倒ですが、業界の動向やマーケティングデータは自社の営業活動に活かせ
るものも多いはずです。自分の嗜好、業種に合ったWebサイト、メールマガジン
を見つけて、定点観測的に情報収集を行うことをお勧めします。自分には関係
ないから、と思ったら、ほら、足下をすくわれますよ。

» このコラムの個別ページを見る | 2003年06月11日

CMS

  このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はコンテンツマネジメントシステム、略してCMSについて簡単にご説明しよ
うと思います。

以前にもましてコンテンツ(ホームページの中身)の重要性が問われている昨
今ですが、ホームページの制作を外注していると、アレをこうしたいとか、ソ
レをどうしたいとか、とにかく指示を出してから反映されるまでに時間がかかっ
たりであるとか、もっとキビキビ更新したいであるとか、このような更新に関
する欲求をお持ちの方は少なくないのではないかと思います(逆に欲求が全く
ないというのも困ってしまうのですが‥‥)。

自分で更新してみようにもDreamweaverやGoLiveといった専用ソフトが必要だっ
たりして、勝手にテンプレートいじらないでくださいね、とか言われちゃった
りして、そんなことはよく分からないよといじっていたら、HTMLがボロボロに
なって取り返しがつかなくなっちゃったりして。ついにはホームページが嫌い
になちゃってりして。恐れていた最悪の事態が発生です。

他には複数人での更新を実現したい場合もありますね。オレがニュースを更新
するから、お前はコラムを書け、とか。通常は管理者がまとめて更新するとこ
ろを、分業でそれぞれ好きなタイミングで更新したい、とか。

いずれにしてもこのような「できたらいいな」を改善してくれるのが、CMSと呼
ばれるコンテンツ管理のための仕組です。導入にはサーバにプログラムをイン
ストールする必要があるのですが、それさえ済んでしまえば、あとは更新作業
に命をかけるのみ、となります。更新には特別な知識は必要ありません。全て
ホームページ上から作業をすることができますので、正に「いつでも」「どこ
でも」な状態です。また、簡単な操作方法を覚えるだけですから、磨くのは文
章力といったところでしょうか。

最近、私が注目しているCMSは次の二つです。

■XOOPS
http://jp.xoops.org/

利用者にIDを発行することができ、フォーラムなどを活用したコミュニティサ
イトを運営することが可能です。標準でニュース投稿、投票、リンク集などが
あり、インストールすればすぐにでもスタートです。また、モジュールによる
機能追加も可能です。Yahoo!のようなポータルサイト的なものを運営したい企
業に向いています。

下記はXOOPSで運用されています。

・須磨観光協会
http://www.suma-kankokyokai.gr.jp/

・POWERBOOK NEWS
http://www.powerbooknews.com/


■Movable Type
http://www.movabletype.org/

Weblogというものが流行っているのですが、そのブームの一翼を担っているの
がこの「Movable Type」というプログラムです。更新すると静的なページが書
き出されるため、検索エンジン対策の見地からもお薦めです。日本語で使用す
るためには、日本語化パックが必要です。現在は個人で利用している人が多い
のですが、実は中小規模のホームページ運営にもピッタリだと思います。

下記はMovable Typeで運用されています。

・茶香間
http://chakama.com/

・創庵
http://soan.jp/

いずれのプログラムにも共通していえることは、ある程度システマティックに
管理するので、普通にホームページ制作するよりも若干、自由度が低くなった
り、テキスト中心になるといった制約もあります。ただし、これがデメリット
か否かというのは、コンテンツ管理性能の飛躍的な向上とのトレードオフにな
りますので、利用される方の価値観次第といえます。

ある程度の枠組みはありますが「とにかくなんでもかんでも!」という無法状
態よりは、いくつかの制約の中でどんなことができるか、というコンテンツ勝
負の方が運営のしがいもあるのではないかと思います(枠組みがあった方が、
それをうち破るためにいろいろな発想ができる、という人も多いのでは?)。

かつてCMSといえば専用プログラムを構築し‥‥と莫大な費用がかかっていたの
ですが、これらのプログラムを使用すれば、低コストでの運営が可能になると
思います。細かい部分に気を取られずに、中身をとぎすますことに注力できる
のが魅力です。

ちなみに、イーナチュラルでもこのMovable Typeでホームページを開設しまし
た。Webマーケティングに関する情報などを掲載していますので、ぜひご覧くだ
さい。

・eNatural.org
http://www.enatural.org/

» このコラムの個別ページを見る | 2003年05月28日

居酒屋だるま

  このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は私の自宅の近所にオープンした「居酒屋だるま」について書いてみたい
と思います。刺身がうまくってね、とかそういう話ではありません。念のため。

この「だるま」がオープンしたのは、1ヵ月ほど前でした。前に入っていた店が
閉めて以来、しばらく空き店舗の看板がかかっていた場所です。住宅地の中で
すし、人通りもそれほど多くなく、あまり良い立地とは言えません。しかしそ
こに、リスクチャレンジャーとして「だるま」はオープンしたのです。

オープン初日は入口の扉が開くこともなく、さらに店外にメニューはなく、ど
んな店なのか伺い知ることはできませんでした。唯一「生搾り300円!」の貼り
紙が。「これじゃ入れないよね」と思いつつ、横を通り過ぎました。

次の日、生搾りの貼り紙の横に「刺身全品300円!」の貼り紙が追加されました。
他の小皿料理についても、簡単に説明が追加されています。

さらにその次の日のことでした。「だるま」の入口の扉が解放されていたので
す。常連でないと入れないような雰囲気だった店構えが、一気に入りやすいも
のへと変わりました。

そしてまた次の日のことです。今度はお店の外に、お薦め料理と値段の貼り紙
が張り出されました。ここまで来れば、お金のことも店の雰囲気も気にするこ
となく、気軽に中に入れるようになるはずです。

オープン当初は「これは長くないな」と勝手に思っていたのですが、「だるま」
の主人はなかなか侮れない人物でした。お客さんからの意見を参考にしたのか、
それとも自分で気づいて改善したのかは分かりませんが、とにもかくにも確実
に店が進化しました。今では、前を通りかかるとお客さんの楽しげな笑い声が
店内から聞こえてきます。

ホームページでも全く同じようなことが言える訳です。あなたは、自分のホー
ムページが今どのような状態にあるのか、客観的な判断を下していますか?

・一日のアクセス数は?
・どのページがよく見られているのか?
・どんなキーワードで検索されているのか?
・どの広告が効果があるのか?
・申込をした人はどこから来たのか?
・検索エンジンでは何位に表示されているのか?

などなど、日々の検証なくしては、ホームページの進化はあり得ません。是非、
あなたも「だるま」の主人になってください。「求む、だるまの主人」です。

そして、肝心の検証には「アクセス解析」が必須です。と、うまい具合に落ち
たところで今週はこの辺で。

・弊社提供のアクセス解析サービス「いちにのアクセス解析」
http://www.12no3.com/access/

P.S.以前、プライベートで運営しているホームページでアフィリエイトプログ
ラムをやっていると書きましたが、ついにアフィリエイト経由の売上が100万円
を突破しました。基本的には週末ウェブマスターですから、平日だろうが深夜
だろうが勝手に訪問者を連れて来てくれる「検索エンジン最適化」が大きな効
果を発揮しているのは言うまでもありません。これからは実践ウェブマスター
とでも名乗ろうかな(笑) ちなみに、コミッションは売上の1%ですから‥‥。

» このコラムの個別ページを見る | 2003年05月14日

検索エンジン最適化は簡単か

  このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでにも何度か検索エンジン最適化について書いたことがありましたが、
それは誰にでもできるものだろうか? という点について考えてみたいと思い
ます。

結論から言えば、それは誰にでもできるだろうし誰にでもできるものではない
かもしれない、という非常に曖昧なものなのかもしれません。このメールマガ
ジンの読者の中には、検索エンジン最適化の具体的な手法を期待されている方
も多いと思いますが、個人的な見解からすると、サービスとして取り込むか否
か、ある意味覚悟の問題ではないかと思っています。

というのも、検索エンジン最適化を考慮しながらHTMLをコーディングすること
は、最初はとても難しく面倒なものなのです。私はかれこれ7年ほど独学でHTML
を書いていましたが、検索エンジン最適化との出会いはそれを根底から覆すも
のでした。正しいHTMLを書くことの重要性を理解すれば、それを実行すること
はさほど苦にならないかもしれませんが、やはり同じように独学でHTMLを勉強
してきた人たちが、果たしてこれを受け入れられるかというと、全ての人には
受け入れられにくいのではないかと感じているのです。

もしあなたがホームページ制作者ならば、明日から

・fontタグで文字サイズや色を変更してはいけません
・hタグを必ず使いなさい
・bタグではなくstrongタグにしなさい

などと言われたらどう感じるでしょうか?

恐らく「面倒だ!」の前に「どうやるの!」と少し困った顔をしなくてはなら
ないのではないでしょうか。この解決にはスタイルシートを勉強する必要があ
ります。そして課題の一つはこのスタイルシートです。

私もかつて、スタイルシートを勉強しようとしたことがあるのですが、どうし
てHTMLで表現できることをスタイルシートとして切り分けなければならないの
かという疑問が頭から離れず「見た目が同じならいいじゃーん」と、結局はス
タイルシートを使わずにHTMLを書き続けていました。

スタイルシートを使用しなくても見た目的には大きな影響はないのですが、
HTMLをきちんと構造と表現で切り分ける必要性が出てきているのも、また事実
です。現状のやり方を変えなくとも変わらずブラウザはきちんと表示してくれ
ると思いますが、ビジネスを意識するサイトであれば、正しいHTMLで記述する
ことは必須になると思います。ひいてはそれが、検索エンジンに最適化された
ホームページに繋がります。

構造と表現を切り分ける? なんだか難しいし面倒そうだ‥‥と、やはりここ
から先に進めない方も多いのではないかと思います。このような考え方は、少
し技術者的な気持ちを持たないと、理解をするには難しいかもしれません。後
は、その必要性をいかに感じられるか、ということだと思います。

このような背景があることが「誰にでもできるだろうし誰にでもできるもので
はないかもしれない」と私が感じている要因です。

さらに検索エンジン最適化の技術はウェブデザイナーにのみ求められているも
のではなく、例えば社内を統括するディレクターや制作を請け負う広告代理店
にも必要になってきます。というのも、キーワードの選定から始まりページタ
イトルの付け方やタグライン(キャッチコピー)の付け方にも検索エンジン最
適化の考え方が必要になりますから、ウェブ制作に関わる全ての人たちで共有
すべき技術となるはずです。

以前「検索エンジン最適化は一般的な技術になるだろう」という主旨のコラム
を書きましたが、最近このようなことを考えるにあたり「検索エンジン最適化
はどのくらいのスピードで広がっていくのだろうか」と思っています。思って
いるゆりも、その速度はゆっくりかもしれません。もしかすると、検索エンジ
ン最適化の専門職がもてはやされるかもしれません。

なんでもかんでも検索エンジンに合わせるのでいいの? というご意見もある
と思いますが、上位に表示される方がよりビジネスチャンスが広がるのもまた
事実だということをご理解ください。「ホームページをできる営業マン」にす
るためには、見込み顧客の集客が大きなテーマになります。

» このコラムの個別ページを見る | 2003年04月23日

1|23456 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。