【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法

ホームページをできる営業マンにするコラム

ホームページを「できる営業マン」にする方法

企業のホームページを「できる営業マン」にするには?その方法をこっそり教えちゃいます。隔週で好評配信中!

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  56789|10|11121314 Next≫

スマホ対応が検索ランキングの要因になります

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

すでに耳にした方も多いかもしれませんが、
4月21日からモバイルフレンドリー、つまりスマホ対応しているか
否かを検索順位のランキング要素として利用すると、Googleが
発表しました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ:
検索結果をもっとモバイル フレンドリーに
http://goo.gl/G8CqUU

具体的には、スマホなどのモバイル端末からの検索に限って、
そのサイトがスマホ対応しているかどうかを、検索結果の
ランキング決定時にプラス要因と評価するというもののようです。

スマホからのアクセス状況はサイトによって異なりますが、
特にB to Cサイトではアクセスの半分以上がスマホというケースも
少なくないと思いますので、無視することは出来ない情報です。

Googleが検索ランキングに関わる情報を、公式に、しかも日付を
明確にして発表するのは珍しいことだと思います。

それだけ、今回の変更が及ぼす影響が広範囲にわたるという
証左でしょうか。

4月21日までもうあまり日がありませんが、スマホユーザーが多い
サイトは出来る限りの対応をしたほうが吉だと思われます。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年03月11日

コンバージョン1件の『価値』はいくら?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

自社サイトの成果について、質問です。
コンバージョン1件の『価値』はいくらでしょうか?

  1,000円?
 10,000円?
100,000円?

企業によってコンバージョン1件の価値はそれぞれだと思いますが、
それぞれで構いませんので、今後のためにも1件いくらと、
決めておくと何かと便利です。

似たような言葉でコンバージョン単価がありますが、
単価は計算結果であって、価値とは違いますのでご注意下さい。

コンバージョン『単価』の方の計算を整理すると、
次のような式になります。

「コンバージョン獲得にかけたお金」÷「コンバージョン数」

例えば、広告費Aが100万円で、A経由のコンバージョン獲得が
50件なら、「広告費A」÷「A経由で獲得したコンバージョン数」
コンバージョン単価は2万円となります。

このとき、コンバージョン1件の『価値』が10万円だったら、
価値10万円>単価2万円なので「超お得、
もっと広告予算追加してOK」です。

コンバージョン1件の価値が1万円だったら、
価値1万円<単価2万円なので
「マズイ、広告をやめるか、改善するかしないと」
となりますよね。

このように、コンバージョン1件の価値がいくらなのか、
数字でしっかりわかっていれば、判断に悩む必要が無くなります。

本当は得をしているWEB施策なのに、予算を削ってしまったり、
本当は損をしているWEB施策なのに、予算を垂れ流してしまったり、
そんなもったいないこととは無縁です。

効果検証を重ねていけば、より具体的な価値がわかるので、
一番最初はエイヤっと決めてしまって構いません。

というわけで、コンバージョンの価値を決めておきましょう。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年02月25日

なんてったって効機信(こうきしん)

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

コラムのタイトルは、アラフォー世代に通じればOKとします。

ここ数年、CSS3やHTML5などの新しい技術にWebブラウザが対応した
ことで、ホームページ上で可能な表現は非常にバラエティに
富むようになりました。

最近のホームページを見ると、いろいろ動いたりとか、
スクロールをするとページに変化が起きたりとか、おぉ!っとなる
仕掛けを満載したホームページも多いです。

ただ、そういった仕掛けは確かに見た目に驚きを与えますが、
それがお問い合わせや注文などの「実利」にどこまで貢献するかは
冷静に見極める必要があると思います。

個人的な例ですが、先日ネットで洋服直しをしてくれるお店を
探した時の話をします。

そのお店は、検索エンジンで検索して、検索結果の1ページの
何番目かに掲載されていて知ったお店でした。

ホームページの見た目は、お世辞にも格好良いとか素敵とか
言えるものではなく、恐らく何かのホームページ作成ソフトで
お店の方が見よう見まねで作ったのだろうなと想像出来る感じ
でした。

ただ、見た目はそんな感じでも、必要な情報がしっかりと掲載
されていました。

・どんな特色があるのか(効果)
・どんな流れで直しをするのか(機能)
・何にどのくらい費用がかかるのか(機能)
・どんな人が直しを手がけているのか(信頼)

イーナチュラルが
いつもお客様にお話しする「効機信(こうきしん)」が揃って
いたのです。

ホームページの見た目(デザイン)だけなら、他に素敵なサイトは
あったのですが、欲しい情報がサイト上に掲載されておらず、
かといっていちいち問い合わせるのも面倒だなと感じ、
結局前述のサイトにお願いをしました。

誤解の無いように言っておくと、私は見た目(デザイン)は
どうでもいいと言ってるわけではありません。見た目が与える
印象は、重要な要素のひとつだと思います。

私が今回お願いしたお店のサイトも、さらに見た目が
ちゃんとしたデザインになっていたならば、あれこれと他の
サイトと比較して悩むことも無かったと思います。

情報と見た目(デザイン)は、バランスが肝要です。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年02月11日

Web営業にとって、うっかり忘れると致命的なこと

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

自社ホームページを活用した営業活動をするのに
大切なことがたくさんあります。

SEO、リスティング広告などを駆使してWebで集客したり、
デザインやコピーを工夫してサイト内でお客様を接客したり。
他にも、まだまだあるでしょう。

とはいえ、ほとんどの活動はトライ&エラーができます。
何かがうまくいかなければ、改善をしたり他の活動をしたり、
といった具合に、ミスを挽回することができます。

でも、うっかり忘れると致命的になってしまうことの一つに、
【ドメイン更新】があります。
enatural.co.jp などといったドメインですね。

オフィスや自宅の契約更新をし忘れることも少ないでしょうし、
うっかり忘れていても、郵便物がと届いたり
電話がきたりと、何らかの防御手段があります。

が、特にドメイン更新をネットで行っている場合、
メールや郵送物をうっかり見逃していたりすると、
知らず知らずのうちにドメイン失効してしまい、
これまでホームページに注いでいた苦労が一瞬にして水の泡・・・
となってしまいかねません。

ドメインの更新を失念して完全に切れてしまうと、

http://www.enatural.co.jp/ にいくらアクセスしても、
自社ホームページが表示されなくなってしまいます。

ミス挽回の余地は、がっくりするほど少ないです。


といったわけで、日頃の活動を無にしてしまわないためにも、
ドメイン更新料金の支払いは、
第一優先で余裕を持って済ませましょう。


また、自社保有ドメインの期限はいつで、
誰がいつどのように更新しているのか、
把握をしておくと安心ですね。

ドメイン契約形態にもよりますが、
手動で更新するドメインについては、
うっかりを防ぐために毎年1月のToDoリストに入れて
実行するのも手です。私はそうしています。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年01月28日

顧客ニーズを読み取る力

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

お正月に、NHKで「NEXT WORLD」という番組が放送されていました。
今から数十年後、コンピューターが人間の知能を上回る能力を
獲得している未来社会で起こる私たちの生活の変化を、
ドラマ仕立てで伝えていました。

SF的と思える点もありましたが、今から30年前のコンピューターの
能力を振り返ってみると、あと30年もたてば確かにあり得るかもと
感じました。

さて、私たちがホームページ集客のかなめの一つとしている
検索エンジンも、この数年で大きく進化しました。検索の仕組みの
進化はもとより、前述したようなコンピューターの演算能力の
向上によって、これまでやりたくても出来なかったことが出来る
ようになっている点も大きいと思っています。

現在の検索エンジン対策は、どのキーワードを狙うかが重要な
ポイントとされていますが、これから数年の間で検索エンジンが
進化をしていくと、キーワードという概念はもしかしたら
今よりも重要性が低くなるかもしれません。

例えば「Web制作 段取り」という検索クエリがあった時、
「Web制作 段取り」というキーワードを使っているがそこそこの
内容のページと、検索クエリとは違う「ホームページ制作 流れ」
というキーワードを使っているが内容は非常に充実している
ページがあった場合、 元の検索クエリとは関係なく、
後者の方が検索エンジンの利用者にとって、
より有意義なページのはずです。

実際には、この程度の言葉の揺らぎは今の検索エンジンでも
理解していると思いますが、今後はもっと高度なレベルで
検索キーワードの「意味」を理解するようになるでしょう。

そうなった時に重要になるのは、顧客がネット上で何の情報を
探しているかを、正しく読み取る能力だと考えています。
これは検索キーワードを探し出す能力とは、微妙に異なると
思っています。

少々抽象的な例になりますが、何かを「赤くしたい」という
要望があった時、「赤くしたい」は真のニーズではなく、
「目立たせたい」が真のニーズといった具合です。

私の考える「顧客ニーズを読み取る力」は、
上記のような思考が出来るか否かと考えています。

» このコラムの個別ページを見る | 2015年01月14日

≪Back  56789|10|11121314 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。