【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:イーナチュラルな人々

 

HOME » コラム(メルマガ) » イーナチュラルな人々

ホームページをできる営業マンにするコラム

イーナチュラルな人々

イーナチュラルのスタッフが毎日の仕事や暮らしの中で気づいた、ちょっとしたお話。ビジネスに役立つ情報もあるかも!?隔週で好評配信中!

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
1|2345678910 Next≫

パンデミックな我が家

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

先日、何年かぶりに具合が悪くなり、
2日ほど寝込んでおりました。胃腸炎でした。

ここ数年は風邪も跳ね飛ばすほど元気だったのですが、
年を取り体のほころびが出て来る頃かもしれません。

ホームページのようにリニューアルとか、
自分の体も心機一転してみたいところです。

とはいえ、リニューアルは無理なので、
コツコツ鍛えて経年劣化を遅らせるメンテナンス
くらいはしておきたいと思います。

幸い、自分はすっかりよくなりました。が、

長男がインフルA型になり・・・

隔離・マスク・手袋などの防御で看病をしたものの、

妻が寝込んで38度オーバーになり・・・

次男も具合が悪いとか・・・

皆インフルなんでしょうか、どうなんでしょうか。

診察・診断の結果が気になります。

インフルエンザとかノロウイルスとか、
色々と流行りものがありますので、
皆様お気をつけくださいませ。

» このコラムの個別ページを見る | 2017年01月11日

2017年に欲しいもの

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

毎年、この時期になると来年欲しいものを書いていますが、
昨年の今頃は何が欲しかったか、過去のコラムをひっくり返した
ところを、去年の私は↓なものを欲しがっていたようです。

2016年に欲しいもの
http://www.enatural.co.jp/mailmag/ind-enatural_na_hitobito_20151125.php

で、この中で実際に買ったのはホットサンドメーカーですね。
あとの2つは、今となってはいつでもいいやという程度です。

ホットサンドメーカー、アマゾンでは今もなおプレミア価格と
なっていますが、瞬間的に定価で入荷したタイミングを逃さず、
首尾良く手に入れました。

では、2017年に欲しいものを挙げておきましょうか。
リンク先は全部アマゾンなので、私も欲しいと思った方は
どうぞそのままお買い上げください。


▼マイコン電気圧力鍋クックマイスター
https://www.amazon.co.jp/dp/B01GHA0SLC/

圧力鍋はあるといろいろ便利と思いつつも、取扱いに不安があって
購入に至っていないキッチン用品の筆頭なのですが、
電気式となれば話は別です。

これさえあれば豚の角煮が食べ放題。デブまっしぐら。


▼象印 まほうびんステンレスタンブラー
https://www.amazon.co.jp/dp/B01BW45PL6/

ビールを飲むペースが速いと、人からよく言われるのですが、
これはビールをぬるくなってしまうことを嫌うがゆえの結果で
あることに最近気がつきました。ならば保冷性のあるタンブラー
さえあれば解決です。

この手のタンブラーではサーモス社さんが有名ですが、
象印さんのそれは、口元が丸く加工されているので、口当たりが
良さそうなところがポイント。お値段、ちょっと高いけど。

ちなみに、ペースは遅くなっても量は変わらないと思われます。


▼ソニー デジタル一眼カメラ α6500
https://www.amazon.co.jp/dp/B01MG8FE20/

今使っているNEX6は、購入して4年が経過しましたが、
私の使い方では全然現役です。客観的に考えれば新しいボディなど
必要ないのですが、理屈では説明できない何かがそこにはあります。

待望のボディ内手ぶれ補正とタッチスクリーン液晶を搭載してきた
コイツは、控え目に言っても私の中で決定版な訳ですが、
なかなか挑戦的な価格設定なので現時点では手が出ませんが、
もうちょっとこなれてくれば...

問題は、最近あまり写真を撮っていないということでしょうか。


という感じです。
どうでしょう、タンブラーは購入する確率が高いように思いますが、
他の2つは目が欲しがっているだけと言えなくもありません。

それでは皆様良いお年を!

» このコラムの個別ページを見る | 2016年12月28日

どうにも気になるムシの話

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

お食事時の方がいらっしゃったら、すいません。
ムシの話をさせて下さい。




我が家の浴室に、コバエが出るようになりました。
あまり俊敏ではないので、コバエが出てもすぐに退治できます。
が、退治してもしても、次から次へと湧いて出てきます。

さすがムシ!

で、浴室にコバエが出るのは、僕のせいだとされていました。
山で泥んこになった靴を、浴室で何度も洗っていたからです。
「山でこんなムシは見たことない」と言ったのですが、
なかなか聞き入れてもらえません。

でも、不思議でした。
浴室という狭い空間の中で、退治を繰り返しても
ずっと浴室にコバエがいたからです。

・殺虫剤
・自分で浴室大掃除
・プロの浴室掃除

どの対策も、一時的にはいなくなるのですが、
気づくとまたコバエが出てきます。

意を決して、コバエの調査をしてみました。
(ま、検索しただけです)

すると、我が家の浴室にいるムシは、
どうやらチョウバエという種類らしいです。

驚いたのは、チョウバエの一生のサイクルでした。
卵→幼虫→サナギ→成虫となって一生を終えるのに、
たった20~30日だそうです。

で、1匹の成虫から、たった2日で卵が200〜300個!

どおりで、退治が追いつかないわけです。

↓ウルトラがいちゅう大百科というサイトに出てました。
http://www.kincho.co.jp/gaichu/chobae.html
(注意:チョウバエのイラストと写真あり)

凄まじい種の繁栄サイクルを目の当たりにして、
なかばあきらめムードだった頃、
ついにその発生源を見つけました。

それは、バスタブのフタです。

フタの構造上、空洞になっていて小さな穴があいており、
その穴から幼虫が動き出しているのをみて、
フタの空洞がチョウバエの巣窟だと発見したのです。

即座に粗大ごみとして、処理させていただきました。

それから数日、まだ新たなチョウバエは出てきてませんが、
ユニットバスの隙間もあったりで、まだ気は休まりません。

皆様もお気を付け下さいませ。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年12月14日

親知らずを抜歯しました。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/田中 秀史

タイトルの通りでありますが、一週間ほど前に、親知らずを
抜歯いたしました。個人的には、10年ぶり2度目の抜歯です。
確か前回も、親知らずだったと記憶しています。

自己管理がなっていない話でお恥ずかしい限りですが、今回抜いた
親知らずはかなり前から虫歯になっていました。ただ、他の歯にも
虫歯があったので、そちらの治療を優先して、親知らずは後回しに
していました。治療といっても、抜歯するだけなので。

で、一通りの虫歯の治療が終わって、さぁ残りは親知らずを
残すのみとなった段階で、早い話が私は逃げ出したわけです。

「今週末は飲み会があるから」、「来週は仕事が忙しいから」と、
抜歯の予約日が近づくたびに何かの理由をこしらえて、
先送り人生を歩んできました。

そんな先送り人生にも年貢の納め時がやってきまして、
先日、焼き肉を食べていましたらお肉の筋的な堅い部分があり、
それを虫歯が進行していた親知らずで思いっきり噛んでしまい、
歯が割れました。

バキンと鈍い衝撃が顎に伝わって来て、これはやってしまったと
思ったときには後の祭り。舌で歯を触ると、情けなくグラグラと
しています。

こうなってはもはや退路はありません。かかりつけの歯医者さんに
連絡をして、冒頭の通り大人しく抜歯されてきました。

おかげさまで私は歯並びは良い方で、親知らずの生え方も
素直そのものだったので、今までの先送り人生はなんだったのかと
思うほどにあっさりを抜けてしまいました。

こんなことならとっとと抜歯しておけば良かったよと思う反面、
それが出来ないからにんげんなんだぁ、と相田みつを風に脳内で
つぶやいてみたり。

こんな未熟ものですが、引き続きよろしくお願いいたします。
(誰となしに)

» このコラムの個別ページを見る | 2016年11月23日

登山とインターネット

  このエントリーをはてなブックマークに追加

                                               文/齋藤 伸也

先日、真っ青な秋晴れの中、大菩薩峠のあたりに行ってきました。

快晴でしたが風が強い日で、日陰や山の稜線に立つと、
体感0度くらいになり、日向では暑く感じるような、
そんな秋の山でした。

山梨の山を南下しながら、徐々に大きくなってくる富士山は
なんとも見事でした。富士山がキレイに見える山々は、
秀麗富嶽十二景と名付けられているようですね。

絶景につぐ絶景で、何度も足を止めて写真を撮りながらの
山旅となりました。

今回の交通機関は、行きの電車・バス、山々を動きまわって、
帰りのバス・電車、とバリエーションに富んでいました。
なおかつ初めて行く地域だったので、
ネットで色々と下調べをしました。

地図、山地図、天気予報、路線検索、バス時刻表、日帰り温泉、
山小屋、個人ブログなどなど、そのどれもがインターネットです。

今では当たり前となったネットでの調べ物も、
以前は情報量が少なく、ネットがある以前は本くらいしかなく、
随分と便利になったなあと、今更ながらに思いました。

情報が限られている中で、あれこれ工夫するのも楽しいですが、
インターネットはとても便利な道具なので、
ありがたく使わせていただいています。

登山とインターネットは、相性が良いなあ。
趣味とインターネットでも、良いかも。

» このコラムの個別ページを見る | 2016年11月09日

1|2345678910 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。