【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法

ホームページをできる営業マンにするコラム

ホームページを「できる営業マン」にする方法

企業のホームページを「できる営業マン」にするには?その方法をこっそり教えちゃいます。隔週で好評配信中!

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  910111213|14|15161718 Next≫

SEOの「格」

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

春ですね。といいつつ、関東地方は季節外れの雪に見舞われて
おりますが、散りかけのサクラと雪の組み合わせも、
なかなか風情があってよろしいかと思います。

さて、期が変わって新しくWeb担当になったという人が多い
この時期は、SEOに関するお問い合わせが多くなります。
その内容はさまざまですが、やはり皆さん気になるのは
検索結果の順位の様子です。

それは誰だって上位に表示されたいですよね。

検索エンジンの検索結果の順位とは、言うならば検索エンジンに
よるホームページの「格付け」です。

入力された検索キーワードに対して「もっとも優れている」と
格付けされたサイトから順に、検索結果に表示されます。
そして、この格付けはなんとなくではなく、明確な基準に基づいて
算出されています。

とここまでは良いのですが、ここから先の努力の方向を間違って
しまう方が、たまにいらっしゃいます。

「そうか、格付けか。ならばコツコツと自分磨きをせねば」
なら良いのですが、
「そうか、格付けか。ならば格付けの隙間をついてやろう」
となってしまうと、少々へんてこな話になってきます。

検索エンジンもまだまだ完璧ではないので、
格付けの仕組みに不備がある可能性はゼロではありません。
それを利用して、実情以上の「格」を得られることもあるかも
しれません。

しかし、格付けの不備は正されます。それも頻繁に正されます。
正された時点で、そのサイトのメッキは剥がれます。

いつ剥がれるか分からないような「格」を身にまとって
戦々恐々とするならば、しっかりと自分磨きをして「本格」を
身につけようじゃありませんか、というのが弊社が創業当時から
お客様に訴えかけていることです。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年04月08日

モバイルユーザビリティ上の問題が検出されました

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

最近、こんな件名のメールが届いているサイトが増えています。

「モバイルユーザビリティ上の問題が検出されました」

差出人はGoogleさんです。

------------------------------------------------------------
http://www.yourdomain.co.jp/のウェブマスター様

Google のシステムは、貴サイトの XXX ページをテストし、
そのうちの XX% に重大なモバイル ユーザビリティ上の
問題を検出しました。

この XXX ページの問題の影響で、モバイル ユーザーは
貴サイトを十分に表示して楽しむことができません。

これらのページは Google 検索でモバイル フレンドリーとは
見なされないため、スマートフォン ユーザーには
そのように表示、ランク付けされます。
------------------------------------------------------------
Googleから、こんな内容のメールが届いたら、ドキッとしますね。

これは、Webマスターツール登録者宛に届くメールで、
4月21日を前に、各サイト管理者に多数届いているようです。

なぜ、こんなメールが届いているのかというと、
「モバイル対応しないと、4月21日以降の検索結果に影響あるかも」
ということがGoogleからアナウンスされているからです。
Google ウェブマスター向け公式ブログ
「検索結果をもっとモバイル フレンドリーに」
http://bit.ly/1zTwhbt

Googleから『重大な問題』と指摘されると、
なんだか恐ろしいですが、一呼吸おいて考えてみましょう。

「モバイル ユーザビリティ上の問題」と書いてあります。
モバイルで検索した場合のリスクを、指摘してくれています。
PCの検索結果も含めてどうこう、という話ではありません。

モバイル検索での影響範囲がどの程度かはまだわかりませんが、
モバイルからのアクセスがごくごくわずかなBtoBサイトであれば、
お問い合わせ数などへの影響は軽微かもしれません。

逆に、モバイルからのアクセスが多いBtoCサイトなどであれば、
集客の死活問題となる可能性もありますので、
時間やお金と、期待される効果のバランスも踏まえて、
行動をおこした方がいいでしょう。

・自社サイトの本当のお客様がどこから来られているのか?
・その数や価値がどれくらいか?

これらを把握しておくことで、適切な行動判断ができるはずです。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年03月25日

スマホ対応が検索ランキングの要因になります

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

すでに耳にした方も多いかもしれませんが、
4月21日からモバイルフレンドリー、つまりスマホ対応しているか
否かを検索順位のランキング要素として利用すると、Googleが
発表しました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ:
検索結果をもっとモバイル フレンドリーに
http://goo.gl/G8CqUU

具体的には、スマホなどのモバイル端末からの検索に限って、
そのサイトがスマホ対応しているかどうかを、検索結果の
ランキング決定時にプラス要因と評価するというもののようです。

スマホからのアクセス状況はサイトによって異なりますが、
特にB to Cサイトではアクセスの半分以上がスマホというケースも
少なくないと思いますので、無視することは出来ない情報です。

Googleが検索ランキングに関わる情報を、公式に、しかも日付を
明確にして発表するのは珍しいことだと思います。

それだけ、今回の変更が及ぼす影響が広範囲にわたるという
証左でしょうか。

4月21日までもうあまり日がありませんが、スマホユーザーが多い
サイトは出来る限りの対応をしたほうが吉だと思われます。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年03月11日

コンバージョン1件の『価値』はいくら?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

自社サイトの成果について、質問です。
コンバージョン1件の『価値』はいくらでしょうか?

  1,000円?
 10,000円?
100,000円?

企業によってコンバージョン1件の価値はそれぞれだと思いますが、
それぞれで構いませんので、今後のためにも1件いくらと、
決めておくと何かと便利です。

似たような言葉でコンバージョン単価がありますが、
単価は計算結果であって、価値とは違いますのでご注意下さい。

コンバージョン『単価』の方の計算を整理すると、
次のような式になります。

「コンバージョン獲得にかけたお金」÷「コンバージョン数」

例えば、広告費Aが100万円で、A経由のコンバージョン獲得が
50件なら、「広告費A」÷「A経由で獲得したコンバージョン数」
コンバージョン単価は2万円となります。

このとき、コンバージョン1件の『価値』が10万円だったら、
価値10万円>単価2万円なので「超お得、
もっと広告予算追加してOK」です。

コンバージョン1件の価値が1万円だったら、
価値1万円<単価2万円なので
「マズイ、広告をやめるか、改善するかしないと」
となりますよね。

このように、コンバージョン1件の価値がいくらなのか、
数字でしっかりわかっていれば、判断に悩む必要が無くなります。

本当は得をしているWEB施策なのに、予算を削ってしまったり、
本当は損をしているWEB施策なのに、予算を垂れ流してしまったり、
そんなもったいないこととは無縁です。

効果検証を重ねていけば、より具体的な価値がわかるので、
一番最初はエイヤっと決めてしまって構いません。

というわけで、コンバージョンの価値を決めておきましょう。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年02月25日

なんてったって効機信(こうきしん)

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

コラムのタイトルは、アラフォー世代に通じればOKとします。

ここ数年、CSS3やHTML5などの新しい技術にWebブラウザが対応した
ことで、ホームページ上で可能な表現は非常にバラエティに
富むようになりました。

最近のホームページを見ると、いろいろ動いたりとか、
スクロールをするとページに変化が起きたりとか、おぉ!っとなる
仕掛けを満載したホームページも多いです。

ただ、そういった仕掛けは確かに見た目に驚きを与えますが、
それがお問い合わせや注文などの「実利」にどこまで貢献するかは
冷静に見極める必要があると思います。

個人的な例ですが、先日ネットで洋服直しをしてくれるお店を
探した時の話をします。

そのお店は、検索エンジンで検索して、検索結果の1ページの
何番目かに掲載されていて知ったお店でした。

ホームページの見た目は、お世辞にも格好良いとか素敵とか
言えるものではなく、恐らく何かのホームページ作成ソフトで
お店の方が見よう見まねで作ったのだろうなと想像出来る感じ
でした。

ただ、見た目はそんな感じでも、必要な情報がしっかりと掲載
されていました。

・どんな特色があるのか(効果)
・どんな流れで直しをするのか(機能)
・何にどのくらい費用がかかるのか(機能)
・どんな人が直しを手がけているのか(信頼)

イーナチュラルが
いつもお客様にお話しする「効機信(こうきしん)」が揃って
いたのです。

ホームページの見た目(デザイン)だけなら、他に素敵なサイトは
あったのですが、欲しい情報がサイト上に掲載されておらず、
かといっていちいち問い合わせるのも面倒だなと感じ、
結局前述のサイトにお願いをしました。

誤解の無いように言っておくと、私は見た目(デザイン)は
どうでもいいと言ってるわけではありません。見た目が与える
印象は、重要な要素のひとつだと思います。

私が今回お願いしたお店のサイトも、さらに見た目が
ちゃんとしたデザインになっていたならば、あれこれと他の
サイトと比較して悩むことも無かったと思います。

情報と見た目(デザイン)は、バランスが肝要です。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年02月11日

≪Back  910111213|14|15161718 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。