【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:イーナチュラルな人々

 

HOME » コラム(メルマガ) » イーナチュラルな人々

ホームページをできる営業マンにするコラム

イーナチュラルな人々

イーナチュラルのスタッフが毎日の仕事や暮らしの中で気づいた、ちょっとしたお話。ビジネスに役立つ情報もあるかも!?隔週で好評配信中!

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  34567|8|9101112 Next≫

安達太良山でしんどい思いをしました

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

こんにちは、田中です。
最近、塩レモンサワーにはまっています。実に健康的であります。

さて先日のことですが、福島県の安達太良山に登ってきました。
高村光太郎の智恵子抄に出てくるのは、その名前を聞いたことが
ある方は多いと思います。

本当なら秋の紅葉の時期が登山をするにはベストなんでしょうけど、
初夏のこの時期の新緑を楽しむのも悪くあるまいと思ったのと、
ちゃんとした登山は今シーズン初めてだったので、ハードな所は
避けたいという意識もあって、安達太良山を選んでみました。

結論から言うと、私的に大変ハードでありました。
何がハードだったかと言えば、暑さです。

なんやかんやで、いつも2,000m超えの山に登っていることもあって、
「山は涼しい」というイメージが強く、加えて安達太良山も
そこそこ標高のある山だと思い込んでおりましたところ、
実際には1,700m程度しかなく、まぁ涼しく感じるような標高では
ないんですよね。そして、当日は日差しが強かった。

また、そもそも僕は夏山登山の経験があまり無かったことにも、
登山途中で気がつきました。この暑さ、知らないやつだった。

さらに、前夜のアルコール摂取も不調の要因だった気がします。

登山の前日に酒なんて飲むなって話もあると思いますが、
私、遠足の前日に眠れなくなってしまうタイプの人間なんです。
非常に繊細なガラス細工のような男なんです。

ということで、前夜にそこそこたしなんでしまったのも
結果的に良くなかったと思っております。

寝付きが悪いのは、昔からの僕の悩み事なんですよねぇ。
どなたか、スッと眠れる方法を知らないですかね、
アルコール以外の方法で。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年06月22日

運動会、1週間で足が速くなる方法

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

先日、息子の運動会がありました。

徒競走で5年間下位に甘んじていた息子、
何とか1位になりたいということで、
親子で徒競走の練習をしてみました。

練習期間はわずか1週間、
学校に行く前の朝の20分程を活用してのチャレンジです。

他より速く走れば1位になるわけですが、
速く走るにはどうしたら良いか、素人なりに考えました。

細かくは色々とあるかと思いますが、
速く走る方法は、基本下記の2つのみ。

・より速く脚を動かすこと
・より広く一歩を出すこと

この2つを実践できるようになるため、
Youtubeの為末大学ランニング部にお世話になりながら、
練習を開始しました。

脚の回転速度を上げるために階段ダッシュをしたり、
歩幅を広げるためにバウンディングをしたり、
自分の力以上に速く体を動かすために坂道を下ったり、
などなど。

Youtubeや実演で見本を見せ、それを実践してもらい、
その模様を撮影した動画を見せて見本との違いを実感してもらい、
とやっているうちに、ふにゃふにゃした走法が
みるみる変化していきました。

これらの他、スタートの仕方、ゴールの仕方も含めて、
短期間の徒競走練習は終了。

あっという間に、運動会当日を迎えました。

校庭を4分の3周する100メートルの徒競走、
第4コースに、スタートの構えが本格的になった息子がいました。

ピストルの号砲に合わせ、重心を低く保ちながら加速していきます。
今までに無い良い感じ、いけるか・・・

先行する5・6コースとの差を詰めつつコーナリングしていきます。

最後の直線、ダイナミックなフォームで脚をよく動かし、
5・6コースの選手と一団になってゴールに迫ってきました。

ゴールテープを颯爽と切ったのは・・・

内側の第1コースからスッと現れた、元リレー選抜選手でした。

よく頑張りましたが、残念ながら息子は2位。
ドラマのような勝利は難しかったです。

とはいえ、いつも下位に甘んじていた子供でも、
ツボを押さえて練習をすれば、
わずか1週間という短期間で
足が速くなるもんだなあと再確認しました。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年06月08日

初恋をおぼえていますか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

田中です。数ヶ月前からヤ○ルトを飲み始めているのですが、
実感出来る効果としては、放屁のスメルがマイルドになりました。

さて、タイトルでちょっとドキドキした方、ごめんなさい。
ここでいう「初恋」は、歌手の村下孝蔵さんが作った「初恋」と
いう曲のことです。

村下孝蔵さんのことを知っているのは、昭和40年代以前の世代
ですかね。代表曲は言わずもがなの「初恋」で、多くの人に
カバーされているので、若い世代の人でも曲だけは耳にしたことが
あるという方も多いと思います。

何がきっかけかは忘れてしまったのですが、先日この「初恋」が
無性に聴きたくなって、某動画サイトで検索したところ、
ライブの模様の動画がヒットしたので視聴をしたのです。

びっくりしましたよ、歌とギターがうまくて。

おそらくアップされている動画は著作権的にNGなはずなので、
リンクすることは控えておきますが、多くのライブ動画が
アップされていて、どれも素晴らしいクオリティです。

正直なところ、村下さんの曲は「初恋」しか聴いたことが
なかったので、他にも良い曲をたくさん歌っていたことを
今回初めて知りました。もったいないことをしていた...

個人的には、スタジオ録音されたバージョンよりも、
ライブでの歌と演奏の方が圧倒的に良いと感じています。

村下孝蔵さんは、1999年に亡くなっているのですが、
本当に今更ながら惜しい人を亡くしたと感じずにはいられません。

ということで、ライブ版のCDを2枚ほど購入したのですが、
なんだか不思議な縁といいますが、今年の7月にライブDVDが
新たに発売になるんですよ。なんというグットタイミング。
多分買います。

最近は、昔の歌がなんだか恋しくなることが増えました。
懐メロ世代に片足を突っ込みつつあるようです。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年05月25日

近くて遠い羊山公園の芝桜

  このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県の秩父市にある羊山公園では、
毎年4月~ゴールデンウィークあたりに芝桜が満開になります。

その名も「芝桜の丘」といい、
↓こんな感じで丘一面が、ピンク・紫・白で彩られます。

羊山公園 芝桜の丘 - Google 画像検索
http://bit.ly/1OdM4ys



写真やテレビで見ていたこの景色を生で見たいと、
GW連休中にお弁当を用意して車で出かけてみました。

が、

早朝に家を出発してみると、関越道がガッツり渋滞・・・

高速を諦め一般道で進むと、一般道もノロノロ・・・

となったので、このまま進むと峠道で身動きがとれなく
なりそうな気配を感じ、途中で断念。
ここで、我が家の芝桜チャレンジは終了です。


とはいえ快晴の行楽日和だったので、

川や木々が爽やかな 名栗渓谷、
緑に囲まれた 狭山稲荷山公園、
小江戸の街並みが楽しい 川越。

と、急遽埼玉西部を楽しんできました。


羊山公園の芝桜は、いつも行きたい候補にあがりつつ、
行けずじまいだったので、今年こそはと思ったのですが、
なかなか近くて遠い芝桜でした。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年05月11日

酒飲みの独り言

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

「最近、どっか新しい店に飲みにいった?」

よっぽど外に飲みに行ってるイメージが強いのか、
友人からそんな風に聞かれることが、私は結構あります。

が、この数年に関しては、そんなに外には飲みに行ってないんです。
なので、冒頭のように聞かれてもさして面白みのある返事が出来ず、
なにか悪いことをした気分になることもしばしばです。

完全な私ごとですが、この数年で住環境や家族の生活パターンが
変わったこともあって、外で飲んで帰るというシチュエーションが
成立しにくくなり、自然と家飲みが増えました。

外で飲むのも楽しいのですが、家飲みは「飲んだあとに帰る」と
いうプロセスがないので楽なんですよね。飲酒 → ベッドに直行、
この快適さは悪魔的な魅力を持っていて、酒量が増す要因でも
あります。

一方、酒はともかくとして料理やつまみは当然ながら自分で
作らなければなりませんが、それも慣れてしまえば楽しいもの。
このハードルを越えたのは大きいです。

かくして、最近はもっぱら家飲みです。

さて、となると、たまの外飲みが貴重な機会になります。
なので、変な店に入って失敗することを恐れます。わざわざ外に
飲みにいって、変な思いをするのは嫌じゃないですか。

そんなこともあって、店選びがディフェンシブになり、
どうしても「いつもの店」を選びがちになりますし、
もしろいつもの店で大満足だったりします。

若い頃は、なんで年配の人は同じ店ばかり行くのだろうと
思っていましたが、最近はその気持ちが分かってきたというか、
絶賛実践中であります。

状況が変われば、またオフェンシブに活動をするかもしれませんが、
その際には温かく迎えていただきますよう、関係各位には
よろしくお願い申し上げます。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年04月27日

≪Back  34567|8|9101112 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。