【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:イーナチュラルな人々

 

HOME » コラム(メルマガ) » イーナチュラルな人々

ホームページをできる営業マンにするコラム

イーナチュラルな人々

イーナチュラルのスタッフが毎日の仕事や暮らしの中で気づいた、ちょっとしたお話。ビジネスに役立つ情報もあるかも!?隔週で好評配信中!

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
≪Back  1234|5|678910 Next≫

DIYで、苦手な薬や粉を飲む方法

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

運動後の疲労回復のため、クエン酸を摂取しています。

このクエン酸、酸味が凝縮されたかのような粉末のため、
名前通りにとても酸っぱいです。

安上がりと思って、1キロの袋詰めクエン酸を買ってみたところ、
途方にくれそうな量が入ってました。

はじめのうちは、水や炭酸水に溶かして飲んでいたのですが、
何度かやっているうちに、歯が溶けそうな感覚があり、
摂取の量を減らしたりして、積極的な摂取をためらっていました。

そんな折、何かをきっかけにクエン酸を
ダイレクトに流し込めないかなあと検索していたら、
どなたかのブログで、クエン酸をカプセル詰めして摂取する方法が
紹介されていました。

カプセルって、自作できるんですね!
カプセルって、売っているんですね!
カプセルって、ゼラチンでできているんですね!

色々と発見がありつつ、クエン酸というタダの酸っぱい粉を
夜な夜なカプセル詰めしているのでした。

購入したのは、こちら。
HFカプセル サイズ00号
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B002GN7RM8/

松屋 カプセルキャッチ
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0010W80Y0/


DIYというと、日曜大工的なイメージがありますが、
こんなところでもDIYできるんだと関心した次第です。



そういえば、大量の「クエン酸」があったので、
自宅にあった「重曹」を活用して、炭酸泉もできました。

「家のお風呂」+「クエン酸」+「重曹」=炭酸泉

という公式です。

驚くほど泡泡になったりしますが、
化学実験のようで危険が伴うかもしれませんので、
くれぐれも、使用上の注意をよく読み、
用法・用量を守って正しくお使い下さい!

» このコラムの個別ページを見る | 2017年02月08日

カーシェアリング、その後

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

少し前に、自家用車を処分してカーシェアリングを利用しはじめた
話を書きました。

クルマを廃車にすることにしました
http://www.enatural.co.jp/mailmag/ind-enatural_na_hitobito_20160824.php


あれから5ヶ月ほど経過しまして、だいぶ様子も分かってきました
ので、参考までに個人的な感想を記しておきたいと思います。

結論から言うと、全体的になんの不満もなく利用出来ています。

もちろんライフスタイルは人それぞれで、車の利用は主にレジャー
だった私の場合は、日常面で特に困ったことはありませんでした。
まぁ、当たり前と言えば当たり前です。

幸いにして、カーシェアステーションも近所に複数あるので、
使いたいときに使えなかったということもありません。前提として
会員にならなければ使えないので、運営側はエリアあたりの
会員数を把握出来ています。そのため、適切な配車計画が可能なの
だと思います。会員が増えたら、配車を増やすと。

予約もスマホから簡単に出来るので、車の前まで行って、
その場でサクッと予約して利用なんて使い方もしています。

また、私の住むエリアには結構いろんな車種が配車されているので、
気分によって乗り分ける楽しさもあります。カーシェアで初めて
ハイブリット車を運転したのですが、走り出し時のモーターの
トルク感は凄いですね。

さてデメリットですが、まず自分の車が無いというメンタル的な
部分はありますね(笑) 車が無くなって数日は、何とも言えない
寂しさがありました。が、私の場合は1週間で慣れました。

あと、シェアして使っているので当たり前ですが、
乗るたびにシートポジションを直さなければいけません。
地味に面倒くさいのと同時に、「これは私の車ではないんだ」と
気づかされる瞬間でもあります。

電動シートになっていて、事前に自分のシートポジションを
会員カードに記録させておくことが出来れば不満も解消するんで
しょうけど、そこまで贅沢は言えませんね。

また、私は遭遇したことがありませんが、マナーが悪い利用者が
いる地域では、車内にゴミを置きっぱなしなど迷惑行為が
あるようです。ただ、いつ誰が利用していたかを運用側は完全に
把握していますので、そのような利用者には強制退会などの
ペナルティが課せられることもあるようです。

マイカーを持っていた時と同等の精神的な安心感を、
カーシェアで得られるかと言えばそれはナンセンスな話だと
思います。

ただ、長い人生の中で「マイカーを所有しない期間」を過ごす
ツールとして、カーシェアは悪くない選択肢だと感じています。

» このコラムの個別ページを見る | 2017年01月25日

パンデミックな我が家

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

先日、何年かぶりに具合が悪くなり、
2日ほど寝込んでおりました。胃腸炎でした。

ここ数年は風邪も跳ね飛ばすほど元気だったのですが、
年を取り体のほころびが出て来る頃かもしれません。

ホームページのようにリニューアルとか、
自分の体も心機一転してみたいところです。

とはいえ、リニューアルは無理なので、
コツコツ鍛えて経年劣化を遅らせるメンテナンス
くらいはしておきたいと思います。

幸い、自分はすっかりよくなりました。が、

長男がインフルA型になり・・・

隔離・マスク・手袋などの防御で看病をしたものの、

妻が寝込んで38度オーバーになり・・・

次男も具合が悪いとか・・・

皆インフルなんでしょうか、どうなんでしょうか。

診察・診断の結果が気になります。

インフルエンザとかノロウイルスとか、
色々と流行りものがありますので、
皆様お気をつけくださいませ。

» このコラムの個別ページを見る | 2017年01月11日

2017年に欲しいもの

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

毎年、この時期になると来年欲しいものを書いていますが、
昨年の今頃は何が欲しかったか、過去のコラムをひっくり返した
ところを、去年の私は↓なものを欲しがっていたようです。

2016年に欲しいもの
http://www.enatural.co.jp/mailmag/ind-enatural_na_hitobito_20151125.php

で、この中で実際に買ったのはホットサンドメーカーですね。
あとの2つは、今となってはいつでもいいやという程度です。

ホットサンドメーカー、アマゾンでは今もなおプレミア価格と
なっていますが、瞬間的に定価で入荷したタイミングを逃さず、
首尾良く手に入れました。

では、2017年に欲しいものを挙げておきましょうか。
リンク先は全部アマゾンなので、私も欲しいと思った方は
どうぞそのままお買い上げください。


▼マイコン電気圧力鍋クックマイスター
https://www.amazon.co.jp/dp/B01GHA0SLC/

圧力鍋はあるといろいろ便利と思いつつも、取扱いに不安があって
購入に至っていないキッチン用品の筆頭なのですが、
電気式となれば話は別です。

これさえあれば豚の角煮が食べ放題。デブまっしぐら。


▼象印 まほうびんステンレスタンブラー
https://www.amazon.co.jp/dp/B01BW45PL6/

ビールを飲むペースが速いと、人からよく言われるのですが、
これはビールをぬるくなってしまうことを嫌うがゆえの結果で
あることに最近気がつきました。ならば保冷性のあるタンブラー
さえあれば解決です。

この手のタンブラーではサーモス社さんが有名ですが、
象印さんのそれは、口元が丸く加工されているので、口当たりが
良さそうなところがポイント。お値段、ちょっと高いけど。

ちなみに、ペースは遅くなっても量は変わらないと思われます。


▼ソニー デジタル一眼カメラ α6500
https://www.amazon.co.jp/dp/B01MG8FE20/

今使っているNEX6は、購入して4年が経過しましたが、
私の使い方では全然現役です。客観的に考えれば新しいボディなど
必要ないのですが、理屈では説明できない何かがそこにはあります。

待望のボディ内手ぶれ補正とタッチスクリーン液晶を搭載してきた
コイツは、控え目に言っても私の中で決定版な訳ですが、
なかなか挑戦的な価格設定なので現時点では手が出ませんが、
もうちょっとこなれてくれば...

問題は、最近あまり写真を撮っていないということでしょうか。


という感じです。
どうでしょう、タンブラーは購入する確率が高いように思いますが、
他の2つは目が欲しがっているだけと言えなくもありません。

それでは皆様良いお年を!

» このコラムの個別ページを見る | 2016年12月28日

どうにも気になるムシの話

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

お食事時の方がいらっしゃったら、すいません。
ムシの話をさせて下さい。




我が家の浴室に、コバエが出るようになりました。
あまり俊敏ではないので、コバエが出てもすぐに退治できます。
が、退治してもしても、次から次へと湧いて出てきます。

さすがムシ!

で、浴室にコバエが出るのは、僕のせいだとされていました。
山で泥んこになった靴を、浴室で何度も洗っていたからです。
「山でこんなムシは見たことない」と言ったのですが、
なかなか聞き入れてもらえません。

でも、不思議でした。
浴室という狭い空間の中で、退治を繰り返しても
ずっと浴室にコバエがいたからです。

・殺虫剤
・自分で浴室大掃除
・プロの浴室掃除

どの対策も、一時的にはいなくなるのですが、
気づくとまたコバエが出てきます。

意を決して、コバエの調査をしてみました。
(ま、検索しただけです)

すると、我が家の浴室にいるムシは、
どうやらチョウバエという種類らしいです。

驚いたのは、チョウバエの一生のサイクルでした。
卵→幼虫→サナギ→成虫となって一生を終えるのに、
たった20~30日だそうです。

で、1匹の成虫から、たった2日で卵が200〜300個!

どおりで、退治が追いつかないわけです。

↓ウルトラがいちゅう大百科というサイトに出てました。
http://www.kincho.co.jp/gaichu/chobae.html
(注意:チョウバエのイラストと写真あり)

凄まじい種の繁栄サイクルを目の当たりにして、
なかばあきらめムードだった頃、
ついにその発生源を見つけました。

それは、バスタブのフタです。

フタの構造上、空洞になっていて小さな穴があいており、
その穴から幼虫が動き出しているのをみて、
フタの空洞がチョウバエの巣窟だと発見したのです。

即座に粗大ごみとして、処理させていただきました。

それから数日、まだ新たなチョウバエは出てきてませんが、
ユニットバスの隙間もあったりで、まだ気は休まりません。

皆様もお気を付け下さいませ。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年12月14日

≪Back  1234|5|678910 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。