【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法

ホームページをできる営業マンにするコラム

ホームページを「できる営業マン」にする方法

企業のホームページを「できる営業マン」にするには?その方法をこっそり教えちゃいます。隔週で好評配信中!

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  12|3|45678910 Next≫

サイト内検索のキーワードを取得してみよう

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

サイト内ページ数が多いサイトや、FAQ・サポートサイトなどで
サイト内検索機能を導入しているサイトは少なくありません。

主な目的は、ユーザーの利便性向上かと思いますが、
一方でサイト検索で使われたキーワードは重要なマーケティング
データでもあります。

サイト内検索で使われるキーワードはユーザーのニーズが
色濃く反映されています。また仮にサイト内の情報が掲載されて
いるにもかかわらず、あるキーワードが多く検索されているようで
あれば、その情報をユーザーが見つけられていないという
サイト構造上の問題に発見にも繋がります。

CMSで管理されているサイトで、CMSに付属する検索機能を使って
いる場合は、CMSのログから検索キーワードを追うこともできます。

ただ、利用されている方も多いであろうGoogleカスタム検索の
場合は少々工夫が必要なので、そのやり方をかいつまんで
ご説明したいと思います。

カスタム検索 - 検索エンジンの編集
https://cse.google.co.jp/cse/all


まずGoogleカスタム検索の、
検索エンジンの編集 > デザイン > レイアウトで、
「2ページ」を選択して、検索ボックスのコードと
検索結果のコードを取得します。

コードを取得したら、検索ボックスのコードを
検索窓を表示させたいすべてのHTMLファイルに記述し、
別途用意した検索結果表示用のHTMLに、
検索結果のコードを記述します。

上記のように設定をすると、
検索結果が別ページでクエリー付で表示されます。
簡単なサンプルページを作成してみました。

Googleカスタム検索での検索キーワード取得テスト
http://www.enatural.co.jp/g-searchtest.htm


上記ページで何かキーワードを検索すると、
search-done.html?grq=検索語というURLが得られると思います。
「grq」という目印は前述したGoogleカスタム検索で私が任意に
つけたものです。

あと、今お使いのアクセス解析でgrq=を目印に情報を抽出すれば、
サイト内検索で使われたキーワードを取得することが出来ます。

あるいは、アクセス解析のGoogle Analyticsを利用してる場合は、
カスタム検索の設定画面を連携させることで、
Google Analyticsの「サイト内検索」のビューで
キーワードを確認することが出来ます。

検索エンジンでの Google アナリティクスの設定
https://goo.gl/teVr4a


面白いデータが得られるかもしれませんので、
ご興味のある方はこの夏の宿題としてトライしてみてください。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年08月10日

サイトナビゲーションの王道

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

突然ですが、エレベーターを呼び出すとき(中でなく外)の
ボタンを思い出してみてください。

多くの場合、こんな感じの配置だと思います。


上の階に行きたい時は、上にある上向き▲ボタンを押します。
下の階に行きたい時は、下にある下向き▼ボタンを押します。

このボタンの配置が、上下逆だったらどうでしょう?


押し間違いや、よくわからなくて両方押してしまったりなど、
混乱したり、イライラしたりしてしまいそうですね。

こういったナビゲーションの混乱は、
ホームページでも似たようなことがおこりがちです。

ちょっとした配置、ちょっとした図解、ちょっとした記号、
加えてテキストのメルマガでは表現しにくい「色」も
ちょっとでなくかなり重要です。

パッと見は、ちょっとした違いなんですが、
このちょっとした違いがお客様を正しく誘導するツボになっています。

せっかく人手や予算をかけて集客してしてきたお客様を
ちょっとしたことでコミュニケーション不足になってしまっては
もったいないこと極まりないです。

何かと、突飛なもの、奇想天外なものに目を奪われがちですが、
ことナビゲーションに関しては、地味に地道に王道を極めた方が、
結果が出やすくなります。

見つけ次第すぐに補修しても良いですし、
次のリニューアルの課題にしても良いでしょう。
どちらにしても気に留めておきましょう。


今回はエレベーターを例にしましたが、
この他にも、地図、信号、道路標識、トイレの案内、
ビルのフロアガイドなど、誘導のヒントは
街中にもたくさんあります。

ポケモンGo無しでも、街中ウォッチングが楽しめるかも。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年07月27日

割り切っていこう

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

昨今、ホームページを営業活用しようとなると、いろいろ大変です。

というのも、一昔前と比較してやること・やれることが大幅に
増えていて、我々のようなホームページのプロでも、
「これは大変だな」と思うこともしばしばです。

普段お客様とお話をしていると、
このやれることを「一度に、全て、完璧に」やろうと考えている方
が結構いらっしゃいます。

やるからには徹底的に、という姿勢は良いことだとは思いますが、
大抵の場合は人・金・時間など様々な成約があり、「徹底的に」と
いう目標は、達成されないことが多いと思います。

そこで重要になるのが、良い意味での割り切りです。
目標達成に向けて、いま最低限やらなければならないことを
見極め、同時に将来的にやるべきことを整理することが重要に
なります。

この作業は、当たり前といえば当たり前ですが、
実際に取り組んでみると思いのほか難しい作業です。

今なにをやって、これからなにをやるのか、それをお客様の目標と
照らし合わせながら考えていくのも、我々ウェブ制作会社の大切な
仕事のひとつです。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年07月13日

SEOとは何ですか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

「SEO」って、企業のWeb担当者であれば、
一般的によく知られている言葉になってきましたね。

逆に、「検索エンジン最適化」という言い方は
耳にする機会が減ったかもしれません。

「SEO」とは「Search Engine Optimization」の略で、
日本語にすると「検索エンジン最適化」です。

日本語だと、検索エンジン最適化と文字で書いてあるので、
検索エンジンに最適化するのかな?など何となく連想できますが、
アルファベットのみの「SEO」しか知らないと、
人によってはその意味もマチマチに理解されています。

SEOとは何ですか?という質問をしたら、
こんな答えが返ってきそうです。

「外部のサイトからリンクを張るサービスでしょ」
「検索エンジンにお金を払って上位表示される技術だよね」
「よく営業電話かかってくるやつじゃない?」

・・・色々誤解があるかも・・・

そんなSEOについて、検索エンジンそのもののGoogleさんが
↓こんなページを用意してくれています。

SEO が必要なケース - Search Console ヘルプ
https://support.google.com/webmasters/answer/35291

上記や上記のリンク先にけっこうな重要ポイントが
たくさん書いてありますので、是非ご一読をオススメします。


このSEOという言葉が日本に出まわる2002年よりだいぶ前から、
イーナチュラルではアクセスログとニラメッコしながら、
検索エンジンからの集客をしていました。

後から「これ、SEOって言うんだ」と思っていた頃が懐かしくも、
だいぶ前すぎて、おっさんを通り越して、
おじいちゃんかと思います。

それはさておき、Webマーケティングを進めていく上でも
何かモヤモヤして色々と見失いそうになったら、
言葉の意味や言葉の成り立ちを整理してみると、
意外にスッキリしたりします。

SEO意外にもよくわからない言葉などありましたら、
是非ルーツを辿ってみましょう。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年06月22日

マーケティングオートメーションってなんぞや?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

こんにちは、田中です。録画したままになっているブラタモリが
20時間を超えてしまい、絶望する今日この頃です。

さてブラタモリ未視聴問題はともかくとして、
去年辺りからマーケティングオートメーション(以下、MA)という
言葉を耳にするようになりました。

すでにご存知の方も多いでしょうか?

MAについて、この場で説明をしていると長い話になるので、
ここはウィキペディアさんの力を借りたいと思います。

マーケティングオートメーション - Wikipedia
https://goo.gl/be2kqa

うーん、分かったような分からないような、でしょうか。
ちょっと例をあげますと、例えば次のようなことがMAで出来ます。


↓Webサイトに情報案内メール登録フォームを用意
↓第1弾のメールを配信
↓メールを開封してくれた人には、3日後に第2弾を配信
↓7日経っても開封しない人には、お伺いメールを配信
↓第2弾では、商品Aと商品Bへのリンクを掲載
↓第3弾は、どちらの商品リンクをクリックしたかで配信内容分岐
↓第3弾を開封して、さらにWebサイトへの再訪があった顧客には
 無料サンプルキャンペーンメールを配信
↓開封しない人には、+αの特典案内メールを追加配信


つまり事前に設計されたシナリオを元に、顧客への興味付けを
徐々に行うことで、有望顧客へと育てていく一連のプロセスを、
人の手ではなくソフトウェアに任せることが可能になります。

またシナリオの各プロセスの達成・未達をスコアリングすることで、
有望顧客の選別をすることも出来ます。

メールを開封したら+1点、開封から3日以内にサイトへの訪問が
あったら3点という具合です。一連のシナリオを通して加点・減点
を行って、結果的に高スコアの顧客には、例えば営業マンが電話で
個別フォローといった活動を行います。

実際のところ、MA自体がまだ日本に入ってきて間もないこともあり、
どこも試行錯誤で取り組んでいるのが現状だと思います。

いずれにしても、MAは営業的発想がより求められる手法であり、
多くのWebマスターにとってチャレンジングな課題と言えそうです。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年06月08日

≪Back  12|3|45678910 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。