【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法

ホームページをできる営業マンにするコラム

ホームページを「できる営業マン」にする方法

企業のホームページを「できる営業マン」にするには?その方法をこっそり教えちゃいます。隔週で好評配信中!

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  678910|11|12131415 Next≫

検索エンジンと人工知能

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

少し前に、第3次人工知能ブームとディープラーニングについて
触れましたが、それが我々の身近で実用的なものとして活用される
ようになるのは、そんなに遠い未来ではないのかもしれません。

先日のことですが、Googleが検索エンジンアルゴリズムに
RankBrainという人工知能システムを導入していたことが
ニュースになっていました。

Google、検索アルゴリズムにAI(人工知能)「RankBrain」のシグナルを採用
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1510/27/news076.html


入力されたキーワードの意図を読み取り、単なるキーワードでの
マッチング度合いではなく、その意図に最も合致したWebサイトを
検索結果のより上位に表示する技術は以前からありました。

RankBrainのような新しい技術の登場などをみると、
その流れはますます加速していくということでしょうか。

いずれにせよ、検索キーワード偏重型の集客対策は、
その重要度が相対的に低くなってきそうです。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年11月11日

単なるデータを価値ある情報にする

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

先日より、Googleでレストラン名などで検索すると、
検索結果の右上に「訪問数の多い時間帯」という
グラフが掲載されるようになりました。

何曜日の、どの時間帯が混雑していそうかが
一目瞭然です。 ↓例

お昼時は大行列の「金子半之助」 - Google 検索
http://bit.ly/1O6Bf0h

まだまだ賑わっている「東京スカイツリー」 - Google 検索
http://bit.ly/1O6Bh8j

「訪問数の多い時間帯」の右にある【?】を見てみると
「この場所への訪問履歴に基づいています。」と記載があります。

スマホ片手にたどり着いた履歴をまとめてくれたのですね。
一つ一つのデータは「誰かがどこかに行った」だけに過ぎません。

でもそれをうまくまとめると、混雑具合が見え、
検索エンジン利用者へのサービスにつながります。

「訪問数の多い時間帯」はGoogleだからできる話ですが、
企業サイト運営で得られる情報をうまくまとめて、
行動に移すことは我々にもできます。

特に、コンバージョン(以下CV)した人の
行動データから得られる知見は大きな財産となります。

※CVした人は、○○という検索キーワードで来訪している。
○○関連のコンテンツを強化しよう!
○○でリスティング広告を出稿しよう!

※CVした人は、△△市ばかりだ。
△△市の人限定のキャンペーンをしよう!
△△市で折り込みチラシをやってみよう!

※CVした人の共通点は、□□だった。
※CVした人が、「◎◎」って言ってた。
などなど

ビッグデータ、ソーシャルリスニングなども耳にしますが、
意外に目の前にお宝データがあったりするものです。

顧客の行動履歴や声といったデータを拾い上げ、
サッと行動に移すと良いことがありそうです。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年10月28日

やっぱり便利だよ、CMS

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

CMSを使ったサイト構築が特別なものではなくなって随分と
経ちますが、CMS黎明期に構築したサイトがリニューアル時期に
さしかかっているようで、CMSの「再構築」という形での制作が
ここ最近増えています。

そこで改めて感じるのは、CMSの利便性の高さです。

少々制作サイド寄りの話になりますが、
一般にCMSのメリットは、HTMLの知識を持たない方でも
ホームページが更新出来る点が語られることが多いです。

それも確かに大きなメリットだと思いますが、
もう一つのメリットは、自社ホームページのデータベース化に
あると思います。

CMSに入力された情報は、CMSの機能を通じてホームページと
いう形で出力されますが、出力される形はなにもホームページに
限定される必要はありません。

例えば、大量の商品が登録されているページであれば、
ある特定の条件を満たす商品の一覧表をCSV形式で作成すると
いったことも、CMSではあれば簡単に出来ます。

当初はホームページを簡単に更新することを目的にCMSを
導入されたお客様の中には、CMSのデータベース的な利便性に
着目して、社内管理にもCMSを活用している方もいらっしゃいます。

やっぱり便利だよ、CMS。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年10月14日

ホームページは24時間365日働き続ける営業マン

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

シルバーウィークで、5連休の最終日、
もしくは9連休の中日を迎えられている方も多いことと思います。

こんな長いお休みの時こそ、
ホームページが営業マンとして活躍してくれていることを
実感するかもしれません。

休み明けにメールボックスをのぞいてみたら、
「多数の注文や問い合わせが来ている」
こんな状態はありがたいことですね。

よくホームページのことを、
24時間365日働き続ける営業マンだと言われることもあります。

これを実現するためには、素敵なホームページが必要なのは
もちろんですし、ホームページの設置場所となる
サーバーが安定稼働し続けてくれなくてはなりません。

・共用サーバーを借りる
・専用サーバーを借りる
・AWSなどクラウドを活用する
・自社でサーバーを管理運用する

などなど、色々な選択肢がありますので、
用途やニーズに合わせて、選択していきたいものです。

「サーバー名 障害」などと検索すると、
オフィシャルの障害情報や、障害があって困った話
といったことを調べられます。

特に、障害があったかどうかより、
障害後の対応がどうだったか把握できると、
24時間365日稼働の営業マンに合っているかどうか
判断がしやすくなるでしょう。

集客方法などと違い、普段は意識しにくいサーバーですが、
意識しないぐらい安定稼働してくれるところを
選択できるようにしたいものです。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年09月23日

キーワード至上主義SEOの終焉

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

Yahooの検索結果がSSL化されると発表されてから、
約1ヵ月が経過しました。

Googleのように一気に変わるのかと思いきや、
SSL化への移行は思ったよりもゆるやかなのようで、私の環境では
まだSSLに移行しておらず、周りを見回してもまだの人も多いよう
です。

ただ、いずれすべての環境でSSL化が完了するはずで、
そうなった時がアクセス解析で検索キーワードが確認出来た時代が
終焉をむかえるわけです。

検索エンジンが進化して、キーワードではなく文章の意味を
理解して検索結果を生成するようになった今、昔に比べれば
検索キーワードの重要性は相対的に低くなっているのかも
しれません。

ただ、そうは言っても検索キーワードはサイト改善のヒントに
繋がることも多々あったので、これが一切分からなくなるのは
痛手には違いないと思います。

では、これからのSEOはどうなるのか。
これについては、多くの方が模索中であると思います。

個人的には、2つの方向に分かれるのではと思っています。

ひとつは、よりテクニカルな方向に研ぎ澄ましていくSEOです。
膨大なデータを分析し、検索エンジンのアルゴリズムの特徴を
明らかにして、それをサイトに反映していくというアプローチです。
検索エンジンとのチキンレース的な感じでしょうか。

もうひとつは、顧客の要求に徹底的に寄り添ったSEOです。
キーワードではなく、顧客がネット上で求めている情報を徹底的に
洗い出して、その情報を発信していくアプローチです。

検索エンジンよりも顧客の要求により配慮するという点で、
Customer Request Optimization、CROと読んでもいいでしょうか。

そもそもSEOは、検索エンジンの性能が今よりも低かった時代に、
検索結果でより露出を増やすための様々なテクニックです。

誤解を恐れずに言えば、検索エンジンが充分に優秀ならば、
SEOは必要がないものと言っても良いと思っています。

「顧客がどのように検索するか」ではなく、
「顧客は何を検索するか」にしっかりと考えを巡らせる能力が、
検索結果でより露出をするためには必要不可欠になると
考えています。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年09月09日

≪Back  678910|11|12131415 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。