【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法

ホームページをできる営業マンにするコラム

ホームページを「できる営業マン」にする方法

企業のホームページを「できる営業マン」にするには?その方法をこっそり教えちゃいます。隔週で好評配信中!

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
1|2345678910 Next≫

グレーなSEOの引力

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

一部メディアでも報道があったので、
目にした・耳にした方も多いと思います。
Googleが医療系キーワードの検索結果にメスを入れました。

医療や健康に関連する検索結果の改善について
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/12/for-more-reliable-health-search.html


今回の対策は、少し前に問題となった広告収益のみを目的とした
一部医療系情報サイトをターゲットとしたものと言われており、
たぶんその通りなのでしょう。

記事中にある「検索のおよそ60%に影響」が大きいのか小さいのか
ピンとこないかもしれませんが、これは異例に大きな数字と
言ってよいと思います。

Googleの検索結果は、今回のような大きな変更以外にも、
日々調整が加わっているはずです。

一方で、一夜にして検索結果がガラっと変わってしまうような
ドラマチックな変化はあまり好まないとも言われていて、
これまで「大きな変化」と呼ばれる内容でも、
検索結果のせいぜい数%程度だったと記憶しています。

それと比較すると「60%に影響」という数字はべらぼうに大きく、
今回の件をいかにGoogleが重大に捉えていたかがうかがい知れます。

さて、前述の一部医療系情報サイトが行っていたのは、
コンテンツの充実を図ることで集客を増やすホワイトなSEOではなく、
検索エンジンアルゴリズムの裏をかくことで上位表示を
画策した「グレーなSEO」と言われています。

さて、ここで少し考えておきたいのは、グレーなSEO=楽ちんと
いう話ではない点です。グレーはグレーなりに、たくさんの人の
知恵と労力が注がれ、相応の努力により成り立っているはずです。

しかし、今回のように「グレーはブラックである」とルールが
変わった途端に、それまでの努力(方向の是非はともかく)が
全て水の泡となるのは、何とも物悲しいものです。

そんなリスクを抱えながらグレーゾーンを探求する努力をするなら、
多少時間はかかろうとも王道を進む努力をした方が、
結果的に八方がハッピーと考えるのは私だけは無いはずです。

しかし、人は何故かグレーやブラックなものに引き寄せられます。
暗黒面には、人を引き寄せてやまない何かがあるのでしょうか。

» このコラムの個別ページを見る | 2017年12月13日

Webマーケティング「昔は上手くいってたのに...」

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

「昔は上手くいってたのに...」
最近よく聞くご相談が、これです。

「昔は上手くいってたのに、問い合わせが全然来なくなった」
「昔は上手くいってたのに、集客がすごく減ってきた」
「昔は上手くいってたのに、検索順位が落ちてきた」

などなど。

一度も成功していないわけではありません。
以前はうまくいっている時期もあったようです。

20年くらい前なら、
「ホームページがあるだけで、問い合わせがきた」

10年くらい前なら、
「SEOを専門家に依頼するだけで、問い合わせがきた」

5年くらい前なら、
「リスティング広告を出すだけで、問い合わせがきた」

といった具合でしょうか。

ところが現在は「◯◯だけ」で成功することが
とても難しくなってきています。

複雑化するWebマーケティング、とでもいいましょうか。

前述の例では、ホームページ、SEO、リスティング広告を
あげましたが、実際には、ソーシャルもあり、
ネット以外でも紙媒体があり、テレビCMがあり、
実際の営業マンの対応などリアルな動きもあり、
と、全てつながっています。

加えて、お客様が手にする情報量が爆発的に増えたことで、
あちこちで目にする情報や、得られる体験に不一致があると、
行動が止まってしまうようです。


こんな経験ありませんでしょうか?
せっかく見つけた飲食店、
一応口コミをと読んでみたら、入りたくなくなった。

せっかく見つけた旅館、
検索結果にネガティブ情報があり、泊まりたくなくなった。

せっかく見つけた発注先、
一応検索してみたら、発注したくなくなった。


情報には、お客さまの行動を促進する効果もあれば、
行動を抑制する逆の効果もありますね。

Webマーケティングが複雑化したとはいえ、
お客様の行動を正しく分析していけば、一歩前進です。

うまくいっている方法を促進し、
うまくいってない方法を抑制すれば、
自ずと結果は向上するのですから。

» このコラムの個別ページを見る | 2017年11月22日

Google タグマネージャが進化していた件

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

知識のアップデートは重要ですね。

先日、用事があってGoogle タグマネージャの管理画面を覗いた
ところ、見知らぬ機能がいくつか追加されていることに気がつきま
した。

Google タグマネージャ
https://www.google.com/intl/ja/analytics/tag-manager/

私が把握していなかった機能(トリガー)は次の通り。

・要素の表示
ページ内の特定要素が表示されたかを計測可能。
例えば、ページ途中にある「無料体験案内」などの重要要素が
表示されたかどうかを計測することが出来ます。

・YouTube 動画
埋め込まれた動画が再生されたか、どこまで再生したか計測。
再生回数がYouTubeでも分かりますが、実態の数字が分かるのは
なかなか便利じゃないでしょうか。

ちなみに、他のトリガーは下記から参照可能です。
https://support.google.com/tagmanager/answer/6106961

Webを生業としている人間としては、
医者の不養生的な話で恥ずかしいのですが、恥を忍んで皆さんと
知識の共有です。

それにしても、Webマーケティングデータとして取得出来る情報は
増えましたね。

課題は、取得出来る情報量に対して、何を読み取るかという分析が
なかなか追いつかない点でしょうか。

と言っているうちに、分析もAIがやってくれる時代が来そうな感じ。
人間様の仕事はどこへ行くやら。

» このコラムの個別ページを見る | 2017年11月08日

人は永遠に「ググる」のか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

2018年1月、広辞苑が10年ぶりに改訂され、
第七版が発売になるというニュースがありました。
『広辞苑 第七版』 - 岩波書店
http://kojien.iwanami.co.jp/


IT・ネット関連では、次の言葉が新たに追加されるようです。

・アプリ
・クラウド
・スマホ
・ツイート
・フリック
・ブロガー
・メアド

このメルマガの読者さんにとっては、
よく聞く言葉でしょうし、言葉の意味も問題ないかと思われます。


さて、追加になる言葉がある一方で
「ググる」は登録を見送られた、とのことでした。

「ググる」「ググれ」など、よく見かけたり
よく聞いたりする言葉ではありますが、
いずれ廃れる言葉と想定されたのか、
新しい広辞苑には掲載されない様子。

何かあればすぐに「ググる」自分としては、
一瞬意外に思いましたが、よくよく考えると、
「ググる」という行為は少しずつ減っていくのかもしれませんね。


家の中で自分と息子の2人しかいないタイミングで、
息子と「Siri」の話し声が聞こえた時に、
「ググる」人は減っていくのだろうな、と思いました。

最近では「Siri」だけでなく「OK Google」もあるでしょうし、
「インスタ」で完結する人も増えているでしょう。


人が情報にアクセスする行為はまだまだ増加傾向ですが、
アクセス方法は「ググる」に留まらず、
様々なバリエーションが出てきそうですね。

そんな将来を見据えつつも、現段階の集客経路としては、
「ググる」人たちと出会える検索エンジンが主流ですので、
SEOやリスティング広告で出会いを増やしていきましょう。

» このコラムの個別ページを見る | 2017年10月25日

CMSはただのツールです

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

世にCMSはいろいろありますが、弊社ではMovable Type(MT)を
利用する機会が多いです。

そのMTですが、来年リリース予定のバージョン7では機能面のみ
ならず、CMSソフトウェアとしての根幹部分にも大きな変化がある
様子で、個人的には楽しみにしています。

Movable Type 7 Developer Preview (アルファ版)を公開しました
https://www.sixapart.jp/movabletype/news/2017/10/10-1100.html

CMSと言えば、「○○というCMSがSEOに良いですよね?」と
お客様から時々尋ねられることがあるのですが、CMSの種類と
SEOは基本的には関係がないことは、この場でハッキリと
言っておきます。

検索エンジンが評価しているのは、そのサイトがどのようなCMSを
使っているかではなく、そのサイトに掲載されている情報に
どのような価値があるかです。

考えてみれば当たり前のことだと思うのですが、
その当たり前のことが今日に至るまで意外と理解されないことが
多い気がしています。

CMSはただのツールです。ツールのネームバリューや噂話などに
振り回されないようにご注意ください。

» このコラムの個別ページを見る | 2017年10月11日

1|2345678910 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。