【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法

ホームページをできる営業マンにするコラム

ホームページを「できる営業マン」にする方法

企業のホームページを「できる営業マン」にするには?その方法をこっそり教えちゃいます。隔週で好評配信中!

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  910111213|14|15161718 Next≫

検索エンジンに振り回されない為に

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                             文/田中 秀史

他サイトからのリンクを張ってもらうことは、SEOの重要な要素の
ひとつと(一部では歪んだ解釈で)言われていますが、
それがそうではなくなるかもと、ネット上でここ数日話題になって
いるようです。


【速報】Google「被リンクからオーサーランクに移行する」SEO業者全滅か!? 
http://netgeek.biz/archives/11937

被リンクは死ぬのか?マット・カッツの話を和訳してみた
http://notnil-creative.com/blog/archives/3039


マットさんの発言は英語は発信されていて、それが日本語で
翻訳される段階でさまざまな解釈がされている様子ですが、
少なくとも今後は被リンクの価値は、相対的に低下していく
雰囲気です。

が、被リンクはあくまでも数多くあるSEOの評価基準のひとつです。

ユーザー(お客様)が求める情報を、
ユーザーが求めるクオリティで発信しているサイトであれば、
Googleを筆頭とする検索エンジンは、必ずあなたのサイトを
高評価してくれるはずです。

仮に高評価してくれないのであれば、
その検索エンジンはポンコツです。

ということで、極論してしまえば、
ホームページの「中身」さえしっかりしていれば、
検索エンジンの仕組みの変化に右往左往する必要はありません。

しかし、検索エンジンもまだまだ未熟なので、
ホームページの内容を、すべての場面で正しく評価出来るとは
限りません。

そこで、検索エンジンに正しく評価してもらうための
手段や手法が、テクニックとしてのSEOとして、
しばらくは必要とされると考えています。

» このコラムの個別ページを見る | 2014年05月14日

リスティング広告は使いよう

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                             文/齋藤 伸也

先日、とある企業の謝罪広告のバナーをみつけました。
製品の不具合情報を記載したページへリンクされています。

こういった、メーカーのリコールや商品回収、
事故などへのお詫びや謝罪広告といった分野では、
テレビCMや新聞掲載が一般的でしたが、
リスティング広告も一役買ってくれそうです。

純粋に広く告知するということに加えて、
リスティング広告では自社商品のユーザーや
関連性の高い人に告知するといったことも可能です。

例えば「ABC123」という商品での不具合であれば、
キーワード「ABC123」で検索広告を掲載したり、
「ABC123」と興味感心があるターゲット層に向けて
ディスプレイ広告を活用しても良いでしょう。

また、最短即日掲載ができるリスティング広告は、
掲載までのスピードが速いのも利点です。


今回あげた例は、謝罪広告でしたが、
「道具は使いよう」とは良くいったものです。
自社商品を求めている人が誰で
どこでどんな行動をしているかがわかってさえいれば、
リスティング広告で大きな成果を出すことが可能です。
なにせ、狙い撃ちができる広告ですからね。

実際、イーナチュラルが担当しているリスティング広告でも
「自社運用時と比較して、10.2倍の成果になった」
「2億円の受注につながった」
「今までに無い層の顧客が増えた」
などと、様々な成果を獲得してくれています。


無駄撃ちの広告はただ予算を消費するだけですが、
きちんと狙いを定めれば投資に見合った効果を獲得できるでしょう。

使い方次第で、毒にも薬にもなるという
リスティング広告の話でした。 是非、薬にしてください!

» このコラムの個別ページを見る | 2014年04月24日

SEOの「木」と「森」

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                             文/田中 秀史

4月になりました。多くの会社が新年度となり、同時に配置転換で
新たにWeb担当になった方も多いと思います。

初めてWeb担当になった方も、あるいはそうでない方も、
やはり気になるのはSEOのようで、どんなキーワードを狙うべきか、
そんな質問をいただくのも、1年を通じて今の時期が一番多い
かもしれません。

SEOにおいて、ターゲットのキーワードを選定することは重要で、
おそらく皆さんあれこれアタマをひねっていることと思います。

○○と検索しているんじゃないか?
いや、△△と検索することが多いんじゃないか?


そうやって、あれこれとキーワードを考えるのも悪いことでは
ないと思いますが、その前に、あなたのお客様はネット上で
どのような「情報」を欲しているかという点について、
しっかりと考えておく必要があると、私は考えます。

お客様がネットで探しているのは、キーワードではありません。
お客様が探しているのは、自分が必要とする「情報」です。
キーワードは、そのためのツールに過ぎません。

つまりお客様が欲しい情報=ニーズが見えていなければ、
正しいキーワード選定は出来ないはずなのです。

逆を言えば、お客様の欲しい情報をしっかりと把握出来ていれば、
ターゲットとなるキーワードは自ずと導き出されてくるものです。

木(キーワード)を見て、
森(情報・ニーズ)を見ずとならないように、
今年度もホームページの改善活動に取り組んでいきましょう!

» このコラムの個別ページを見る | 2014年04月09日

今年ならではの、年度末ホームページ最終点検

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                             文/齋藤 伸也

いよいよあと数日で、消費税が8%になりますね。

先日、スーパーにトイレットペーパーを買いに行ったら、
なんと全部売り切れていて驚きました。
買いだめでなく、無くなりそうなので、切実です・・・


さて、ホームページにおいても価格を掲示してあるところは、
消費税改定絡みで何らかの修正が必要になるでしょう。

一式○○万円と、数字だけ表示してあるところでは、
税別なのか税込なのかわかりませんし。
消費税5%込で記載しているのなら、なおさらです。

でも、会社によっては「サイトの中にページがあり過ぎて、
いったいどこに金額の記載があるのかわからない...」

といった時にも便利に利用できるのが、
いつも利用している検索エンジンです。

自社サイトに絞って、消費税絡みで関連がありそうな情報を
検索エンジンを使って、サイト内検索をするのです。

「キーワード」+「site:自社ドメイン」
といった組み合わせで検索をします。

例えば、www.enatural.co.jp 内で、消費税というキーワードで
検索する場合は、

http://goo.gl/5koy8F


といった具合に、「消費税 site:www.enatural.co.jp」で
検索をします。

同様に、バリエーションとしては色々あります。

税別 site:www.enatural.co.jp
税抜 site:www.enatural.co.jp
税込 site:www.enatural.co.jp
税 site:www.enatural.co.jp
円 site:www.enatural.co.jp
¥ site:www.enatural.co.jp
価格 site:www.enatural.co.jp
料金 site:www.enatural.co.jp
etc.....

より詳しく検索をしたい方は、こちらもご参照ください。

検索オプション - ウェブ検索 ヘルプ
https://support.google.com/websearch/answer/35890?hl=ja


いかがでしょうか。

自社サイトに掲載されていそうな言葉を手がかりに、
情報検索して修正が必要であれば早めに対応をしたいですね。

できれば4月1日には改訂を終えて、新年度を迎えたいものです。

» このコラムの個別ページを見る | 2014年03月26日

使いやすさの未来

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                             文/田中 秀史

このコラムを書き始めたタイミングで、ちょうどiPhone用OSの
最新版となるiOS7.1がリリースされました。

個人的に、今回のリリース内容で注目しているのは、
いわゆる「ボタン」らしいデザインに変更出来る設定が追加に
なった点です。

実際にiPhoneを使っている方はご存じかと思いますが、
iOS7~はフラットデザインと呼ばれるデザインが採用されています。

全体的に装飾を抑えたシンプルなデザインとなり、
現実世界のボタンを模したような、いかにも「押せそう」といった
類のデザインが廃されることになりました。

その結果、スタイリッシュと評されるデザインを獲得しましたが、
一方で、iOSやスマホの扱いに馴染みの無い人、シニア層など
PCの扱いに慣れていない層を中心に使いにくさを指摘する声が
寄せられていたようです。

そんな声を受けて、冒頭のボタン表示設定が追加されたのだと
思います。

ホームページでも、デザインは重要な役割を果たします。
分かりにくかったり使いづらいデザインだと、閲覧者に伝えるべき
ことが伝わらず、お問い合わせや商品購買に影響が出るでしょう。

一方でサイト訪問者の、ネットへの習熟度・年齢層などは
千差万別で、すべての層に対して、分かりやすく使いやすい
ホームページを提供するのは至難の業です。

これまでは、ターゲットとなる層をある程度決めて、
その層に対して最適となるようなデザイン・作りにするという
アプローチを取っていました。

しかし、ユーザー層の多様化が進んでいくと、
それも難しくなるのではないでしょうか。

最近だと、PC・スマホ・タブレットそれぞれ向けにホームページを
用意することも多くなりましたが、それと同様にユーザー層別に
最適なホームページを用意する必要が出てくるかもしれません。

» このコラムの個別ページを見る | 2014年03月11日

≪Back  910111213|14|15161718 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。