【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:目からウロコのインターネット活用術

 

HOME » コラム(メルマガ) » 目からウロコのインターネット活用術

ホームページをできる営業マンにするコラム

目からウロコのインターネット活用術

日々進歩していくインターネット技術。うまく活用してビジネスを有利に進めよう!2002年7月28日配信停止。

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  1234|5|678 Next≫

ブロードバンドにしたい

  このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅や事務所のインターネット接続環境をブロードバンドにしたい。そんな声
をよく聞きます。ブロードバンド自体の説明は他へ譲るとしまして・・・

さて、イーナチュラルでも今年の春からNTTのフレッツADSL回線にしてますが、
一度やったらやめられない。そんなサービスがADSLでした。安くて早くて常時
接続で、といいことずくめの日々でした。しかしながら、非常に割安な料金設
定でサービスを開始したYahoo! BBの影響を受けて、各社のサービス競争がはじ
まり、速度やサービス提供エリア、料金などが多種多様でわかりにくいといっ
た状態になりつつあります。

そのような状態ですから、NTTがいいのか? Yahoo!がいいのか? それとも
他か? どのサービスがいいのかよくわからなくなってしまいます。

「一体どれが一番いいの?」

そんな悩みが増えてしまいますが、答えようとしても「今はこれかもしれない
けど、一ヶ月後はわからない」もしくは「やってみないとわからない」。そん
な返答をせざるをえない状況なのです。インターネットやパソコン関連につい
ては、製品やサービスの向上や価格変動が日常茶飯事のため、常に情報に目を
配らせておかなくてはなりません。そんな時にもインターネットが利用できま
す。参考になりそうなものをいくつかあげておきますので、検討される際には
是非のぞいてみてください。

※東西NTTのフレッツ公式サイト
http://www.ntt-east.co.jp/flets/
http://www.ntt-west.co.jp/flets/

※Yahoo! BB
http://bbpromo.yahoo.co.jp/

※高速回線サービスの比較サイト coneco.net
http://www.coneco.net/broadband/

※スピードテスト
http://speedtest.pos.to/

» このコラムの個別ページを見る | 2001年09月26日

インターネットを活用するということ

  このエントリーをはてなブックマークに追加

業種柄あたり前ですが、イーナチュラルには「インターネットで何かをしたい」
という問い合わせがよくあります。「ホームページを作りたい」「通信販売を
したい」「とにかく儲けたい」などなど。どうしてよいかわからなかったり、
いいことを教えてくれそうだからと問い合わせをいただくのでしょうが、もう
一度よく考えてから問い合わせをいただきたいと思うことも何度かありました。

最近はITは儲からないという記事が多くなりましたが、それまではIT業界はと
にかく儲かるというような風潮がありましたので、それもいけなかったのだと
思います。それにしても、やれば儲かると思っている方々がいらっしゃること
には驚きです。

「ホームページを見たこともないのに、自社のホームページを作りたい」
「ネットショッピングをしたこともないのに、通販サイトを立ち上げたい」
「メールマガジンを読んだこともないのに、メールマガジンを発行したい」
「メールを打ったこともないのに、とにかく儲けたい」

もちろん仕事の依頼がほとんどですので、黙って引き受ければいいのかもしれ
ませんが、イーナチュラルへの費用を差し引いた後で儲かる可能性のないもの
については、丁重にお断りしているのが現実です。もちろん、こちらがサポー
トしてできる範囲であれば問題ないのですが、野球のルールをまったく知らな
い、野球を見たこともない人間を名野球選手にできるほどの力はありません。
せめて少しは自分でインターネットを活用していただかないと、お手伝いのし
ようがないのです。

ズブの素人がいくらインターネット専門業者を利用したからといって、そうそ
う簡単に儲かるほど世間は甘くないというのがホントのところ。デジタルな世
界なので、なんでも瞬時に簡単にできそうに思ってしまうのも多少はうなずけ
ますが、儲かっている人はみんな努力をしています。情報収集、試行錯誤、成
功or失敗、また初めからと、日々の努力の積み重ね。努力なくして成功はあり
えません。

しかし、うまくやれば、うまくいくっていうのもまた現実です。

» このコラムの個別ページを見る | 2001年09月12日

コミュニケーション

  このエントリーをはてなブックマークに追加

むか~し、むかし、人々は会って話すしかコミュニケーションの手段を知りま
せんでした。ところが最近は、ハガキ、手紙、電話、ファックス、ポケベル、
ボイスメール、携帯電話、テレビ電話、インターネットの中だけでもEメール、
チャット、掲示板、インターネットメッセンジャー、携帯メール、などなどコ
ミュニケーションの手段が飛躍的に増えてきました。

我々30才前後の人間からすると、インターネットは大人になってから初めて利
用し、携帯のメールも文字を打つだけで大変という方々がほとんどではないで
しょうか? それが、現代の子供は小さな頃からインターネットや携帯電話に
慣れ親しみ、その効用を体で覚えてから社会に入ってきます。ご年輩の方々か
らは「キーボードを打つのが早いね」とか「さすが若いね」などと言われる私
達ではありますが、あと10年20年経ったら、若い世代から「そんなこともでき
ないのですか?」と言われてしまわないように、今から心しておかなければな
りません。

企業に何かしらのコミュニケーションツールを導入しようという場合、その効
果が決断のキーポイントとなるでしょう。しかしながら、こういったものの効
果は目で見えないモノが多く、最終的には意思決定権者の判断にゆだねられる
と思います。すべてのコミュニケーションツールを使いこなすのは難しいです
し、それほど道具ばかり使わなくてもいいとは思いますが、様々なツールに対
してある程度の理解をしておくことは必要ではないかと考えています。

道具や思考は、常に進歩・変化しています。50年前は戦後復興で大変だった国
が、今では経済大国。生きた化石になってしまわないように、自分の頭の中も
常に進歩・変化させていきたいものです。

» このコラムの個別ページを見る | 2001年08月22日

等身大のIT投資

  このエントリーをはてなブックマークに追加

CRM、SFA、SCM、EDI、ERPなどなど、アルファベット3文字が氾濫しています。
一見すると、NBA、NFL、MLBとほとんどかわりません。冗談はさておき、これら
をシステム化すると、経営や営業が効率的になるそうなのですが、はたして本
当でしょうか? 例えば、CRMシステム。CRMのシステム導入にあたって、社内全
員が「顧客といい関係を保っていこう」と心から思っていない限りは、システ
ムを導入したところで、所詮は絵に描いた餅。システムを入れる前に、思考を
理解しなければなりません。「CRMシステムを導入したら顧客といい関係を保て
る」のではなく、「顧客といい関係を保つための仕組みをシステム化する」そ
んな企業がきっとうまくいくでしょう。

近所の行きつけのバー、近所のパン屋さんなど、皆様も知らず知らずのうちに
頻繁に利用されているお店やサービスがあると思います。「どうして、そこを
利用しているんだろう?」と自分に問いかけてみれば、「気が利くから」「自
分のことをわかってくれるから」「気持ちがいいから」「便利だから」「価格
が安いから」と様々な答えが出てくると思います。それを自社の商品やサービ
スにあてはめて、顧客がどんな風に感じるかを考えてみましょう。費用がかか
らずにできる内容であれば、あえてお金をかけたシステムを導入する必要はあ
りませんし、自社の要望にちょうどいいASPやサービスがどこかで割安に提供さ
れているかもしれません。

あたり前の話ですが、膨大な金額の投資をしてシステムを投入しても、それを
利用してそれ以上の価値を生み出さなければ投資の判断としては、NOです。企
業の規模や要求内容に合わせて、等身大の投資をしていくのが望ましいのは言
うまでもありません。はじまりは「システム化しよう!」ではなく、「よりス
ピーディーに」「より便利に」「より機能的に」といった素朴なところからス
タートした方が、結局のところうまくいくことになりそうです。

そそのかされず、調子に乗らず、どこかのCMではありませんが「賢いご判断を!」

» このコラムの個別ページを見る | 2001年08月08日

Eメール作法

  このエントリーをはてなブックマークに追加

手紙の郵送なら、封書に宛先を書いて切手を貼って、ポストへ投函する。その
手紙の中には、きれいな心のこもった字で書くことはもちろん、拝啓~敬具と
まとめたり、自分の名前はここに、などといったいわゆる作法が存在します。
そんなことはあたりまえのように皆さんご存じのことと思いますが、そのよう
な作法がEメールにも存在します。

そのEメールにおける作法とは、手紙とは違う作法ですし、電話の作法とも違い
ます。先日、こんな話がありました。とある会社の方が、新規にインターネッ
トを会社内に導入し、全部メールで問い合わせを受けてEメールでやりとりをす
ると豪語されていたことを撤回されたのです。その理由は、Eメールのやりとり
は慣れてないと意外と難しいということがわかったからです。

営業の現場で培われた話法や手振り身振りを文字だけで表現することは非常に
難しく、Eメールを活用されている方なら、誰でも次のような失敗も経験されて
いることでしょう。別の人に送ってしまった。個人宛のEメールをメーリングリ
ストに送ってしまった。送ったつもりが届かなかった。アドレスを消してしまっ
た。などなど、失敗例をあげたらキリがありません。

そんな使い慣れていないEメールを利用して、企業の代表として顧客対応をする
ということは、会社の受付に子供を座らせておくようなものです。企業の電話
には、家庭の電話とは違った企業としての作法があるように、企業のEメールに
もそれなりの作法があります。あまり簡単に考えず、かといって難しく考えす
ぎず、顧客が喜びを感じ、自社の商品やサービスを気に入っていただけるよう
なそんな気持ちのいいEメール作法をマスターできるように、仕事でプライベー
トで、日々向上心を持ちながら利用し続けましょう。

» このコラムの個別ページを見る | 2001年07月25日

≪Back  1234|5|678 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。